研究者
J-GLOBAL ID:200901021410044140   更新日: 2002年07月03日

新田 増

ニッタ マス | Nitta Masu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 言語学 ,  文学一般 ,  中国文学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • スペイン東北部の方言研究
  • スペイン東北部の地名研究
  • スペイン・ナバラ地方ラ・ビスカヤ地域の口話の方言研究
MISC (20件):
  • ¿Caída de P- inicial en lat. PŬTEUM por fonética vasca? / (バスク語音声によるラテン語 PŬTEUM 語頭音P- の脱落). フェルナンド・サンチェス・ミレート編, «ロマンス語言語・文献学第二十三回国際学会議事録, サラマンカ2001年9月24-30日», 第三巻.テュービンゲン:マックス・ニーマイヤー出版社. 2003. 第三巻,345ー356頁
  • 「ラ・ビスカヤ(ナバラ)地域の地名におけるバスク語スー音のロマンス語への導入と調整」. 第五回国際スペイン語史学会. 2000
  • 「ナバラの地名におけるラテン語とバスク語--ラテン語語頭音P-の変化に焦点を当てて--」. スペイン語史学会スペイン・ラ・リオハ大学『第四回国際スペイン語史学会』全2巻. 1998. 1. 765-773
  • 接触言語バスク語とラテン・ロマンス語の混種語地名Uju(]E85EE[)とUsumbelz. ナバラ新聞. 1998. 37
  • 等身大のスペイン. 京都外国語大学『Gaidai Bibliotheca』. 1998. 139. 10-11
もっと見る
書籍 (3件):
  • 『スペイン語の世界』
    世界思想社 1999
  • スペイン語と地球時代
    京都大学新聞社『京都大学を知る本:京大サクセスブック1995』 1994
  • スペイン国名と言語名の起源
    京都大学を知る本:京大サクセスブック 1994 1993
Works (11件):
  • ラ・ビスカヤ(ナバラ地方)
    2003 - 2004
  • ラ・ビスカヤ(ナバラ地方)の方言研究
    2003 -
  • ラ・ビスカヤ(ナバラ地方)の方言研究のため在外研修
    2002 - 2003
  • スペイン・ナバラ地方の方言研究
    2001 -
  • スペイン北部の方言の資料集収のために現地ナバラ(スペイン)を中心にフィールドワーク
    1998 -
もっと見る
学位 (1件):
  • 文学修士
所属学会 (4件):
Asociacion Internacional de Linguistica y Filologia Romanica ,  スペイン語史学会(Asociaci(]J0687[)n de Historia de la Lengua Espa(]E86F3[)ola ,  日本ロマンス語学会 ,  日本イスパニア学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る