研究者
J-GLOBAL ID:200901023028361422   更新日: 2021年10月28日

大垣内 多徳

オオガイト タトク | OGAITO Tatoku
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://tack.m.cii.u-fukui.ac.jp/%7Etacha/
研究分野 (5件): 情報ネットワーク ,  素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 ,  生体材料学 ,  生体医工学 ,  図書館情報学、人文社会情報学
研究キーワード (1件): マイクロサーバ, network monitoring
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2012 - 2015 放射線と放射性物質についての教育方法の研究ー「見えない」ものを見せるためにー
  • 2012 - 2015 放射線と放射性物質についての教育方法の研究ー「見えない」ものを見せるためにー
  • 2014 - 放射線と放射性物質についての教育方法の研究ー「見えない」ものを見せるためにー
  • 2009 - 2011 接続された実験による物理教育方法の研究
  • 2009 - 2011 接続された実験による物理教育方法の研究
全件表示
論文 (10件):
もっと見る
MISC (9件):
講演・口頭発表等 (63件):
  • Deep Learning を用いた胸部単純X線画像における解剖構造異常検知について
    (令和2年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 2021)
  • 臨床実習への ICT導入による教育の質と効率の向上を目指して
    (令和2年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 2021)
  • 病院内でのIoT利用と電波利用の評価
    (第38回医療情報学連合大会 2018)
  • ダイナミック認証 VLAN 導入時の IPv6 ネットワーク設計
    (第38回 医療情報学連合大会 2018)
  • バイタル機器からの取得データの共用データベース化の試み
    (第37回日本医療情報学連合大会 2017)
もっと見る
Works (4件):
  • 放射線と放射性物質についての教育方法の研究ー「見えない」ものを見せるためにー, 基盤研究(C)(一般)
    2014 -
  • 接続された実験による物理教育方法の研究, 基盤研究(C)(一般)
    2011 -
  • 接続された実験による物理教育方法の研究, 基盤研究(C)
    2011 -
  • 演示実験に基づいた物理教育方法の開発, 特定領域研究(継続領域)
    2006 -
学歴 (3件):
  • - 1996 大阪大学 物理学
  • - 1996 大阪大学 物理学
  • - 1990 大阪大学 物理学
経歴 (1件):
  • 1996/04 - 2001/03 福井医科大学 医学部物理学教室
委員歴 (6件):
  • 2002 - 情報処理学会 一般会員
  • 2002 - Information Processing Society of Japan member
  • 2001 - 日本医療情報学会 一般会員
  • 1998 - American Physics Society 一般会員
  • 1998 - American Physics Society member
全件表示
所属学会 (6件):
American Physics Society ,  情報処理学会 ,  日本医療情報学会 ,  日本物理学会 ,  American Physics Society ,  Information Processing Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る