研究者
J-GLOBAL ID:200901020820461303   更新日: 2019年11月08日

大本 久美子

オオモト クミコ | Ohmoto Kumiko
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 教科教育学、初等中等教育学 ,  家政学、生活科学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2020 リーガルリテラシーを育む消費者市民教育としての「道徳」カリキュラムの開発
  • 2017 - 2020 生活設計リテラシーの習得に向けた家庭科教材及びカリキュラムの開発
  • 2010 - 2013 消費者教育及び法教育に関する共同研究事業
論文 (66件):
  • 大本, 久美子, 鈴木, 真由子. 消費者市民を育むオーストラリアの学校教育ーコンシューマー・リーガルリテラシーの基盤となる道徳性に焦点を当ててー. 日本消費者教育学会. 2019. 第39冊. 87-97
  • 奥谷 めぐみ, 鈴木, 真由子, 大本 久美子. ソーシャルゲームを題材とした動画教材とそれを活用した授業の開発と評価. 日本消費者教育学会. 2019. 第39冊. 221-230
  • 大本久美子, 阪本直花. 中学校技術・家庭(家庭分野)における「職業・生活キャリア」を育むカリキュラム開発. 生活文化研究. 2019. 56. 1-11
  • 石川智子, 大本久美子. 学校教育における消費者製品安全教育. 生活文化研究. 2019. 56. 13-24
  • 大本久美子, 松岡依里子. 大学生の消費者市民としての食行動に関する一考察 ー食の持続可能性と食文化継承の視点からー. 大阪教育大学紀要 総合教育科学. 2019. 67. 77-86
もっと見る
MISC (9件):
  • 教員養成における教科教育の在り方に関する研究 ー初等家庭科教育法と教科内容論の授業内容の検討ー. 大阪教育大学大阪教育大学紀要. 2012. 第60巻. 第2号. 45-55
  • 食生活における消費行動に関する領域別達成度と課題. 日本消費者教育学会消費者教育. 2011. 第31冊. 1-10
  • 中学校・高等学校家庭科における消費者教育の現状と課題 ー近畿地区を対象とした抽出調査を通してー. 大阪教育大学家政学研究会生活文化研究. 2011. 50. 33-46
  • 消費者教育体系シートの領域別目標の達成と課題ー大学生の消費行動に関する意識調査を手がかりにー. 日本消費者教育学会消費者教育. 2010. 第30冊
  • 家庭科教員養成課程における「家政学原論」関連科目の開講の有無と授業内容の検討ー国公立大学(4年生)のシラバス調査よりー」. 日本家政学会 家政原論部会家政学原論研究. 2010. 44巻. 14-22
もっと見る
書籍 (10件):
  • やさしい家政学原論
    建帛社 2018
  • 楽しもう家政学 あなたの生活に寄り添う身近な学問
    開隆堂 2017
  • リーガルリテラシーを育む消費者市民教育
    城南印刷 2017
  • 消費者教育Q&A-消費者市民へのガイダンス-
    中部日本教育文化会 2016
  • 社会を変える消費者市民-次世代をはぐくみ、持続可能な社会をつくるー
    城南印刷 2014
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1988 大阪教育大学 大学院教育学研究科 家政教育専攻
  • - 1986 大阪教育大学 教育学部
学位 (1件):
  • 教育学修士 (大阪教育大学)
経歴 (1件):
  • 2009/04/01 - 国立大学法人大阪教育大学・准教授
委員歴 (1件):
  • 2014 - 日本消費者教育学会 理事
受賞 (2件):
  • 2016/10 - 日本消費者教育学会 日本消費者教育学会学会賞(研究奨励賞)
  • 2015/06 - 消費者教育支援センター 消費者教育教材資料表彰(奨励賞)
所属学会 (5件):
日本家政学会 ,  日本消費者教育学会 ,  日本家庭科教育学会 ,  国際家政学会 ,  法と教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る