研究者
J-GLOBAL ID:200901021915331110   更新日: 2021年04月14日

梅田 塁

ウメダ ルイ | Umeda Rui
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~umeda/
研究分野 (2件): 生物有機化学 ,  有機機能材料
研究キーワード (4件): 有機機能性材料 ,  多環式芳香族化合物 ,  共役π電子系 ,  共役π電子系;多環式芳香族化合物;有機機能性材料
論文 (46件):
MISC (1件):
  • R Umeda, M Sonoda, T Wakabayashi, Y Tobe. Approaches to size-selective formation of fullerenes by cyclization of highly reactive polyyne chains. CHEMISTRY LETTERS. 2005. 34. 12. 1574-1579
書籍 (5件):
  • 古くて新しい芳香族化合物~有機エレクトロニクス材料への応用~
    理工学と技術(関西大学理工学会誌)
  • Ir触媒による光学活性アリルアミン合成
    月刊化学(化学同人)
  • ミュンスター大学、Studer研究室での留学生活 [海外研究室レポート]
    Organo Metallicニュース (近畿化学協会有機金属部会誌)
  • ポリインの合成
    シーエムシー出版・(新材料・新素材シリーズ)電子共役系有機材料の創製・機能開発・応用
  • Cyclic Alkynes
    Science of Synthesis
講演・口頭発表等 (31件):
  • Kinetic Stabilization of Unstable Molecules by Highly Hindered π-System
    (18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18) 2019)
  • ナフタレン構築反応を利用する分子設計の指針
    (ヘテロ原子部会 平成30年度第3回懇話会 2019)
  • Synthesis of Tetraarylethylene Derivatives by Benzannulation Reaction and Their Photophysical Properties
    (The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-14) 2018)
  • Synthesis and Photophysical Properties of Dicyanobisbenzodioxin
    (The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-14) 2018)
  • Benzannulation反応を利用した短段階拡張パイ電子系の創出
    (構造有機化学若手研究者研究会 2017 2017)
もっと見る
学歴 (6件):
  • 2006 - 2006 大阪大学 物質創成専攻
  • 2006 - 大阪大学 物質創成専攻
  • 2003 - 2003 大阪大学 化学系専攻
  • 2003 - 大阪大学 化学系専攻
  • - 2001 大阪大学 化学応用科学科
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(工学)
所属学会 (3件):
近畿化学協会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る