研究者
J-GLOBAL ID:200901021246223578   更新日: 2022年05月28日

渡辺 愛子

WATANABE Aiko
所属機関・部署:
職名: 学術研究員
研究分野 (1件): 動物生理化学、生理学、行動学
研究キーワード (5件): 聴覚フィードバック ,  歌の学習・維持 ,  鳴禽 ,  神経行動学 ,  行動生物学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 鳴禽の成鳥における習得後の歌の維持と可塑性の神経機構
論文 (14件):
MISC (2件):
  • 渡辺愛子, 坂口博信. 小鳥のさえずりの維持と可塑性ー成鳥における聴覚フィードバックの役割. 比較生理生化学. 2006. 23. 1. 20-31
  • Aiko Watanabe, Hironobu Sakaguchi, Neal A. Hessler. Effects of deafening on song pattern of adult male zebra finches: A direct comparison with Bengalese finches. ZOOLOGICAL SCIENCE. 2005. 22. 12. 1513-1513
講演・口頭発表等 (41件):
  • 模倣音獲得はセキセイインコのさえずりに内在するリズムに影響しない
    (第39回日本動物行動学会大会 2020)
  • ジュウシマツ成鳥の異なる行動文脈におけるさえずりの調整と聴覚フィードバック
    (日本動物学会 第91回大会 2020)
  • セキセイインコのコンタクト・コール学習と高次聴覚領域
    (日本動物学会 第90回大会 2019)
  • セキセイインコの高次聴覚領域におけるコール刺激後のZenk およびc-Fos 発現の違い
    (日本動物学会 第89回大会 2018)
  • セキセイインコのつがい内コミュニケーションにおける共有コールの機能
    (日本動物学会第70回関東支部大会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2002 日本女子大学大学院 物質・生物機能科学専攻
  • - 1997 上智大学大学院 生物科学専攻
  • - 1991 日本女子大学 理学科二部
学位 (2件):
  • 博士(理学) (日本女子大学)
  • 修士(理工学) (上智大学)
経歴 (2件):
  • 2007 - 現在 日本女子大学 理学部 学術研究員
  • 2002 - 2007 理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
委員歴 (2件):
  • 2013 - 2019 さいたま市環境影響評価技術審議会委員
  • 2010 - 2014 埼玉県環境影響評価技術審議会委員
所属学会 (5件):
日本鳥学会 ,  北米神経科学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本動物行動学会 ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る