研究者
J-GLOBAL ID:200901021246223578   更新日: 2020年09月23日

渡辺 愛子

ワタナベ アイコ | WATANABE Aiko
所属機関・部署:
職名: 学術研究員
研究分野 (1件): 動物生理化学、生理学、行動学
研究キーワード (5件): 聴覚フィードバック ,  歌の学習・維持 ,  鳴禽 ,  神経行動学 ,  行動生物学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 鳴禽の成鳥における習得後の歌の維持と可塑性の神経機構
論文 (13件):
  • Hiroko Eda-Fujiwara, Ryohei Satoh, Yuka Hata, Marika Yamasaki, Aiko Watanabe, Matthijs A. Zandbergen, Yasuharu Okamoto, Takenori Miyamoto, Johan J. Bolhuis. Sex differences in behavioural and neural responsiveness to mate calls in a parrot. Scientific Reports. 2016. 6. 18481
  • Hiroko Eda-Fujiwara, Takuya Imagawa, Masanori Matsushita, Yasushi Matsuda, Hiro-Aki Takeuchi, Ryohei Satoh, Aiko Watanabe, Matthijs A. Zandbergen, Kazuchika Manabe, Takashi Kawashima, et al. Localized brain activation related to the strength of auditory learning in a parrot. PLoS ONE. 2012. 7. 6. e38803
  • Hiroko Eda-Fujiwara, Aya Kanesada, Yasuharu Okamoto, Ryohei Satoh, Aiko Watanabe, Takenori Miyamoto. Long-term maintenance and eventual extinction of preference for a mate’s call in the female budgerigar. Animal Behaviour. 2011. 82. 5. 971-979
  • 渡辺愛子, 大熊加奈子, 谷村雅子. 子守唄の生物学. 生物科学. 2011. 62. 247-256
  • 藤原宏子, 渡辺愛子, 坂口博信. 鳥の脳 -ヒト言語野相当領域における性差. 生物科学. 2011. 62. 222-230
もっと見る
講演・口頭発表等 (38件):
  • セキセイインコの高次聴覚領域におけるコール刺激後のZenk およびc-Fos 発現の違い
    (日本動物学会 第89回大会 2018)
  • セキセイインコのつがい内コミュニケーションにおける共有コールの機能
    (日本動物学会第70回関東支部大会 2018)
  • 模倣音獲得後のセキセイインコのさえずりに内在するリズムの解析
    (第40回日本神経科学大会 2017)
  • Song alteration and maintenance modulated by behavioral context in adult male Bengalese finches.
    (第26回国際鳥学会議 2014)
  • Changes in preferential response for a mate's call in the budgerigar, a monogamous parrot (Melopsittacus undulatus)
    (第26回国際鳥学会議 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2002 日本女子大学大学院 物質・生物機能科学専攻
  • - 1997 上智大学大学院 生物科学専攻
  • - 1991 日本女子大学 理学科二部
学位 (2件):
  • 博士(理学) (日本女子大学)
  • 修士(理工学) (上智大学)
経歴 (2件):
  • 2002 - 2007 理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
  • 2007 - 日本女子大学 理学部 学術研究員
委員歴 (4件):
  • 2013- Saitana City Committee for Environmental Assessment
  • 2013- さいたま市環境影響評価技術審議会委員
  • 2010-2014 Saitama Prefectural Committee for Environmental Assessment
  • 2010-2014 埼玉県環境影響評価技術審議会委員
所属学会 (5件):
日本鳥学会 ,  北米神経科学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本動物行動学会 ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る