研究者
J-GLOBAL ID:200901022524668647   更新日: 2022年08月03日

荒居 善雄

アライ ヨシオ | Arai Yoshio
ホームページURL (1件): http://zairiki.mech.saitama-u.ac.jp/yarai/yarai.html
研究分野 (1件): 材料力学、機械材料
研究キーワード (10件): 量子ドット ,  界面 ,  複合材料 ,  超音波 ,  疲労 ,  破壊力学 ,  固体力学 ,  材料力学 ,  Solid Mechanics ,  Strength of Materials
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • -
  • -
論文 (51件):
MISC (154件):
  • 倉田 大樹, 荒居 善雄, 荒木 稚子, 飯島 孝文, 黒澤 彬元, 大淵 智之, 佐々木 教行. PS0026-392 3層構造CFRP複合容器の破壊開始位置の評価. M&M材料力学カンファレンス. 2015. 2015. "PS0026-392-1"-"PS0026-392-3"
  • 荒居 善雄, 古和田 岳, 荒木 稚子. J0420403 超音波干渉を用いた二次元内面きずの傾き・屈折の非破壊測定. 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan. 2015. 2015. "J0420403-1"-"J0420403-4"
  • 武田 泰彰, 荒居 善雄, 荒木 稚子. OS16 ラマン分光法を用いた粒子強化複合材料の剥離応力測定. M&M材料力学カンファレンス. 2014. 2014. "OS16-1"-"OS16-3"
  • 蓼沼 克哉, 荒居 善雄, 荒木 稚子. PS13 信号用リレーの銀接点における表面損傷メカニズムの解明. M&M材料力学カンファレンス. 2014. 2014. "PS13-1"-"PS13-3"
  • 荒木 稚子, 山口 徹, 荒居 善雄. OS1607 LSGFのSr表面析出に及ぼす応力の影響. M&M材料力学カンファレンス. 2014. 2014. "OS1607-1"-"OS1607-2"
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • ナノプローブ歪によるInGaAs量子ドットの間接遷移化
    (日本物理学会予稿集 2009)
  • ナノプローブ歪によるInGaAs量子ドットの間接遷移化
    (日本物理学会予稿集 2009)
  • 超音波の干渉を用いた傾斜した内表面きずの高精度非破壊検出
    (日本機械学会M&M2008講演論文集 2008)
  • 高周波超音波の表面結晶粒界反射波によるステンレス鋼の低サイクル疲労き裂発生過程の評価
    (日本機械学会M&M2008講演論文集 2008)
  • 超音波の干渉を用いた傾斜した内表面きずの高精度非破壊検出
    (日本機械学会M&M2008講演論文集 2008)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る