研究者
J-GLOBAL ID:200901021171717901   更新日: 2020年05月27日

高山 緑

タカヤマ ミドリ | Midori Takayama
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 社会心理学
研究キーワード (1件): ウェルビーイング、社会関係、ソーシャルキャピタル
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2008 - 現在 学術フロンティア超表象デジタル研究・学習環境ユニット・バリアフリーキャンパス構築プロジェクト
  • 2014 - 2019 超高齢期の幸福感と寿命における社会関係・社会参加の影響に関する研究
  • 2015 - 2018 百寿者バイオ・リソースを活かした認知症予防法および地域での実践スキームの開発
  • 2016 - 2017 高齢者の生活の知恵の評価:3D Wisdom Scaleの妥当性の検討
  • 2016 - 2017 高齢期の健康と幸福感の予測要因の検討:ソーシャル・キャピタルの視点から
全件表示
論文 (43件):
  • 髙山 緑. 中原区高齢者パネル調査ーThe Keio-Kawasaki Aging Studyーについて. 中央調査報. 2016. 703. 1-7
  • 髙山 緑. 超高齢者の語りにみる生(life)の意味. 老年社会科学. 2011. 32. 4. 422-433
  • 髙山 緑. 心理的well-beingが高い虚弱超高齢者における老年的超越の特徴-新しく開発した日本版老年的超越質問紙を用いて-. 老年社会科学. 2010. 32. 1. 33-47
  • 髙山 緑. 高齢者の認知機能-これからの社会システムを考えるために. 科学. 2010. 80. 1. 78-83
  • 髙山 緑. 知恵-認知過程と感情過程の統合. 心理学評論. 2009. 52. 348-358
もっと見る
書籍 (16件):
  • 老いのこころ:加齢と成熟の発達心理学
    有斐閣 2014
  • パーソナリティ心理学ハンドブック
    福村出版 2013
  • 発達科学入門(3)青年期~後期高齢期
    東京大学出版会 2012
  • ストレス科学事典
    実務教育出版 2011
  • 「ゆとり」と生命をめぐって-生命の教養学VI
    慶應義塾大学出版会 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (105件):
  • 超高齢者の研究から-高齢期の知的能力と環境-
    (2017年度 日本教育心理学会主催公開シンポジウム:加齢に伴い向上・維持する能力を発掘する 2017)
  • 95歳以上超高齢者におけるフレイルと老年的超越の関連 〜 Arakawa 95+ Study 〜
    (第6回日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会 2017)
  • 後期高齢者の生活に対する将来展望と認知機能との関連-K2 studyデータを用いて-
    (日本心理学会第81回大会 2017)
  • Self-efficacy, Gerotranscendence and Positive Personality Traits Help in Preventing Frailty and Maintaining a High Level of Well-being among the Oldest-old in Japan: The Arakawa 95+ Study
    (13th European Union Geriatric Medicine Society (EUGMS) Congress 2017)
  • A cohort study of the oldest-old in Japan: the Arakawa 95+ study
    (13th European Union Geriatric Medicine Society (EUGMS) Congress 2017)
もっと見る
Works (8件):
  • 地域社会と健康寿命:川崎市の調査結果より
    高山 緑 2017 - 現在
  • 超高齢社会を生きる-ヘルスとウェルビーイング
    高山 緑 2016 - 現在
  • 学術フロンティア推進事業「超表象デジタル研究」学習環境ユニット 公開セミナー軽度発達障害の世界を知る 第4回「京都大学における高機能自閉症者の支援システムと支援の実際」
    髙山 緑 2007 - 現在
  • Hiyoshi Research Portfolio 2006バリアフリー公開シンポジューム「軽度発達障害の理解と支援-大学での支援の実際と高校や企業との橋渡し-」
    髙山 緑 2006 - 現在
  • 学術フロンティア推進事業「超表象デジタル研究」学習環境ユニット 公開セミナー軽度発達障害の世界を知る 第3回「軽度発達障害のある学生への支援」
    髙山 緑 2006 - 現在
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 東京大学 教育学研究科
  • 1994 - 慶應義塾 社会学研究科
  • 1991 - 慶應義塾 文学部
学位 (2件):
  • 修士(社会学) (慶應義塾)
  • 博士(教育学) (東京大学)
経歴 (16件):
  • 2008/04 - 現在 東京都老人総合研究所(現 東京都健康医療長寿センター)協力研究員
  • 2008/04 - 現在 准教授
  • 2007/04 - 現在 慶應義塾大学学生相談室カウンセラー
  • 2006/04 - 現在 慶應義塾大学教養研究センター所員
  • 2010/04 - 2012/03 Visiting Scholar,Institute for Social Reseach, University of Michigan
全件表示
委員歴 (18件):
  • 2014/10/26 - 現在 日本応用老年学会 理事
  • 2014/10/26 - 現在 日本応用老年学会 理事
  • 2003/01 - 現在 American Psychological Association 会員
  • 2003/01 - 現在 The Gerontological Society of America 会員
  • 2003/01 - 現在 American Psychological Association Member
全件表示
所属学会 (11件):
日本心理学会 ,  日本老年社会科学会 ,  日本心理臨床学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本パーソナリティ心理学会 ,  American Psychological Association ,  The Gerontological Society of America ,  日本応用老年学会 ,  日本ポジティブサイコロジー医学会 ,  日本老年精神医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る