研究者
J-GLOBAL ID:200901021772671259   更新日: 2020年08月30日

永嶺 謙忠

ナガミネ カネタダ | Nagamine Kanetada
所属機関・部署:
職名: 名誉教授,ダイヤモンドフェロー
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (1件): 半導体、光物性、原子物理
研究キーワード (15件): ミュオン核吸収元素変換 ,  ラジオグラフィー ,  ビーム冷却 ,  凝縮系微視的磁性 ,  核融合エネルギー ,  ミュオン ,  Radiography ,  Beam Cooling ,  Micro-Magnetism ,  Condensed-Matter ,  Fusion Energy ,  Muon ,  Beam Cooling of Short-Lived Particles and Its Applications ,  Condensed Matter Studies with μSR Method ,  Muon Catalyzed Nuclear Fusion
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 1993 - 2010 高エネルギーミュオンによる火山体等巨大物質のラジオグラフィー
  • 1993 - 2010 Radiography of Volcano and Other Large-Scale Substances with High-Energy Muon
  • 1974 - 2010 ミュエスアール法による強相関電子系及び生体高分子の研究
  • 1974 - 2010 Studies of Strongy Corcelated Eletron System and Biological Macro-Molecule with μSR Method
  • 1986 - 2005 ミュオン触媒核融合の基礎とエネルギー源利用研究
全件表示
MISC (128件):
特許 (4件):
  • 荷電粒子医療におけるミュオンモニタリングシステム
  • 複合構造物の非破壊検査装置及び非破壊検査方法
  • 放射性テクネチウム99m含有物質生成方法及び生成装置
  • 水平宇宙線ミュオン多重分割型検出手段による大型建造物の内部構造情報を得る方法
書籍 (15件):
  • Muon Catlyzed Fusion in Landolt-Boernstein Group 8 Volume 3, Energy Technologies
    Springer 2005 ISBN:3540428917
  • Landolt-Börnstein New Series, Energy Technologie, “Muon Catalyzed Fusion”(Chapter 11)
    Springer-Verlag 2005
  • Introductory Muon Science
    Cambridge University Press 2003
  • Introductory Muon Science
    Cambridge University Press 2003
  • Muon Catalyzed Fusion and Related Exotic Atoms(jointly worked)
    Proceedings of RIKEN International Conference, Hyperfine Interactions 2001
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • Muon Physics Possibilities at ESS in comparison to other activities in the field
    (Neutrino, Neutron, Nuclear, Medical and Muon Physics at ESS (Lund) 2009)
  • Muons for Materials, Life and Industrial Sciences
    (Asian Science Seminar on Frontier Science at High-Intensity Proton Accelerator (Beijin) 2008)
  • Revolutionary Radiography with Elementary Particle
    (2008 KEK Open Lecture “New Direction of Accelerator Science 2008)
  • Radiography with Elementary Particle
    (The 58th Toray Science Lecture, (Tokyo) 2008)
  • Muon Application to Nano- and Bio-Sciences
    (International Workshop on Neutrino Factories (Okayama, Japan) 2007)
もっと見る
Works (15件):
  • Muon radiography application to homeland security
    2005 - 現在
  • ミュオン科学に関する日英国際協力研究
    1990 - 現在
  • UK-Japan International Collaboration on Muon Science
    1990 - 現在
  • 暮らしの中の素粒子物理
    2000 - 2002
  • Particle Physics for Human Life
    2000 - 2002
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 1968 東京大学
  • - 1966 東京大学 物理学専門課程
  • - 1966 東京大学
  • - 1964 東京大学 応用物理
  • - 1964 東京大学
全件表示
学位 (3件):
  • 理学博士 (東京大学)
  • 理学修士 (東京大学)
  • 工学士 (東京大学)
経歴 (24件):
  • 2005 - 現在 理化学研究所 客員研究員・名誉研究員
  • 2005 - 現在 高エネルギー加速器研究機構 客員教授・名誉教授
  • 2004 - 現在 カルフォルニア大学リバーサイド校 物理研究員
  • 2005 - - KEK, Professor Emeritus
  • 1997 - 2004 綜合研究大学院大学 教授(兼務)
全件表示
委員歴 (9件):
  • 1992 - 現在 Associate Editorial Board of Hyperfine Interactions
  • 2009 - - Honorary President, Meson/Muon Science Society of Japan
  • 2002 - 2007 Advisory Committee, Journal of Physics: Condensed Matter
  • 2002 - 2005 Vice-President of International Society for MuSR Spectroscopy (ISMS)
  • 2002 - 2004 International Society for MuSR Spectroscopy Vice-President
全件表示
受賞 (7件):
  • 2005 - International Society of MuSR Spectroscopy Lifetime Achievement Award“Pioneering MuSR Experiments and Facility Development”
  • 2003/03 - 東レ科学振興会 東レ科学技術賞 ミュオン科学の開拓研究
  • 2003 - Toray Science and Technology Prize “Pioneering Research of Muon Science”
  • 1990/02 - 井上科学振興財団 井上学術賞 パルス状ミュオンビームによる科学研究の創始
  • 1990 - Inoue Science Award “Pioneering Research of Muon Science with Pulsed Muon Beam”
全件表示
所属学会 (3件):
日本物理学会 ,  Physical Society of Japan ,  International Society for MuSR Spectroscopy
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る