研究者
J-GLOBAL ID:200901021326062591   更新日: 2021年01月07日

江村 聡

エムラ サトシ | Emura Satoshi
所属機関・部署:
職名: 主幹研究員
ホームページURL (2件): https://samurai.nims.go.jp/profiles/emura_satoshi?locale=jahttps://samurai.nims.go.jp/profiles/emura_satoshi?locale=en
研究分野 (1件): 構造材料、機能材料
研究キーワード (7件): titanium ,  快削鋼 ,  機械的性質 ,  加工熱処理 ,  チタン合金 ,  金属間化合物 ,  チタン
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 βチタン合金における人工的偏析構造の創製と特性向上
  • 2018 - 2023 新規金属・高分子系ミルフィーユ構造の構造制御と物質創製
  • 2014 - 2017 元素偏析を利用したβ型チタン合金のヘテロ構造制御と高靭性化
  • 2011 - 2014 元素偏析を利用したβ型チタン合金のハイブリッド組織形成と高延性化
論文 (94件):
もっと見る
MISC (8件):
  • 江村 聡. β型チタン合金の熱処理による組織制御・特性向上の試み. 熱処理. 2020. 60. 1. 4-9
  • 江村 聡, グティエレス ウルティア イバン, ジ シン, 土谷 浩一. β型チタン合金における双晶変形挙動の解析. 金属. 2019. 89. 1. 14-20
  • K. Tsuchiya, S. Farjami, B. Jiang, X. Min, S. Emura, S. Ii. Effect of High-pressure Torsion Deformation on Isothermal omega Phase in beta-Ti Alloys. TI-2011: PROCEEDINGS OF THE 12TH WORLD CONFERENCE ON TITANIUM, VOL I. 2012. 584-587
  • Mitsuo Niinomi, Takao Hanawa, Masahiko Ikeda, Akihiko Chiba, Tadashi Furuhara, Takayuki Narushima, Koichi Tsuchiya, Satoshi Emura, Takayoshi Nakano, Toshihide Takenaka. Special issue on low-cost reduction processes, roles of low-cost elements and interstitial elements, and microstructural control for generalization of titanium alloys: Preface. Materials Transactions. 2009. 50. 2703
  • Mitsuo Niinomi, Takao Hanawa, Masahiko Ikeda, Akihiko Chiba, Tadashi Furuhara, Takayuki Narushima, Koichi Tsuchiya, Satoshi Emura, Takayoshi Nakano, Toshihide Takenaka. Strategy for ubiquitous titanium alloys. Nippon Kinzoku Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Metals. 2008. 72. 915
もっと見る
講演・口頭発表等 (170件):
  • ミルフィーユ的積層構造を有するチタン合金のインデンターによる評価
    (軽金属学会第138回春期大会 2020)
  • Heterogeneous microstructure in beta Type Ti-Mo alloy through thermomechanical treatment
    (The 10th Pacific Rim International Conference on Advance Materials and Processing (PRICM10) 2019)
  • Effects of Mo segregation on Charpy absorbed energy in Ti-12Mo alloys
    (第14回チタン世界会議 2019)
  • ミルフィーユ的複層構造のチタン合金への適用
    (日本金属学会2019年春期講演大会 2019)
  • Ti-6Al-4V合金鍛造材の疲労特性におよぼす製造条件の影響
    (日本鉄鋼協会第176回秋季講演大会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1991 東京大学 金属材料学専攻
  • - 1989 東京大学 金属材料学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
委員歴 (2件):
  • 2018/07 - 現在 日本熱処理技術協会 編集委員会委員長
  • 2017/06 - 現在 日本熱処理技術協会 理事
受賞 (2件):
  • 2020/06 - 一般社団法人日本熱処理技術協会 技術賞(粉生賞) チタン系材料の熱処理による組織制御と特性向上
  • 2018/03 - 一般社団法人日本鉄鋼協会 白石記念賞 チタン系材料のヘテロ構造制御
所属学会 (6件):
日本機械学会 ,  日本熱処理技術協会 ,  米国TMS ,  日本鉄鋼協会 ,  日本金属学会 ,  低温工学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る