研究者
J-GLOBAL ID:200901022407158417   更新日: 2013年04月23日

渡邊 健一

ワタナベ ケンイチ | Watanabe Ken'ichi
研究分野 (2件): 経済史 ,  理論経済学
研究キーワード (2件): 経済理論 ,  世界経済
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1972 - 1997 ポスト・ケインジアン・アプローチによる循環的成長論
  • 1995 - 世界経済システムとその動態
  • 世界経済システムの進化・発展
論文 (19件):
  • マンデル・フレミング問題. 成蹊大学経済学部論集. 2009. 40. 1
  • 国際収支と外国為替レートの決定. 成蹊大学経済学部論集. 2009. 39. 2
  • 米国ドル本位制の持続性について. 世界経済評論. 2009. 53. 7
  • Long Waves in the U.S.Economy: The Dating of Long Waves in Terms of the Rate of Capital Accumulation. Review. 2008. 31. 4. 467-492
  • 教科書版 総需要・総供給分析(研究ノート). 成蹊大学 経済学部論集. 2008. 38. 2. 285-292
もっと見る
MISC (16件):
  • 渡邊 健一. ヒュームの正貨流出入機構と国際金本位制. 成蹊大学 経済学部論集. 2012. 43. 1. 145-152
  • 渡邊 健一. バブル期における金融政策. 成蹊大学 経済学部論集. 2011. 42. 1. 207-215
  • 米国における対外直接投資による所得格差の拡大. 成蹊大学 経済学部論集. 2010. 41. 1
  • 1995年前後からの世界の直接投資ストックの成長トレンドの変化-世界貿易機関の制度化・地域貿易協定数増加との関係-. 成蹊大学経済学部論集. 2009. 40. 2
  • S字状成長曲線と資本蓄積との関係(研究ノート). 成蹊大学経済学部論集. 2005. 36. 1
もっと見る
書籍 (5件):
  • 日本経済とその長期波動-21世紀の新体制へ-
    多賀出版 2003
  • 第4章 国際収支の不均衡をどう解消するか 第5章 貿易構造を決めるものはなにか
    エレメンタル 国際経済 1994
  • 内第2章国際合弁と投資国・受入れ国の経済政策第8章東西合弁
    中央経済社,「国際合弁戦略」 1991
  • 短期金融政策モデルーケインジアンアプローチー
    「経済発展と金融」 創文社 1982
  • III産業金融モデルとシミュレーション実験(共著)
    日本経済新聞社「多部門モデルの開発と応用」 1980
講演・口頭発表等 (3件):
  • 19世紀の物価動向-コンドラチェフによる物価長波の検討を通じて-
    (日本国際経済学会関東部会 2003)
  • 経済の長期波動とインフラストラクチュアの進化
    (日本国際経済学会 第61回全国大会 2002)
  • アメリカ経済の長波局面の決定
    (日本国際経済学会 第59回全国大会 2000)
Works (2件):
  • 国際合弁事業
    1987 - 1990
  • 韓国・台湾企業と日本企業の合弁についての現地調査
    1989 -
学歴 (2件):
  • - 1967 東京大学 理学系研究科 化学(物理化学)
  • - 1965 東京大学 理学部 化学科
学位 (1件):
  • 理学修士 (東京大学)
経歴 (1件):
  • 1968 - 1972 東京大学教養学部 助手
所属学会 (2件):
日本経済学会 ,  日本国際経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る