研究者
J-GLOBAL ID:200901021737658231   更新日: 2010年06月10日

飯牟禮 悦子

イイムレ エツコ | Iimure Etsuko
所属機関・部署:
職名: 助手
研究分野 (1件): 教育心理学
研究キーワード (4件): 諦観 ,  英知 ,  喪失経験による心理的影響 ,  慢性疾患
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2009 - 2010 生涯発達における「諦観」の機能-喪失経験に注目して
  • 子どもの「おとな」を見る視点に関する研究
  • 慢性疾患をもつことによるポジティブな心理的発達
MISC (6件):
  • 子どもの「おとな」を捉える視点に関する探索的研究. 生涯発達心理学研究. 2009. 1. 69-83
  • 諦観と晩年性-生涯発達心理学の新しい概念として. 白百合女子大学研究紀要. 2008. 44. 101-127
  • 慢性疾患をもつことによるポジティブな心理的発達-1型糖尿病という経験がもたらすWisdomの検討-. 白百合女子大学博士学位論文. 2007
  • ネガティブな経験による共感発達-生涯発達における『経験』の影響を探る-. 文部科学省科学研究費補助金・基盤研究報告書(B)(2)・課題番号12410039(研究代表者:齋藤耕二). 2002. 64-84
  • ネガティブな経験が共感に与える影響. 文部科学省科学研究費補助金・基盤研究報告書(B)(2)・課題番号12410039(研究代表者:齋藤耕二). 2002. 85-114
もっと見る
書籍 (1件):
  • あなたは当事者ではない-<当事者>をめぐる質的心理学研究
    北大路書房 2007
Works (16件):
  • 口頭発表/慢性疾患をもつ人における“諦観”の役割
    2009 -
  • 口頭発表/子どもの「おとな」をみる視点に関する探索的研究
    2009 -
  • 口頭発表/慢性疾患をもつことによる視点の発達
    2008 -
  • 口頭発表/諦観と晩年性-生涯発達心理学の新しい概念として
    2008 -
  • 口頭発表/慢性疾患をもつ人における病いの捉え方-円画による検討-
    2007 -
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2004 白百合女子大学 発達心理学専攻
学位 (1件):
  • 博士 (白百合女子大学)
所属学会 (5件):
日本質的心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本感情心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本発達心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る