研究者
J-GLOBAL ID:200901020494386878   更新日: 2015年04月30日

江口 信清

エグチ ノブキヨ | Eguchi Nobukiyo
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 文化人類学、民俗学
研究キーワード (1件): 文化人類学、観光人類学、貧困と文化、カリブ海地域研究、マレーシア、観光、社会的弱社、農民社会
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 1991 - 1991 "カリバーナの意味-カナダ・トロントにおけるカリブ海地域出身者の祭り (Significance of Caribana: Caribbean Immigrants' Festival in Toronto, Canada)"
論文 (126件):
  • 江口信清. 観光の文化人類学的研究. 『観光研究レファレンスデータベース・日本編』(江口信清・藤巻正己編、ナカニシヤ出版). 2011. 62-70
  • 藤巻正己, 江口信清. はじめに. 立命館大学人文科学研究所ジャーナル. 2011. 3. 1
  • 江口信清. 社会的弱者と観光に関する研究. 『貧困の超克とツーリズム』江口信清・藤巻正己編. 2010
  • 江口信清. 少数民族の観光開発の持続的発展とその脆弱性. 『貧困の超克とツーリズム』江口信清・藤巻正己編. 2010
  • 江口信清. A Brief Review of Tourism in Japan after World War II. Journal of Ritsumeikan Social Sciences and Humanities. 2010. Vol.2, 141-153
もっと見る
書籍 (18件):
  • 観光研究レファレンスデータベース・日本編
    ナカニシヤ出版 2011 ISBN:9784779505515
  • 貧困の超克とツーリズム
    明石書店 2010 ISBN:9784750331690
  • グローバル化とアジアの観光
    ナカニシヤ出版 2009 ISBN:9784779503504
  • 社会的弱者の自立と観光のグローバライゼーションに関する地域間比較研究
    平成18年ー平成20年科学研究費補助金(基盤研究(A))研究成果報告書 2009
  • スラムの生活環境改善運動の可能性-カリブ海地域の貧困とグローバリズム
    明石書店 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (51件):
  • "Tourism : Key for Survival of the Portuguese in Malacca,"
    (Proceedings of the International Symposium the Socially Deprived and Self-reliance through Tourism, pp.133-144. Workshop on Culture of Poverty and Tourism, Ritsumeikan University, 2008)
  • 「観光化に係わる女性の地位の変化と外部支援-ガイアナのアラワク人の事例-」
    (日本文化人類学会第41回研究大会 2007)
  • エコツーリズムをめぐる主体間の意図の違い-ドミニカの観光の事例-
    (太平洋・カリブ海地域の観光開発と文化に関する国際シンポジウム 2007)
  • I don't want to be Faust - Ethnic Tourism in the Era of Globalization: A Case of the Caribs -
    (Globalization Studies Network Third International Conference 2006)
  • カリブ海地域の不法占拠地・スラム社会における自生的リーダーシップとジェンダー
    (日本文化人類学会第40回研究大会 2006)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1986 京都大学大学院 農学研究科 農林経済学
  • - 1974 京都大学 農学部 林産工学科
学位 (1件):
  • 博士(人類学) (ノースカロライナ大学チャペルヒル校)
経歴 (1件):
  • 立命館大学 文学部地域研究学域 教授
所属学会 (4件):
日本ラテンアメリカ学会 ,  アメリカ人類学会 ,  人文地理学会 ,  日本文化人類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る