研究者
J-GLOBAL ID:200901022720464316   更新日: 2020年06月09日

中村 誠司

ナカムラ セイジ | Nakamura Seiji
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (3件): 外科系歯学 ,  病態系口腔科学 ,  免疫学
研究キーワード (2件): 口腔外科学 ,  免疫学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 1995 - 歯科材料アレルギーについての研究
  • 1989 - 口腔癌に対する生体防御機構についての研究
  • 1989 - 口腔粘膜疾患の発症メカニズムについての研究
  • 1989 - シェーグレン症候群の発症メカニズムについての研究
  • 歯科材料アレルギーについての研究
全件表示
論文 (38件):
  • Yasukochi A, Kawakubo-Yasukochi T, Morioka M, Hazekawa M, Nishinakagawa T, Ono K, Nakashima M, Nakamura S. Regulation of collagen type XVII expression by miR203a-3p in oral squamous cell carcinoma cells. Journal of biochemistry. 2019. 166. 2. 163-173
  • Tsuboi H, Iizuka-Koga M, Asashima H, Takahashi H, Kudo H, Ono Y, Honda F, Iizuka A, Segawa S, Abe S, Yagishita M, Yokosawa M, Kondo Y, Moriyama M, Matsumoto I, Nakamura S, Sumida T. Upregulation and pathogenic roles of CCL18-CCR8 axis in IgG4-related disease. Modern rheumatology. 2019. 1-9
  • Ishiguro N, Moriyama M, Furusho K, Furukawa S, Shibata T, Murakami Y, Chinju A, Rafiul Haque ASM, Gion Y, Ohta M, Maehara T, Tanaka A, Yamauchi M, Sakamoto M, Mochizuki K, Ono Y, Hayashida JN, Sato Y, Kiyoshima T, Yamamoto H, Miyake K, Nakamura S. Activated M2 macrophage contributes to the pathogenesis of IgG4-related disease via TLR7/IL-33 signaling. Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.). 2019
  • Kawakubo-Yasukochi T, Morioka M, Ohe K, Yasukochi A, Ozaki Y, Hazekawa M, Nishinakagawa T, Ono K, Nakamura S, Nakashima M. Maternal folic acid depletion during early pregnancy increases sensitivity to squamous tumor formation in the offspring in mice. Journal of developmental origins of health and disease. 2019. 1-9
  • Maehara T, Moriyama M, Nakamura S. Pathogenesis of IgG4-related disease: a critical review. Odontology. 2019. 107. 2. 127-132
もっと見る
MISC (48件):
書籍 (6件):
  • 超高齢社会におけるドライマウスへの対応 : いま,ドライマウスにどう取り組むべきか
    ヒョーロン・パブリッシャーズ 2017 ISBN:9784864320351
  • 抗腫瘍T細胞の活性化あるいは不活化に関わる扁平上皮癌関連抗原の解析
    [九州大学] 2008
  • ドライマウスの臨床
    医歯薬出版 2007 ISBN:9784263442371
  • T細胞レセプター解析による口腔粘膜疾患の病態解明と新しい診断法の確立
    [九州大学] 2005
  • 口内炎・口腔乾燥症の正しい口腔ケア (分担執筆) 2.疾患別ケア 6)シェーグレン症候群 南雲正男編集
    医薬ジャーナル社 2001
もっと見る
Works (3件):
  • 口腔癌に対する生体防御機構についての研究
    2000 -
  • シェーグレン症候群の発症メカニズムについての研究
    2000 -
  • 歯科臨床とアレルギー
    1999 -
学歴 (2件):
  • - 1986 九州大学 歯学研究科 歯学臨床系(口腔外科学)
  • - 1982 九州大学 歯学部 歯学科
学位 (1件):
  • 歯学博士 (九州大学)
経歴 (2件):
  • 1986 - 1994 九州大学歯学部 助手
  • 1994 - - 九州大学歯学部附属病院 講師
所属学会 (10件):
国際口腔顎顔面外科学会 ,  日本顎関節学会 ,  日本癌学会 ,  日本頭頸部腫瘍学会 ,  日本口腔腫瘍学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本口腔粘膜学会 ,  日本免疫学会 ,  日本口腔科学会 ,  日本口腔外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る