研究者
J-GLOBAL ID:200901022540422526   更新日: 2018年02月07日

大山 みち子

オオヤマ ミチコ | MICHIKO OHYAMA
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 臨床心理学
研究キーワード (5件): 被害 ,  非行 ,  犯罪 ,  ブリーフサイコセラピー ,  精神分析
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2005 - 2008 「犯罪被害者の精神健康の状況とその回復に関する研究」 (公募課題番号17230901)
  • 2005 - 2006 「被害の重大な事件における面接を中心とした被害者調査」
論文 (1件):
  • 外傷的体験が背景にあるクライエントへの心理的援助の工夫. 日本トラウマティック・ストレス学会誌. 2013. 11. 1. 19-26
MISC (29件):
もっと見る
書籍 (26件):
  • 心理臨床学事典
    丸善出版 2011
  • カウンセリング実践ハンドブック
    丸善出版 2011
  • 危機への心理支援学
    遠見書房 2010
  • 犯罪被害者のメンタルヘルス
    誠信書房 2008
  • 犯罪心理臨床
    金剛出版 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (55件):
  • 「医療少年院における宗教教誨」日本人の「罪と恥」
    (「東洋思想と心理療法」研究会第15回研究会 2014)
  • 大学の心理臨床センターおよび開業での性犯罪被害者支援の実践
    (日本心理臨床学会大32回大会自主シンポジウム 2013)
  • 日本文化ともの狂い~日本文化は狂気をどうとらえたか~
    (「東洋思想と心理療法」研究会 2012)
  • 公開症例検討会
    (日本トラウマティック・ストレス学会第9回大会プレコングレス 2010)
  • 「集団と個、東洋文化そして心理療法」
    (東洋思想と心理療法研究会第12回研究会 2010)
もっと見る
Works (27件):
  • 「犯罪被害者支援とは何か」書評
    2005 -
  • 専門家から被害者への働きかけの可能性について
    穴田富美子, 木村弓子, 白井明美, 大山みち子 1999 -
  • このままの私・変わっていく私
    1998 -
  • 打ち明け話
    1998 -
  • 犯罪被害者相談に見る事例におけるPTSDの評価・治療
    小西聖子, 大山みち子, 穴田富美 1998 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1982 - 1985 日本大学大学院 心理学専攻
  • 1980 - 1982 横浜国立大学大学院 心理学専攻
  • 1976 - 1980 横浜国立大学 心理学科
  • - 1976 宮城県第一女子高等学校
学位 (2件):
  • 学士 (横浜国立大学)
  • 修士 (横浜国立大学大学院)
経歴 (27件):
  • 2014/04/01 - 現在 武蔵野大学大学院人間社会研究科 人間学専攻(博士後期課程) 教授
  • 2012/04/01 - 現在 武蔵野大学人間科学部 人間科学科 教授
  • 2010/04/01 - 現在 武蔵野大学大学院人間社会研究科 人間学専攻 教授
  • 1989 - 現在 広尾心理臨床相談室 臨床心理士
  • 2008/04/01 - 2012/03/31 武蔵野大学人間関係学部 人間関係学科 教授
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2013/03 - 現在 日本心理学会 代議員
  • 2012 - 現在 日本催眠医学心理学会 第58回大会大会長
  • 2004/12 - 現在 日本催眠医学心理学会 倫理委員
  • 2002/02 - 現在 日本トラウマティック・ストレス学会 理事
  • 2002/02 - 2014/03 日本ブリーフサイコセラピー学会 理事
全件表示
所属学会 (12件):
日本トラウマティック・ストレス学会 ,  「東洋思想と心理療法」研究会 ,  日本思春期青年期精神医学会 ,  包括システムによる日本ロールシャッハ学会 ,  日本ブリーフサイコセラピー学会 ,  日本家族研究・家族療法学会 ,  日本精神分析学会 ,  日本犯罪心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本心理臨床学会 ,  日本自律訓練学会 ,  日本催眠医学心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る