研究者
J-GLOBAL ID:200901020582122686   更新日: 2020年03月18日

伊佐敷 隆弘

イサシキ タカヒロ | Isashiki Takahiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 哲学、倫理学
研究キーワード (3件): ウィトゲンシュタイン ,  形而上学 ,  時間論
論文 (29件):
  • 伊佐敷隆弘. 哲学者井上忠の生涯:アメリカ留学から『哲学の現場』まで. 日本大学経済学部『研究紀要』. 2020. 88. 39-73
  • 伊佐敷隆弘. 哲学者井上忠の生涯:若手研究者時代. 日本大学経済学部『研究紀要』. 2018. 86. 73-100
  • 伊佐敷隆弘. 哲学者井上忠の生涯:誕生から最初の論文の完成まで. 日本大学経済学部『研究紀要』. 2017. 83. 19-42
  • 伊佐敷隆弘. ロウの形而上学観. 日本大学経済学部『研究紀要』. 2016. 81. 45-58
  • 伊佐敷隆弘. 時間の線イメージについて. 日本大学哲学会編『精神科学』. 2016. 54. 1-20
もっと見る
書籍 (8件):
  • 死んだらどうなるのか?-死生観をめぐる6つの哲学
    亜紀書房 2019 ISBN:9784750516196
  • ベルクソン『物質と記憶』を再起動する--拡張ベルクソン主義の諸展望
    書肆心水 2018 ISBN:4906917860
  • 時間・自己・物語
    春秋社 2017 ISBN:439332370X
  • ベルクソン「物質と記憶」を解剖する
    書肆心水 2016 ISBN:9784906917600
  • 根拠・言語・存在
    有斐閣 2016 ISBN:9784641499096
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 何が記憶を一列に並べるのか?
    (PBJ2015国際シンポジウム「『物質と記憶』を解剖する」 2015)
  • 井上忠の哲学を「ギリシア哲学解釈」という枠からはずす
    (哲学会研究発表大会シンポジウム「根拠・言語・存在」 2015)
  • 線イメージに依拠しない哲学的時間論の試み
    (日本大学哲学会研究発表大会 2015)
  • 出来事カテゴリーと時間意識
    (科学基礎論学会ワークショップ「意識と時間」 2015)
  • なぜ無ではなく何かが存在するのか:20世紀イギリス哲学における形而上学の盛衰
    (日本イギリス哲学会 2014)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(文学) (東京大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る