研究者
J-GLOBAL ID:200901022643228809   更新日: 2021年01月18日

武藤 泉

ムトウ イズミ | Muto Izumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/627e23ccc02d69d72ea6019f2dc08065.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/627e23ccc02d69d72ea6019f2dc08065.html
研究分野 (1件): 材料加工、組織制御
研究キーワード (3件): 表面・界面制御 ,  化成処理 ,  腐食防食
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2005 - 現在 高機能化成処理技術
  • 2005 - 現在 実用材料の表面不均一性の制御
  • 2005 - 現在 金属材料の耐環境機能高度化と寿命予測技術
論文 (143件):
  • Masashi Nishimoto, Izumi Muto, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara. Cerium addition to CaS inclusions in stainless steel: Insolubilizing water-soluble inclusions and improving pitting corrosion resistance. Corrosion Science. 2021. 180. 109222-109222
  • Takumi Kosaba, Izumi Muto, Yu Sugawara. Effect of Anodizing on Galvanic Corrosion Resistance of Al Coupled to Fe or Type 430 Stainless Steel in Diluted Synthetic Seawater. Corrosion Science. 2021. 179. 109145-109145
  • Yusuke Tsutsumi, Izumi Muto, Shigeyuki Nakano, Junichi Tsukada, Tomoyo Manaka, Peng Chen, Maki Ashida, Yu Sugawara, Masayuki Shimojo, Nobuyoshi Hara, et al. Effect of Impurity Elements on Localized Corrosion of Zirconium in Chloride Containing Environment. Journal of The Electrochemical Society. 2020. 167. 14. 141507-141507
  • Masashi Nishimoto, Izumi Muto, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara. Passivity of (Mn,Cr)S inclusions in type 304 stainless steel: The role of Cr and the critical concentration for preventing inclusion dissolution in NaCl solution. Corrosion Science. 2020. 176. 109060-109060
  • Haruka Saito, Izumi Muto, Yu Sugawara. A Corrosion Resistant Sintered Stainless Steel: Type 304L Containing Mo-Rich Phases. MATERIALS TRANSACTIONS. 2020. 61. 11. 2248-2251
もっと見る
MISC (9件):
もっと見る
特許 (75件):
もっと見る
書籍 (11件):
  • 新版 鉄鋼材料と合金元素
    (一社)日本鉄鋼協会 2015 ISBN:9784930980878
  • 第5版 鉄鋼便覧
    (一社)日本鉄鋼協会 2014
  • 第6版 電気化学便覧
    丸善出版 2013 ISBN:9784621084137
  • 腐食防食シンポジウム資料「建築・土木分野でのステンレス鋼の適用事例」
    腐食防食協会 2006
  • 軽量ステンレス構造デザインマニュアル
    (社)ステンレス構造建築協会 2005 ISBN:4765524531
もっと見る
講演・口頭発表等 (108件):
  • The Role of Pitting at MnS Inclusions in Intergranular Corrosion of Sensitized Type 304 Stainless Steel in NaCl Solution
    (AiMES 2018 (ECS and SMEQ Joint International Meeting, 234th Meeting of The Electrochemical Society) 2018)
  • 鋭敏化ステンレス鋼の粒界腐食発生挙動の マイクロ電気化学解析
    (材料と環境2018 2018)
  • REAL-TIME MICROELECTROCHEMICAL OBSERVATIONS OF INITIATION AND VERY EARLY STAGE OF CORROSION ON STEELS
    (11th International Conference on Zinc and Zinc Alloy Coated Steel Sheet (GALVATECH2017) 2017)
  • Micro-electrochemical <I>in situ</I> observation of pit initiation at precipitates in AA5182 Al-Mg alloy in 0.1 M NaCl
    (232nd ECS Meeting 2017)
  • 水溶液腐食研究に関する課題と展望
    (日本金属学会 2017年秋期講演大会(第161回) 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 1998 東北大学 金属工学専攻(博士課程)
  • 1986 - 1988 東北大学 金属工学専攻(修士課程)
  • 1982 - 1986 東北大学 金属工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東北大学)
  • 工学修士 (東北大学)
経歴 (8件):
  • 2014/01 - 現在 東北大学大学院 工学研究科 教授
  • 2007/04 - 2013/12 東北大学大学院 工学研究科 准教授
  • 2005/04 - 2007/03 東北大学大学院 工学研究科 助教授
  • 2003/10 - 2005/03 新日鉄住金ステンレス株式会社 研究センター 主任研究員
  • 1998/03 - 2003/09 新日本製鐵株式会社 光技術研究部 主任研究員
全件表示
委員歴 (75件):
  • 2019/04 - 現在 (一社)日本鉄鋼協会 ステンレス鋼自主フォーラム「ステンレス鋼の腐食現象のミクロ解析」 座長
  • 2019/04 - 現在 (公社)日本金属学会 第5分科・分野 委員長
  • 2019/02 - 現在 (一社)表面技術協会 理事
  • 2018/04 - 現在 (公社)日本金属学会 代議員
  • 2016/04 - 現在 (一社)日本鉄鋼協会 育成委員会 産学人材育成WG 主査
全件表示
受賞 (7件):
  • 2017/03/15 - 一般社団法人 日本鉄鋼協会 学術貢献賞(里見賞) 鉄鋼材料の局部腐食の研究
  • 2014/09/24 - 公益社団法人 日本金属学会 日本金属学会技術開発賞 ステンレス鋼の電解砥粒減面技術の開発
  • 2014/05/18 - 公益社団法人 腐食防食学会 技術賞受賞 耐食材料及び表面処理材料の大気腐食促進試験法の開発と国際規格化
  • 2014/03/22 - 一般社団法人 日本鉄鋼協会 西山記念賞 鉄鋼材料の局部腐食の研究
  • 2010/05 - (社)腐食防食協会 論文賞 地層処分模擬環境中での炭素鋼および低合金鋼の電気化学的性質
全件表示
所属学会 (7件):
(社)電気化学会 ,  (一社)表面技術協会 ,  (社)日本金属学会 ,  アメリカ腐食学会(NACE International) ,  (社)日本鉄鋼協会 ,  (社)腐食防食学会 ,  アメリカ電気化学会(The Electrochemical Society)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る