研究者
J-GLOBAL ID:200901021562126185   更新日: 2023年04月17日

横井 敏郎

ヨコイ トシロウ | Yokoi Toshiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~s16826/index.html
研究分野 (2件): 教育学 ,  教育学
研究キーワード (16件): 公教育制度 ,  高校中退 ,  不登校 ,  教育の多様化 ,  教育政策過程 ,  社会的排除/包摂 ,  教育委員会 ,  教育条件整備 ,  教育格差 ,  教育機会保障 ,  早期離学 ,  教育政策 ,  教育行政 ,  教育制度 ,  若者支援政策 ,  中等教育制度
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2019 - 2022 地方の若者にとっての職業教育訓練
  • 2018 - 2022 拡散・拡張する公教育と教育機会保障に関する国際比較研究
  • 2016 - 2020 若者支援における「場」の教育的価値~ユースワークの日欧比較
  • 2015 - 2018 学校教育の”周縁”の現代的可能性に関する複合的研究
  • 2014 - 2018 グローバル化時代における包摂的な教育制度・行政システムの構築に関する国際比較研究
全件表示
論文 (47件):
  • 横井敏郎. 教育機会確保法の可能性と課題-夜間中学に焦点を当てて-. 教育制度学研究. 2020. 27. 153-158
  • 伊藤健治・横井敏郎. 韓国における代案学校政策の展開と公費負担の構造-代案学校の制度化と非認可代案学校への助成システム-. 横井敏郎編『グローバル化時代における包摂的な教育制度・行政システムの構築に関する国際比較研究』(2014~2017 年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)(一般)研究成果報告書(課題番号26285169)). 2019. 169-177
  • 横井敏郎. コペンハーゲン市青年学校-デンマークのセカンドチャンススクール-. 横井敏郎編『グローバル化時代における包摂的な教育制度・行政システムの構築に関する国際比較研究』(2014~2017 年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)(一般)研究成果報告書(課題番号26285169)). 2019. 139-156
  • 横井 敏郎. 変動期日本の教育行財政改革 : 日本的システムの揺らぎ. 公教育システム研究. 2018. 17. 141-157
  • 横井 敏郎. 教育機会確保法制定論議の構図 : 学校を越える困難 (特集 「学校」を越える). 教育学研究 = The Japanese journal of educational research. 2018. 85. 2. 186-195
もっと見る
MISC (55件):
  • 横井敏郎, 遠藤知恵子. 北海道の夜間中学と基礎教育保障のこれからを考える-シンポジウムの質疑とまとめ-. 基礎教育保障学研究. 2022. 6. 226-233
  • 横井敏郎, 前原健二. 課題研究「With;Afterコロナ時代の教育と教育政策;統治」のまとめ. 日本教育政策学会年報. 2022. 29
  • 横井敏郎. 高校内居場所カフェとは何か-3つの側面からの把握-. 早稲田キャリア教育研究. 2022. 13. 58-60
  • 横井敏郎. 図書紹介/大桃敏行・背戸博史編『日本型公教育の再検討:自由、保障、責任から考える』(岩波書店、2020年). 教育学研究. 2021. 87. 5
  • 横井敏郎. 高校内居場所カフェという実践. 教育. 2020. 893. 88-93
もっと見る
書籍 (23件):
  • 子ども・若者の居場所と貧困支援:学習支援・学校内カフェ・ユースワーク等での取組
    学事出版 2023 ISBN:9784761929091
  • ユースワークとしての若者支援-場をつくる・場を描く
    大月書店 2023 ISBN:9784272412655
  • 教育行政学: 子ども・若者の未来を拓く(第4版)
    八千代出版 2022 ISBN:9784842918396
  • 教育機会保障の国際比較 : 早期離学防止政策とセカンドチャンス教育
    勁草書房 2022 ISBN:9784326251629
  • 公教育制度の変容と教育行政:多様化、市場化から教育機会保障の再構築に向けて
    福村出版 2021
もっと見る
講演・口頭発表等 (38件):
  • 3つの活動の交差としての高校内居場所カフェ
    (日本臨床教育学会第12回大会・課題研究II「子ども・若者の育ちや自立を支える地域からの共同:高校生の居場所を学校と地域でつくる試み<居場所カフェ>から、子ども・若者の育ちを支える共同を考える」 2022)
  • 高校内居場所カフェとは何か-3つの側面からの把握-
    (日本キャリア教育学会関東地区部会シンポジウム・早稲田大学キャリア教育研究会共催シンポジウム「生きづらさを抱える児童生徒へのキャリア支援-すべての児童生徒が社会で活躍するために-」 2021)
  • 高校教育のこれからを考える-児美川孝一郎さんの新書をもとに-
    (北海道教育科学研究会 2020)
  • 教育機会確保法の可能性と課題-夜間中学に焦点を当てて-
    (日本教育制度学会第27回大会・公開シンポジウム 2019)
  • 若者支援実践の専門性を支える社会的環境--欧州3カ国におけるYouth Worker/Social Pedagogueをめぐる分析
    (日本教育学会第78 回大会・自由研究発表 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1989 - 1992 立命館大学 文学研究科博士課程 史学専攻日本史専修 単位取得満期退学
  • 1987 - 1989 立命館大学 文学研究科修士課程 史学専攻日本史専修 修了
  • 1982 - 1986 京都大学 文学部 史学科国史専攻
学位 (1件):
  • 文学修士 (立命館大学)
経歴 (6件):
  • 2012/09 - 現在 北海道大学 大学院教育学研究院 教授
  • 2016/08 - 2017/02 オーフス大学 大学院教育学研究科 客員教授
  • 2007/04 - 2012/08 北海道大学 大学院教育学研究院 准教授
  • 2002/10 - 2007/03 北海道大学 大学院教育学研究科 助教授
  • 2000/04 - 2002/09 北海道大学 大学院教育学研究科 助手
全件表示
委員歴 (35件):
  • 2021/11 - 現在 日本教育制度学会 編集委員会委員
  • 2019/08 - 現在 日本教育学会 地区理事(北海道地区)
  • 2018/04 - 現在 北海道 道史編さん専門会議専門委員
  • 2017/11 - 現在 北海道 夜間中学等に関する協議会構成員
  • 2017/07 - 現在 日本教育政策学会 理事
全件表示
所属学会 (8件):
基礎教育保障学会 ,  日本臨床教育学会 ,  北海道臨床教育学会 ,  日本教育学会 ,  日本教育行政学会 ,  北海道教育学会 ,  日本教育政策学会 ,  日本教育制度学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る