研究者
J-GLOBAL ID:200901021882076658   更新日: 2020年09月01日

遠藤 求

エンドウ モトム | Motomu Endo
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 日本学術会議/若手アカデミー
  • 日本学術会議  連携会員
ホームページURL (1件): http://bsw3.naist.jp/courses/courses115.html
研究分野 (3件): 植物分子、生理科学 ,  分子生物学 ,  植物分子、生理科学
研究キーワード (7件): 細胞運命決定 ,  シロイヌナズナ ,  概日時計 ,  Flowering ,  組織特異性 ,  生物時計 ,  花成
競争的資金等の研究課題 (27件):
  • 2018 - 2021 植物から明らかにする分化全能性の基盤原理
  • 2018 - 2021 概日時計による細胞運命決定制御の普遍性
  • 2018 - 2020 維管束を利用した時間情報共有 メカニズムの解明
  • 2015 - 2020 植物の自律分散型情報ネットワークを支える維管束シグナル伝達の解析
  • 2018 - 2019 植物の細胞運命決定における概日時計の機能と、種を超えた普遍性
全件表示
論文 (19件):
  • Endo M, Yoshida M, Sasaki Y, Negishi K, Horikawa K, Daimon Y, Kurotani KI, Notaguchi M, Abe M, Araki T. Reevaluation of florigen transport kinetics with separation of function mutations that uncouple flowering initiation and long-distance transport. Plant & cell physiology. 2018. 59. 8. 1621-1629
  • Katsuya Negishi, Motomu Endo, Mitsutomo Abe, Takashi Araki. SODIUM POTASSIUM ROOT DEFECTIVE1 regulates FLOWERING LOCUS T expression via the microRNA156-SQUAMOSA PROMOTER BINDING PROTEIN-LIKE3 module in response to potassium conditions. Plant and Cell Physiology. 2018. 59. 2. 404-413
  • Uemoto K, Araki T, Endo M. Isolation of Arabidopsis Palisade and Spongy Mesophyll Cells. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.). 2018. 1830. 141-148
  • Keisuke Inoue, Takashi Araki, Motomu Endo. Circadian clock during plant development. Journal of Plant Research. 2018. 131. 1. 59-66
  • Inoue K, Araki T, Endo M. Oscillator networks with tissue-specific circadian clocks in plants. Seminars in cell & developmental biology. 2017
もっと見る
MISC (10件):
  • 遠藤 求. 異分野を知ることのすすめ. 時間生物学. 2018. 24. 1. 66-67
  • 遠藤 求. 植物がもつ「体内時計」と環境センシング. グリーンエージ. 2018. 533. 4-7
  • 遠藤 求. 植物における概日時計の組織特異的な役割. 時間生物学. 2017. 23. 1. 17-20
  • 鳥井 孝太郎, 遠藤 求. 植物における組織特異的な転写制御機構と1細胞トランスクリプトームデータの時系列解析. 植物科学最前線. 2017. 8B. 71-79
  • 遠藤 求. 植物の温度受容の仕組みを探る. 京都大学 環境報告書. 2016. 26
もっと見る
書籍 (1件):
  • 京大発! フロンティア生命科学
    講談社サイエンティフィク 2018
講演・口頭発表等 (102件):
  • シロイヌナズナにおいて、組織間で時間情報を共有する仕組みの解明
    (日本植物学会 第82回大会 2018)
  • Circadian clocks in Arabidopsis regulates cell-fate determination
    (Sapporo Symposium on Biological Rhythm in 2018 2018)
  • 概日時計は細胞周期を介して細胞運命決定を制御する
    (日本植物生理学会 第59回大会 2018)
  • 植物の概日時計による細胞周期の制御
    (日本植物生理学会 第59回大会 2018)
  • Investigating factors and mechanisms of long-distance clock information sharing
    (日本植物生理学会 第59回大会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2004 - 2007 京都大学 博士課程
  • 2002 - 2004 京都大学 博士前期課程
  • 1998 - 2002 京都大学
  • 1995 - 1998 京都教育大学附属高等学校
経歴 (8件):
  • 2018/04 - 現在 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス領域 教授
  • 2015/01 - 2018/03 京都大学 大学院生命科学研究科 准教授
  • 2014/12 - 2018/03 科学技術振興機構 統合1細胞解析のための革新的技術基盤 さきがけ研究者(兼任)
  • 2009/04 - 2014/12 京都大学 大学院・生命科学研究科 助教
  • 2011/12 - 2014/11 科学技術振興機構 細胞機能の構成的な理解と制御 さきがけ研究者(兼任)
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2018/05 - 現在 日本分子生物学会 年会組織委員・プログラム委員
  • 2018/04 - 現在 大阪大学蛋白質研究所 運営協議会委員
  • 2017/10 - 現在 日本学術会議 若手アカデミー
  • 2017/10 - 現在 日本学術会議 連携会員(第24-25期)
  • 2016/04 - 2019/03 日本時間生物学会 評議員
全件表示
受賞 (10件):
  • 2017/03 - 第58回 日本植物生理学会 奨励賞 植物の概日時計システムのネットワーク構造
  • 2017/02 - 愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 第11回 わかしゃち奨励賞, 優秀賞 温暖化などの気候変動に強い植物を非遺伝子組換えで作る
  • 2016/11 - 第23回 日本時間生物学会 奨励賞 植物における概日時計の組織特異的な役割
  • 2016/07 - ドイツ・イノベーション・アワード ゴットフリード・ワグネル賞(Life Sciences & Healthcare部門) Tissue-specific environmental responses in plants
  • 2016/04 - 文部科学省 若手科学者賞, 科学技術分野の文部科学大臣表彰 環境刺激に対する植物の組織特異的な応答機構の研究
全件表示
所属学会 (3件):
日本植物学会 ,  日本時間生物学会 ,  日本植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る