研究者
J-GLOBAL ID:200901023680750376   更新日: 2020年05月30日

弥益 恭

ヤマス キョウ | Yamasu Kyo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://devbiol.seitai.saitama-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 発生生物学
研究キーワード (5件): ゼブラフィッシュ ,  脳形成 ,  神経発生 ,  動物個体発生 ,  発生生物学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2018 - 2021 脊椎動物胚の尾芽に存在する多分化能幹細胞の分化と脊髄発生の制御機構
  • 2015 - 2018 トランスポゾンを用いた遺伝子トラップに基づく新しい生命科学研究の基盤創成
  • 2014 - 2017 脳原基の領域化と神経分化を統合的に制御する遺伝子ネットワークの解明
  • 2012 - 2016 脳の“センサス”:記憶解明の分子基盤構築
  • 2011 - 2013 小型魚モデルの利点を駆使した脳形成オーガナイザーの形成制御機構の解明
全件表示
論文 (28件):
  • Akama K, Ebata K, Maeno A, Taminato T, Otosaka S, Gengyo-Ando K, Nakai J, Yamasu K, Kawamura A. Role of somite patterning in the formation of Weberian apparatus and pleural rib in zebrafish. Journal of anatomy. 2019
  • Inomata C, Yuikawa T, Nakayama-Sadakiyo Y, Kobayashi K, Ikeda M, Chiba M, Konishi C, Ishioka A, Tsuda S, Yamasu K. Involvement of an Oct4-related PouV gene, pou5f3/pou2, in neurogenesis in the early neural plate of zebrafish embryos. Developmental biology. 2019
  • Ban H, Yokota D, Otosaka S, Kikuchi M, Kinoshita H, Fujino Y, Yabe T, Ovara H, Izuka A, Akama K, Yamasu K, Takada S, Kawamura A. Transcriptional autoregulation of zebrafish tbx6 is required for somite segmentation. Development (Cambridge, England). 2019
  • Fujino Y, Yamada K, Sugaya C, Ooka Y, Ovara H, Ban H, Akama K, Otosaka S, Kinoshita H, Yamasu K, Mishima Y, Kawamura A. Deadenylation by the CCR4-NOT complex contributes to the turnover of hairy-related mRNAs in the zebrafish segmentation clock. FEBS letters. 2018. 592. 20. 3388-3398
  • Okumura K, Kakinuma H, Amo R, Okamoto H, Yamasu K, Tsuda S. Optical measurement of neuronal activity in the developing cerebellum of zebrafish using voltage-sensitive dye imaging. Neuroreport. 2018
もっと見る
MISC (9件):
  • 弥益 恭. 脊椎動物の脳形成におけるシグナル分泌センターの形成制御機構の解明. 総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書. 2008. 6(平成19年度)
  • 弥益 恭, 二階堂 昌孝. 脊椎動物胚において脳領域化を行う遺伝子制御機構の解明. 総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書. 2007. 5(18年度). 119-122
  • 弥益 恭, 須田 容子, 相澤 慎一. Otx 後方発現境界制御の解析. 埼玉大学地域共同研究センター紀要. 2007. 8. 27-29
  • 弥益 恭. 脊椎動物初期胚の後脳領域における位置情報の分子的実体の解明. 総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書. 2006. 4(17年度)
  • Uemura I, Nitta A, Tomita K, Yamasu K, Suyemitsu T. Localization of syndecan in embryos of the sea urchin Anthocidaris Crassispina. Zoological science. 2002. 19. 12. 1450
もっと見る
書籍 (5件):
  • 発生生物学 : 基礎から応用への展開
    培風館 2019 ISBN:9784563078232
  • 新しい生物科学
    培風館 2018 ISBN:4563078247
  • ゼブラフィッシュの発生遺伝学 (新・生命科学シリーズ)
    裳華房 2015 ISBN:4785358645
  • 石原勝敏、浅尾哲朗、団まりな、山口征矢、弥益 恭 「目で見る生物学」(三訂版)
    培風館 2006
  • Fred H. Wilt, Sarah C. Hake共著(赤坂、大隅、八杉監訳、分担翻訳) ウィルト発生生物学
    東京化学同人 2006
学歴 (3件):
  • - 1987 東京大学 理学系研究科 博士課程
  • - 1984 東京大学 理学系研究科 修士課程
  • - 1982 東京大学 理学部 動物学教室
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
所属学会 (4件):
日本生化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本動物学会 ,  日本発生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る