研究者
J-GLOBAL ID:200901020282835974   更新日: 2020年05月21日

唐澤 真弓

カラサワ マユミ | Karasawa Mayumi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 教育心理学 ,  社会心理学
研究キーワード (2件): 文化心理学 ,  発達心理学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2014 - 2016 文化と自己認識-文化神経科学からのアプローチ
  • 2011 - 2013 文化的課題としての察し-対人知覚の文化的スクリプトの検証
  • 2008 - 2010 ミニマリストの幸福:交差文化的方法による検証
  • 2004 - 2006 社会化された注意-比較文化的および発達的視点からの検証-
  • 2001 - 2003 感情の社会・文化的構造-日常的感情経験の文化媒介プロセス-
全件表示
論文 (7件):
  • Kitayama S, Park J, Boylan JM, Miyamoto Y, Levine CS, Markus HR, Karasawa M, Coe CL, Kawakami N, Love GD, Ryff CD. Expression of anger and ill health in two cultures: an examination of inflammation and cardiovascular risk. Psychological science. 2015. 26. 2. 211-220
  • Ryff CD, Miyamoto Y, Boylan JM, Coe CL, Karasawa M, Kawakami N, Kan C, Love GD, Levine C, Markus HR, Park J, Kitayama S. Culture, inequality, and health: evidence from the MIDUS and MIDJA comparison. Culture and brain. 2015. 3. 1. 1-20
  • Park J, Kitayama S, Markus HR, Coe CL, Miyamoto Y, Karasawa M, Curhan KB, Love GD, Kawakami N, Boylan JM, Ryff CD. Social status and anger expression: the cultural moderation hypothesis. Emotion (Washington, D.C.). 2013. 13. 6. 1122-1131
  • Miyamoto Y, Boylan JM, Coe CL, Curhan KB, Levine CS, Markus HR, Park J, Kitayama S, Kawakami N, Karasawa M, Love GD, Ryff CD. Negative emotions predict elevated interleukin-6 in the United States but not in Japan. Brain, behavior, and immunity. 2013. 34. 79-85
  • Park J, Kitayama S, Karasawa M, Curhan K, Markus HR, Kawakami N, Miyamoto Y, Love GD, Coe CL, Ryff CD. Clarifying the links between social support and health: culture, stress, and neuroticism matter. Journal of health psychology. 2013. 18. 2. 226-235
もっと見る
MISC (19件):
  • 風間 みどり, 平林 秀美, 唐澤 真弓, Tardif Twila, Olson Sheryl. 日本の母親のあいまいな養育態度と4歳の子どもの他者理解 : 日米比較からの検討. 発達心理学研究. 2013. 24. 2. 126-138
  • 唐澤 真弓, 平林 秀美. 思いやりの文化的基盤 : 就学前教育にみる他者理解の比較文化的研究. 東京女子大学比較文化研究所紀要. 2013. 74. 65-92
  • 唐澤 真弓. 幸福なエイジング : 文化比較研究からみえてくること (特集 幸福感と文化). 心理学評論. 2012. 55. 1. 137-151
  • 唐澤 真弓, 菅 知絵美. 幸せと文化--ポジティブ心理学への文化的アプローチ (ポジティブ心理学の展開--「強み」とは何か、それをどう伸ばせるか) -- (ポジティブ心理学と文化). 現代のエスプリ. 2010. 512. 141-151
  • 林 治子, 唐澤. ワーク・ライフ・バランスに関する心理学的検討-肯定的/否定的スピルオーバーの概念を用いて-. 東京女子大学紀要論集. 2009. 60. 1. 169-191
もっと見る
書籍 (9件):
  • Preschool in Three Cultures Revisited: China, Japan, and the United States
    University of Chicago Press 2009 ISBN:0226805034
  • Preschool in three cultures revisited : China, Japan, and the United States
    The University of Chicago Press 2009 ISBN:9780226805030
  • 小学館の図鑑 NEO 人間-いのちの歴史-
    小学館 2006
  • 心と文化ー文化心理学的視点からの検討ー、
    海保博之・楠見孝他 監修、心理学総合事典、朝倉書店 2006
  • FDT親子関係診断検査
    日本文化科学社 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • Invited Symposium, Emotion Regulation and culture
    (the 20th meeting of the International Society for the Study of Behavioural Development (ISSBD) in Würzburg, Germany. 2008)
Works (1件):
  • Cuntinuity and Changes in Preschool
    2002 -
学位 (1件):
  • 博士(文学) (白百合女子大学)
委員歴 (1件):
  • 日本発達心理学会 研究交流委員
所属学会 (6件):
日本社会心理学会 ,  アメリカ発達心理学会(Society for the Research of Child Development) ,  国際行動発達学会(International Science for the Study of Behavioral Development) ,  日本教育心理学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る