研究者
J-GLOBAL ID:200901021326386133   更新日: 2016年04月05日

塩沢 一平

シオザワ イッペイ | SHIOZAWA Ippei
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 教育工学 ,  日本文学 ,  経営学 ,  教育社会学
研究キーワード (17件): アクティブ・ラーニング ,  FD ,  万葉集 ,  日本文学 ,  比較文学 ,  歌 ,  J・POP ,  JPOP ,  歌謡曲 ,  アジアンポップ ,  メディア ,  大学マーケティング ,  エンロールメント・マネジメント ,  エンロールメントマネジメント ,  第三者評価 ,  アクレディテーション ,  学生支援
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 日本とアジアの歌に関する比較文学・文化的研究
  • 歌における創造と剽窃に関する研究
  • 大学マーケティング戦略論
  • エンロールメント・マネジメント
  • 学生支援
全件表示
論文 (32件):
もっと見る
MISC (2件):
  • 塩沢 一平. 歌詞に見る深層心理. 別冊カドカワ 総力特集山崎まさよし. 2010
  • 歌詞から読み解く斉藤和義像. 別冊カドカワ 総力特集斉藤和義. 2008
書籍 (8件):
  • 「田辺福麻呂の宮廷歌の基盤」『万葉史を問う』
    新典社 1999
  • 「石見相聞歌」『柿本人麻呂〈〈全〉〉』
    笠間書院 2000
  • 万葉の歌人と作品 第八巻
    和泉書院 2002
  • セミナー万葉集の歌人と作品 第十二巻
    和泉書院 2003
  • 万葉歌人田辺福麻呂論
    笠間書院 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • 生活を豊かにする歌の力-藤山一郎・松尾和子からスマップ・マツケンサンバまで-
    (県民コミュニティーカレッジ・コラボレーション講座 2005)
  • 「新たしき年のはじめ」-天平十四年正月十六日続日本紀歌謡と万葉集
    (美夫君志会全国大会 2008)
  • 日本古代文学と六合
    (東アジア比較文化国際会議韓国大会 2008)
  • 田辺福麻呂の行路死人歌論
    (上代文学会・古事記学会合同全国大会 2009)
  • 田辺福麻呂の「葦屋処女の墓を過ぎし時に作れる歌」論
    (萬葉学会全国大会 2009)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 東京大学 人文社会系研究科博士課程 日本文化研究専攻
学位 (2件):
  • 博士(文学) (東京大学)
  • 修士(大学アドミニストレーション)
委員歴 (3件):
  • 2003/04 - 東アジア比較文化国際会議 理事
  • 2009/04 - 上代文学会 常任理事
  • 1998/04 - 美夫君志会 理事
所属学会 (6件):
初年次教育学会 ,  東アジア比較文化国際会議 ,  上代文学会 ,  万葉学会 ,  美夫君志会 ,  大学教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る