研究者
J-GLOBAL ID:200901022928573470   更新日: 2019年02月11日

鶴田 佳史

ツルタ ヨシフミ | Tsuruta Yoshifumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://gyouseki.jm.daito.ac.jp/dbuhp/KgApp?kyoinId=ymdggyysggy
研究分野 (4件): 環境政策、環境配慮型社会 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  循環型社会システム ,  経営学
研究キーワード (6件): 持続可能な開発目標 ,  気候変動 ,  環境マネジメントシステム ,  ステイクホルダー ,  環境経営 ,  サステナビリティ
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2014 - 2017 ステークホルダビリティの理論的構築に向けて-オープンイノベーションの視点から-
  • 2013 - 2016 なんと!楽しい五箇山合掌造りの里、南砺へ若者を呼ぶプロジェクト
  • 2010 - 2013 低炭素経済社会における中小企業の環境経営の展開と可能性
  • 2011 - 2012 東アジアにおける企業のカーボンマネジメントの推進に関する一考察 -日本及び中国企業の事例を中心として-
  • 2009 - 2011 地域環境資源の価値デザイン -サウンドスケープによる持続可能な活用-
全件表示
論文 (10件):
  • 鶴田 佳史. ステークホルダビリティの理論的展開に向けて. 日本近代學研究. 2017. 58. 349-361
  • 鶴田 佳史. 中小企業における環境経営の展開 -低炭素経済との関係から-. サステイナブル・マネジメント. 2012. 2. 11. 33-40
  • 鶴田佳史. 「イオンとウォルマート -総合小売業の成長戦略とCSR-」《査読付論文》. 『サステイナブル・マネジメント』(環境経営学会). 第2巻. 第5号. 79-89
  • 鶴田佳史. 「プロアクティブ環境戦略に関する一考察」《査読付論文》《優秀研究賞受賞》. 『サステイナブル・マネジメント』(環境経営学会). 第2巻. 第1号. 151-160
  • 鶴田佳史. 「環境関連事業の展開と企業環境戦略 -NKK株式会社 の事例を中心に-」《査読付論文》. 『ビジネス・マネジメント研究』(日本ビジネス・マネジメント学会). 第2巻. 27-41
もっと見る
MISC (14件):
  • 鶴田 佳史. 非営利組織による地域活性化と地域資源の開発 -巣鴨地蔵通り商店街と富山県立大学の取り組みを中心に-. 非営利組織における有効なマネジメント研究 -非営利組織の多様性-. 2014. 35-44
  • 鶴田 佳史. 大学との連携による環境視点の地域づくり. 環境会議 2014年春号. 2014. 60-65
  • 鶴田 佳史. カーボン・ディスクロージャー・デザインの薦め. IR-COM 2013年6月号. 2013. 3-3
  • 鶴田 佳史. 経営理念にもとづいた環境経営に関する一考察 -三幸会と恵和保育園の事例から-. 非営利組織における有効なマネジメント研究 -社会福祉法人三幸会-. 2013. 27-36
  • 鶴田 佳史. 担当者が押さえておきたい「環境対応」に関するギモンQ&A. 近代セールス. 2012. 57. 4. 11-17
もっと見る
書籍 (8件):
  • 野村佐智代・佐久間信夫・鶴田佳史(編)『よくわかる環境経営』
    ミネルヴァ書房 2014
  • 村井秀樹・川村雅彦・鶴田佳史(編)『カーボン・ディスクロージャー -企業の気候変動情報の開示動向-』
    税務経理協会 2011
  • 佐久間信夫・田中信弘(編)、『現代CSR経営要論』
    創成社 2011
  • 【共著】鶴田佳史「第7章 星野リゾート ~リゾート運営の達人~」,足立辰雄・所伸之編著『サステナビリティと経営学』,120頁~133頁
    ミネルヴァ書房
  • 【共著】鶴田佳史「第3章持続可能性経営とステークホルダーの関係性」,鈴木幸毅・所伸之編著『環境経営学の扉 -社会科学からのアプローチ-』,56頁~76頁
    文眞堂
もっと見る
講演・口頭発表等 (48件):
  • 経営戦略要因としての気候変動適応
    (環境経営学会2018年度研究報告大会 2018)
  • 日本企業における 気候変動リスクへの対応に関する一考察 -緩和と適応の視点から-
    (韓国日本近代学会第36回国際学術大会 2017)
  • 企業における気候変動リスクへの対応
    (工業経営研究学会第32回大会 環境経営学研究分科会報告会 2017)
  • 企業における気候変動適応に関する一考察
    (2017)
  • 東南アジアにおける企業の気候変動に関わる経営行動の変化について
    (国際ビジネス研究学会中部部会第32回研究会 2017)
もっと見る
Works (24件):
  • エコアクション21審査人
    鶴田 佳史 2008 -
  • 環境技術産学公民連携公募型共同研究事業(2009年度)「川崎市における地域社会・産業の環境共創に関する研究 -「住みたいまちKAWASAKI」Project-」
  • 「ISO14001環境マネジメントシステム内部監査員養成コース」講師
  • 鶴田佳史「環境を考える経済人の会21寄付講座2007年度法政大学人間環境学部公開講座(人間環境セミナーII)企業と社会の活動 地球環境問題への対応」第14回講義(シンポジウム)《コーディネーター》
  • 「環境経営の射程 -地球環境問題の諸相と企業対応の変化-」「経営学原理」特別講義(創価大学経営学部)
もっと見る
学位 (1件):
  • 経営学修士 (横浜国立大学)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 大東文化大学 准教授
  • 2013/04 - 2018/03 大東文化大学 准教授
  • 2010/04 - 2013/03 大東文化大学 専任講師
  • 2005/04 - 2012/03 法政大学人間環境学部非常勤講師
  • 2008/04 - 2011/03 法政大学大学院環境マネジメント研究科 客員准教授
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2016/07 - 現在 エコアクション21中央事務局判定委員会 委員
  • 2015/08 - 現在 東京商工会議所 「eco検定アワード」審査委員会 審査委員長
  • 2015/02 - 現在 環境省・環境人材育成コンソーシアム「環境 人づくり企業大賞」ワーキンググループ委員会 委員
  • 2016/12 - 2017/02 港区 環境マネジメントシステム事務局運営支援業務委託事業候補者選考委員会 委員
  • 2002/10 - 2012/03 日本環境経営大賞表彰委員会事務局アドバイザー
全件表示
受賞 (2件):
  • 2005/12 - 愛知県 愛知県地球温暖化防止活動推進員優秀賞
  • 平成15年度環境経営学会優秀研究賞(環研2号)(環境経営学会)
所属学会 (8件):
環境社会学会 ,  日本貿易学会 ,  実践経営学会 ,  国際ビジネス研究学会 ,  環境経営学会 ,  組織学会 ,  Academy of Management ,  工業経営研究学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る