研究者
J-GLOBAL ID:200901020417280633   更新日: 2020年07月09日

山岡 哲二

ヤマオカ テツジ | Yamaoka Tetsuji
所属機関・部署:
職名: 部長
研究分野 (3件): 分子生物学 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (4件): 薬物ー誘導病因物質除去システム(DNCS) ,  高圧印可によるガン治療 ,  脱細胞化人工血管 ,  生体吸収性高分子材料
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 生分解性医工学材料の開発
  • 遺伝子治療用担体の開発
  • 薬物放出速度制御に関する研究
MISC (7件):
  • 2'-ピレン修飾オリゴヌクレオチドを用いたターゲット分子とのハイブリダイゼーション制御. 1999. 27. 11. 2387-2392
  • 直接重縮合法によるポリ乳酸/ポリエーテルマルチブロック共重合体の合成. 1999. 37. 1513-1521
  • フィブロネクチンCS5領域を含むエラスチン様細胞間マトリックス人工ペプチドのデザインと生合成. 1999. 32. 1701-1703
  • リンゴ酸単位を含む機能性高分子の合成と性質. 1999. 25. 1-3. 265-271
  • 遺伝子キャリヤー分子のカチオン基密度が遺伝子発現効率に及ぼす影響. 1998. 1171-1172
もっと見る
書籍 (6件):
  • 基礎高分子科学 第二版
    東京化学同人 2020
  • 脱細胞化組織の作製法と医療・バイオ応用
    シーエムシー出版 2019
  • バイオマテリアルサイエンス・基礎から臨床まで
    東京化学同人 2018
  • 先端バイオマテリアルハンドブック
    株式会社エヌ・ティー・エス 2012
  • 人工臓器は、いま 増補進呈版
    日本人工臓器学会編 2012
もっと見る
学位 (1件):
  • 工学博士 (京都大学)
委員歴 (1件):
  • 2020/05 - 2022/03 日本バイオマテリアル学会 会長
受賞 (6件):
  • 2019/05 - 高分子学会 第68回高分子学会年次大会 広報委員会パブリシティ賞
  • 2011/06 - 繊維学会賞 組織再生用繊維性スキャホールドの構造制御と界面修飾に関する研究
  • 2010/11 - 日本バイオマテリアル学会賞 水溶性ポリマーの分子特性解明によるバイオマテリアル科学の創生
  • 2003/12 - ナノテク共同研究テーマオーディションベンチャー賞 細胞特異的に高効率で外来遺伝子を導入できるナノ自己組織体遺伝子キャリヤーの開発
  • 2002 - 日本バイオマテリアル学会科学奨励賞
全件表示
所属学会 (10件):
遺伝子・デリバリー研究会 ,  日本分子生物学会 ,  アメリカコントロールドリリース学会 ,  アメリカバイオマテリアル学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本DDS学会 ,  日本バイオマテリアル学会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る