研究者
J-GLOBAL ID:200901022914199397   更新日: 2021年05月11日

中筋 麻貴

ナカスジ マキ | Maki Nakasuji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 代数学
研究キーワード (1件): 解析数論
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2022 Schur多重ゼータ関数の挙動の研究
  • 2015 - 2020 クラスター代数と結晶基底の表現論的研究
  • 2015 - 2019 Iwahori Whittaker関数の組合せ論的表現論からの解明
  • 2012 - 2014 ワイル群多重ディリクレ級数に対する可解格子模型表示
  • 2011 - 2013 ワイル群多重ディリクレ級数の組合せ論的表現論からの解明
全件表示
論文 (27件):
  • Daniel Bump, Maki Nakasuji. Casselman’s Basis of Iwahori vectors and Kazhdan-Luztig polynomials. Canadian Journal of Mathematics. 2019. 71. 6. 1351-1366
  • Naoki Nakamura, Maki Nakasuji. Schur type poly-Bernoulli numbers. 2019
  • Maki Nakasuji, Ouamporn Phuksuwan, Yoshinori Yamasaki. On Schur multiple zeta functions: A combinatoric generalization of multiple zeta functions. Advances in Mathematics. 2018. 333. 570-619
  • 中筋麻貴. Kazhdan-Lusztig R-polynomialとCasselman基底に関する変換係数について. 「第11回数論女性の集まり」報告集. 2018. 54-60
  • 中筋麻貴. Schur多重ゼータ関数とその特殊値について. 第63回代数学シンポジウム報告集. 2018. 27-38
もっと見る
講演・口頭発表等 (50件):
  • Schur multiple zeta-functions of anti-hook type and zeta-functions of root systems
    (Various aspects of multiple zeta values 2019)
  • Factorial Schur多重ゼータ関数の行列式表示
    (明学数論セミナー 2019)
  • Schur型多重ベルヌーイ数について
    (第12回数論女性の集まり 2019)
  • hook Schur型多重ベルヌーイ数
    (日本数学会 2018)
  • Schur多重ゼータ関数とその特殊値について
    (第63回代数学シンポジウム 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (慶應義塾大学)
所属学会 (1件):
日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る