研究者
J-GLOBAL ID:200901022900223546   更新日: 2020年04月22日

小野寺 鶴将

オノデラ カクマサ | Onodera Kakumasa
所属機関・部署:
職名: 主査(センチュウ)
ホームページURL (1件): http://www.hro.or.jp/list/agricultural/research/kitami/index.html
研究分野 (2件): 植物保護科学 ,  植物保護科学
研究キーワード (3件): 防除 ,  虫害 ,  応用昆虫
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2010 - 大豆のマメシンクイガに対する防除対策試験
  • 病害虫発生予察
論文 (2件):
  • T. Ohki, T. Narabu, A. Kushida, K. Onodera, T. Fujimoto, K. Itou, T. Maoka. Molecular characterization of Globodera pallida found in Japan using ribosomal DNA and mitochondrial cytochrome b gene sequences. Journal of General Plant Pathology. 2018. 84. 230-236
  • 小野寺 鶴将. チアメトキサムフロアブルの種子塗沫処理によるダイズわい化病の防除効果および塗沫種子に観察された出芽遅延について. 北日本病害虫研究会報. 2007. 58. 111-114
MISC (44件):
  • 谷藤健, 谷藤健, 笛木伸彦, 安岡眞二, 三宅規文, 小野寺鶴将, 清水基滋, 白旗雅樹. 有機栽培畑輪作における地力推移・作物収量・病害虫発生の特徴と雑草抑制対策. 北農. 2018. 85. 3. 232-240
  • 伊藤賢治, 奈良部孝, 小野寺鶴将, 相場聡, 串田篤彦, 村松康一, 相場勝. 下層土におけるジャガイモシロシストセンチュウの存在およびD-D剤の効果. 北日本病害虫研究会報. 2017. 68. 160-163
  • 村松康一, 小野寺鶴将, 相場勝, 奈良部孝, 伊藤賢治, 相場聡, 串田篤彦. ジャガイモシロシストセンチュウ発生ほ場における土壌くん蒸剤(D-D剤)の防除効果. 北日本病害虫研究会報. 2017. 68. 266
  • 小野寺鶴将, 伊藤賢治, 奈良部孝, 相場勝. 土壌燻蒸剤処理と捕獲作物栽培によるジャガイモシロシストセンチュウの防除効果. Nematological Research. 2017. 47. 2. 36-37
  • 小野寺鶴将, 古川勝弘, 古川勝弘, 奥山昌隆, 真鍋照彦, 伊藤舞, 斉藤克史. ジャガイモシストセンチュウ発生ほ場における密度推定のための省力的な土壌サンプリング法. 北農. 2017. 84. 1. 31-35
もっと見る
所属学会 (3件):
日本線虫学会 ,  北日本病害虫研究会 ,  日本応用動物昆虫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る