研究者
J-GLOBAL ID:200901023450321280   更新日: 2021年11月18日

山﨑 鈴子

Yamazaki Suzuko
所属機関・部署:
職名: 大学院担当教授
研究分野 (2件): 無機物質、無機材料化学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (1件): 光化学、光触媒、速度論
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2017 - 2022 深層学習の予測に基づいた新規機能性化合物創成と検証
  • 2018 - 2021 太陽光による環境浄化を指向した混合原子価状態制御による高活性な光触媒材料の開発
  • 2019 - 2020 酸化物半導体ナノ粒子を用いたゴム・樹脂の劣化を検知するマイクロカプセルの開発
  • 2018 - 2020 高活性光触媒の開発を目指した光生成キャリアの制御
  • 2018 - 2019 酸化チタン上での水分解活性に及ぼす結晶子サイズの影響の解明
全件表示
論文 (97件):
  • Suzuko Yamazaki, Masanari Kutoh, Yukari Yamazaki, Nanami Yamamoto, Mamoru Fujitsuka. One-Pot Synthesis of Long Rutile TiO2 Nanorods and Their Photocatalytic Activity for O2 Evolution: Comparison with Near-Spherical Nanoparticles. ACS Omega. 2021
  • Suzuko Yamazaki, Kotoe Sonoda, Kiyotaka Maruoka, Yukari Yamazaki, Hiroshi Naragino, Kensuke Honda, Toshihiro Murafuji, Michinori Sumimoto. Porous TiO2 adsorbed with squaraine dye as visible-light-responsive photocatalyst. Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry. 2021. 421. 113543
  • S. Yamazaki, K. Kozasa, K. Okimura, K. Honda. Visible light responsive TiO2 photocatalysts for degradation of indoor acetaldehyde. RSC Advances. 2020. 10. 68. 41393-41402
  • Suzuko Yamazaki, Koki Isoyama, Dai Shimizu. Visualization of ultraviolet irradiation using WO3-cellulose derivatives composite film. Optical Materials. 2020. 106. 109929
  • Keigo Tashiro, Toshihiro Murafuji, Michinori Sumimoto, Mamoru Fujitsuka, Suzuko Yamazaki. The formation mechanism of ZnTPyP fibers fabricated by a surfactant-assisted method. New Journal of Chemistry. 2020. 44. 32. 13824-13833
もっと見る
MISC (9件):
特許 (1件):
  • 遷移金属酸化物及び水溶性高分子化合物を含有する複合膜
書籍 (7件):
  • Current developments in photocatalysis and photocatalytic materials : new horizons in photocatalysis
    Elsevier 2019 ISBN:9780128190005
  • 光化学の事典
    朝倉書店 2014
  • ゾル-ゲル法の最新応用と展望
    シーエムシー出版 2014
  • わかる化学シリーズ6 環境化学
    東京化学同人 2007
  • 「光触媒~基礎・材料開発・応用~」 橋本和仁、大谷文章、工藤昭彦監修
    (株)エヌ・テフィー・エス 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (97件):
  • 可視光照射下で光電変換可能な白金イオンドープ酸化チタン電極の作製
    (日本化学会中国四国支部大会 2021)
  • 酸化チタンナノロッドを用いた水分解による酸素発生への助触媒の効果
    (日本化学会中国四国支部大会 2021)
  • Development of efficient photocatalysts and photochromic materials by using metal oxide nanoparticles
    (International Symposium on Photocatalysis, Photofunctional Materials and Nano-Science & Technology 2019)
  • オキソアニオン複合化によるユウロピウム(III)錯体の水中での発光増強
    (日本化学会中国四国支部大会 2019)
  • 酸化タングステン含有フォトクロミックフィルムの発色過程に関する速度論的研究
    (日本化学会中国四国支部大会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1988 奈良女子大学
  • - 1983 奈良女子大学 化学
学位 (2件):
  • 学術博士 (奈良女子大学)
  • 理学修士 (奈良女子大学)
経歴 (7件):
  • 2016/04 - 現在 山口大学 大学院創成科学研究科 大学院担当教授
  • 2006/04 - 2015/03 山口大学 大学院理工学研究科(理学) 大学院担当教授
  • 2004/10 - 2006/03 山口大学 理学部 教授
  • 1996/04 - 2004/09 山口大学 理学部 助教授
  • 1991/04 - 1992/10/30 ウイスコンシン大学 博士研究員
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2000/12 - 2021/12 山口県 公害審査会委員
  • 2020/10 - 2021/10 公益社団法人日本化学会 代議員
  • 2015/03 - 2021/02 日本化学会 代表正会員
  • 2014 - 2019/12 光化学協会 Journal of Photochemistry and Photobiology, C:Photochemistry Reviews Associate Editor
  • 2015/12 - 2017/11 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 1999/09 - 日本化学会 第14回若い世代の特別講演会講演証(賞状) 二酸化チタン光触媒による揮発性有機塩素化合物の分解反応
  • 1996 - Corning Research Grant Award
  • 1994/02 - 日本化学会 化学のフロンティアX-はばたけ若き研究者たちE部門採択
所属学会 (5件):
日本分析化学会 ,  日本化学会 ,  光化学協会 ,  アメリカ化学会 ,  錯体化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る