研究者
J-GLOBAL ID:200901021463683625   更新日: 2019年05月08日

町原 文明

MACHIHARA Fumiaki
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2012 - 現在 サープラス過程とその危険理論への応用
  • 2012 - 現在 ソフトハンドオフ携帯電話ネットワークシステムの解析
  • 2012 - 現在 完全単調な到着はパラドックスを起こす
  • 2012 - 現在 非斉次なブラウン運動とその応用
  • 2013 - 現在 Departure processes from $GI/GI/¥infty$ systems having completely monotonic arrivals
論文 (47件):
  • Fumiaki Machihara and Taro Tokuda. Does the more variable inter-arrival time increase the congestion in the infinitely many servers system and the loss system. Far East Journal of Applied Mathematics. 2018. 99. 4. 333-361
  • Fumiaki Machihara and Taro Tokuda. Departure Processes from $GI/GI/¥infty$ and $GI/GI/c/c$ with Smoothed Arrivals. Far East Journal of Applied Mathematics. 2018. 98. 4. 215-243
  • Taro Tokuda. Departure Processes from $GI/GI/¥infty$ and $GI/GI/c/c$ with Bursty Arrivals. IEICE TRANS. COMMUN. 2017. E100-B. 7. 1115-1123
  • On the $GI/GI/¥infty$ and the $GI/GI/c/c$ having completely monotone arrivals. Far East Journal of Applied Mathematics. 2016. 94. 6. 409-436
  • 位相型完全単調到着がパラドックスを生じさせる. 2015. 51. 2. 99-132
もっと見る
MISC (11件):
  • バースト到着と平滑到着. 日本オペレーションズリサーチ学会 2015年秋季研究発表会 アブストラクト集. 2015. 164-165
  • 沼田裕太朗、藤本衡. 完全単調(バースト)到着間隔をもつ即時システムの呼損率特性. 確率モデルシンポジウム報文集. 2015. 44-53
  • 沼田裕太朗、藤本衡. 非対称型超指数分布とその性質. 日本オペレーションズリサーチ学会 2014年秋季研究発表会 アブストラクト集. 2014. 112-113
  • 高木、大野、宮沢、紀. 待ち行列分野のオープンプロブレム. オペレーションズ リサーチ. 2008
  • 移動体ネットワークのトラヒック問題. 信学技報 (Technical Report of IEICE, IN2002-24 ). 2007. SANE2006. 129
もっと見る
書籍 (2件):
  • 通信トラヒック理論の基礎とマルチメディア通信網
    電子情報通信学会 1995
  • 通信流理論基礎与多媒体通信網,
    2000
学歴 (2件):
  • 1968 - 1972 早稲田大学 理工学部 数学科
  • 1972 - 1974 早稲田大学 理工学研究科 数学
経歴 (5件):
  • 1974 - 1983 日本電信電話公社 電気通信研究所 研究員
  • 1983 - 1984 米国 Rochester 大学 研究員
  • 1984 - 1985 日本電信電話公社 電気通信研究所 研究員
  • 1985 - 1996 NTT研究所 研究員
  • 東京電機大学 理工学部理工学科 情報システムデザイン学系 教授
委員歴 (3件):
  • 1996/04 - 1998/03 日本オペレーションズ・リサーチ学会 待ち行列研究部主査
  • 2000 - 2003 日本オペレーションズ・リサーチ学会 論文誌編集委員
  • 2003 - 日本オペレーションズ・リサーチ学会 フェロー
受賞 (1件):
  • 1980/04 - 電子情報通信学会学術奨励賞
所属学会 (3件):
日本オペレーションズ・リサーチ学会 ,  電子情報通信学会 ,  IEEE (米国電気電子学会)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る