研究者
J-GLOBAL ID:200901022085495757   更新日: 2020年05月11日

米森 秀登

ヨネモリ ヒデト | Yonemori Hideto
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 電力工学
研究キーワード (1件): 電力変換工学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2005 - 共振DCリンクによるソフトスイッチング・マルチレベル電力変換装置の特性と性能評価
論文 (15件):
  • 近藤 太志, 西谷 拓人, 米森 秀登, 竹野 裕正. 非接触給電に向けた給電-受電コイルに適用する共振回路系の検討. パワーエレクトロニクス学会誌. 2019. 44. 104-110
  • 矢嶋 秀行, 米森 秀登, 竹野 裕正. 電力潮流制御コンバータによる太陽光発電導入系統の電圧上昇抑制機能の検討. パワーエレクトロニクス学会誌. 2017. 42
  • 松尾 浩之, 米森 秀登, 八坂 保能. 2重直列共振回路を用いた位相差制御高周波ZCSインバータの回路方式と位相差周波数特性. パワーエレクトロニクス学会論文誌. 2015. 40. 182-187
  • 松尾 浩之, 西津 昌悦, 米森 秀登, 八坂 保能. 回転電磁界型アンテナへの適応を考慮した2出力位相可変高周波インバータの回路方式と制御特性. パワーエレクトロニクス学会誌. 2013. 38. 153-163
  • 松尾 浩之, 奥村 健太, 米森 秀登, 八坂 保能. 位相差制御高周波ソフトスイッチングインバータのZCS回路方式と効率・制御特性. パワーエレクトロニクス学会誌. 2013. 38. 70-76
もっと見る
書籍 (6件):
  • エネルギー問題に対応する最新の高周波電力変換技術
    電気学会 2020
  • エネルギー利用の高度化に対応する最新の高周波電力変換回路技術
    電気学会 2020
  • 地球環境問題に対応する最新のパワー半導体スイッチング回路
    電気学会 2012
  • 電気エネルギー工学
    森北出版 2008
  • ソフトスイッチング技術とその実用化動向
    電気学会 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (53件):
  • 共振タンク直列接続構成の送受電コイルを用い た非接触給電システム
    (電気学会全国大会 2020)
  • 非接触給電システムに適用する共振タンクを有する送受電コイルの構成と電力伝送特性の検討
    (パワーエレクトロニクス学会第230回定例研究会 2019)
  • 非接触給電における磁界共鳴型アンテナの回路パラメータと送電効率への影響
    (パワーエレクトロニクス学会第226回定例研究会 2018)
  • PWM電力変換システムのパッシブ素子で構成されたソフトスイッチング回路の動作特性
    (パワーエレクトロニクス学会第226回定例研究会 2018)
  • 非接触給電に向けた給電-受電コイルに適用する共振回路系の検討
    (パワーエレクトロニクス学会第224回定例研究会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (神戸大学)
委員歴 (10件):
  • 2019/10 - 現在 電気学会 最新の高周波スイッチング電力変換回路と応用電源技術調査専門委員会 幹事
  • 2019/09 - 現在 電気学会 関西支部役員会協議員
  • 1990/04 - 現在 パワーエレクトロニクス学会 評議員
  • 2015/05 - 2017/04 電気学会 エネルギー利用の高度化に対応する最新の高周波電力変換技術調査専門委員会 委員
  • 2015/09 - 2016/09 電気学会 平成28年電子・情報・システム部門大会実行委員会委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015/12 - パワーエレクトロニクス学会 優秀論文 位相差制御高周波ソフトスイッチングインバータのZCS回路方式と効率・制御特性
所属学会 (3件):
システム制御情報学会 ,  パワーエレクトロニクス学会 ,  電気学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る