研究者
J-GLOBAL ID:200901020293045886   更新日: 2021年03月02日

船曳 一正

フナビキ カズマサ | Funabiki Kazumasa
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 岐阜大学  地方創生エネルギーシステム研究センター   副センター長
  • 工学研究科  教授
研究分野 (3件): 有機機能材料 ,  有機合成化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (6件): 赤外光吸収色素 ,  フッ素化色素 ,  触媒的不斉アルドール反応 ,  色素増感型太陽電池 ,  有機色素 ,  有機レドックス対
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2020 - 2023 従来未利用な赤外光で発電する透明太陽電池の高性能化
  • 2019 - 2022 小分子な蛍光性化合物の開発と歯周病菌の蛍光プローブ創製
  • 2017 - 2020 従来未利用な赤外光で発電する高効率透明太陽電池
  • 2014 - 2017 従来未利用な赤外光で発電する透明太陽電池の開発
  • 2010 - 2013 白色シースルー色素増感型太陽電池の性能を飛躍させる高性能有機電解質の開発
全件表示
論文 (116件):
  • Kazumasa Funabiki, Kengo Yamada, Hisaki Matsueda, Yuta Arisawa, Tomohiro Agou, Yasuhiro Kubota, Toshiyasu Inuzuka, Hiroaki Wasada. Front Cover: Perfluorophenyl-Perfluorophenyl Stacking-Promoted Aggregation-Induced Emission Enhancement of Crystalline 5-Aryloxy-3 H -indole. European Journal of Organic Chemistry. 2021. 2021. 9. 1305-1305
  • Kazumasa Funabiki, Kengo Yamada, Hisaki Matsueda, Yuta Arisawa, Tomohiro Agou, Yasuhiro Kubota, Toshiyasu Inuzuka, Hiroaki Wasada. Perfluorophenyl-Perfluorophenyl Stacking-Promoted Aggregation-Induced Emission Enhancement of Crystalline 5-Aryloxy-3 H -Indole. European Journal of Organic Chemistry. 2021. 2021. 9. 1344-1350
  • Kazumasa Funabiki, Toshiya Gotoh, Ryunosuke Kani, Toshiyasu Inuzuka, Yasuhiro Kubota. Highly diastereo- and enantioselective organocatalytic synthesis of trifluoromethylated erythritols based on the in situ generation of unstable trifluoroacetaldehyde. Organic & Biomolecular Chemistry. 2021. 19. 6. 1296-1304
  • Miki Matsuda, Yasuhiro Kubota, Kazumasa Funabiki, Daisuke Uemura, Toshiyasu Inuzuka. Amdigenol D, a long carbon-chain polyol, isolated from the marine dinoflagellate Amphidinium sp. Tetrahedron Letters. 2020. 61. 41. 152376-152376
  • Yasuhiro KUBOTA, Yuki HAISHIMA, Kazumasa FUNABIKI, Masaki MATSUI. Relationship between Crystal Packing and Solid-State Fluorescence Quantum Yield in Pyrazine Monoboron Complexes. Journal of the Japan Society of Colour Material. 2020. 93. 9. 288-291
もっと見る
特許 (20件):
書籍 (4件):
  • 有機フッ素化合物の最新動向 = Recent Trends in Synthesis and Application of Fluoroorganic Materials
    シーエムシー出版 2018 ISBN:9784781313375
  • 機能性色素の新規合成・実用化動向 = New synthesis and practical use trend of functional dye
    シーエムシー出版 2016 ISBN:9784781311890
  • フッ素化合物の合成法
    三共出版 2015 ISBN:9784782707272
  • フルオラスケミストリー
    シーエムシー出版 2005 ISBN:4882315319
学歴 (2件):
  • 1990 - 1995 京都工芸繊維大学 工芸科学研究科
  • 1986 - 1990 京都工芸繊維大学 工芸学部
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都工芸繊維大学)
経歴 (5件):
  • 2017/04 - 現在 岐阜大学 工学部 化学・生命工学科 物質化学コース 教授
  • 2007/04 - 2017/03 岐阜大学 准教授
  • 2003/12 - 2007/03 岐阜大学 助教授
  • 1995/04/01 - 2003/11/30 岐阜大学 助手
  • 2000/03 - 2001/03 アレキサンダー・フォン・フンボルト財団 奨学博士研究員(アーヘン工科大学)
委員歴 (5件):
  • 2020 - 現在 一般社団法人 日本フッ素化学会 常務理事(庶務・会計担当)
  • 2015/04 - 2020/03 日本学術振興会 第155委員会(フッ素化学) 第6期運営委員
  • 2009 - 2019 日本フッ素化学会 理事(庶務・会計)
  • 2010/04 - 2015/03 日本学術振興会 第155委員会(フッ素化学) 第5期運営委員
  • 2005/04 - 2010/03 日本学術振興会 第155委員会(フッ素化学) 第4期運営委員
受賞 (3件):
  • 2005/02/24 - 有機合成化学協会 味の素研究企画賞
  • 2004/07/09 - 有機合成化学協会 東海支部奨励賞
  • 2000/04/01 - アレキサンダー・フォン・フンボルト財団 奨学研究員
所属学会 (6件):
日本フッ素化学会 ,  アメリカ化学界 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  近畿化学協会 ,  色材協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る