研究者
J-GLOBAL ID:200901023707294378   更新日: 2020年05月03日

池田 富士雄

イケダ フジオ | Ikeda Fujio
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 機械力学、メカトロニクス ,  ロボティクス、知能機械システム ,  機械力学、メカトロニクス
研究キーワード (5件): 振動制御 ,  制御工学 ,  非線形制御 ,  ロボット ,  分数階微積分
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2022 高齢操船者のヒューマンエラーを予防するAR操船支援システムの開発
  • 2018 - 2022 疲労軽減を狙った小型船舶スカイフックキャビンの操作性を回復するAI×VR
  • 2018 - 2022 目指す技術者像を可視化して共有する工学系can-doリスト式評価指標の開発
  • 2017 - 2020 オーラルフレイルの予防に寄与する咬合支援ロボットの開発とその動作解析
  • 2017 - 2020 自己組織化MAPにより可視化された熟達点検者の暗黙知を基軸とした打音点検の体系化
全件表示
論文 (38件):
  • 志田爲御, 高橋知也, 池田富士雄, 村上祐貴. 小型打撃試験装置を用いた道路橋遊間部の欠陥領域評価. コンクリート工学年次論文集. 2019. 41. 1. 1859-1864
  • 吉原 健太, 倉橋 貴彦, 村上 祐貴, 外山 茂浩, 池田 富士雄, 井山 徹郎, 井原 郁夫. 随伴変数法に基づくコンクリート構造内部における欠陥深度の推定解析 (打音検査による観測変位量を想定した数値実験). 日本機械学会論文集. 2019. 85. 869. 1-13
  • 松岡瑛喜, 廣瀬陽一, 倉橋貴彦, 村上祐貴, 外山茂浩, 池田富士雄, 井山徹郎, 井原郁夫. 打音検査による欠陥定量的評価の高精度化に対する随伴変数法の適用, 材料. 材料. 2018. 67. 9. 869-876
  • 志田爲御, 高橋知也, 池田富士雄, 村上祐貴. 打音点検装置を用いた道路橋遊間部の打音点検法. コンクリート工学年次論文集. 2018. 40. 1. 1749-1754
  • 野内彩可, 村上祐貴, 井山徹郎, 池田富士雄. 応答信号取得位置を固定した打撃試験における自己組織化マップによるコンクリート内部の欠陥領域判定. コンクリート工学年次論文集. 2018. 40. 1. 1755-1760
もっと見る
MISC (37件):
  • Fujio Ikeda, Shigehiro Toyama, Yosuke Shimamune, Mitsuru Kudo, Kenji Kamimura, Kazuki Sakai, Mari Miyata, Yasuhiro Miyazaki. Launching into AIR technology a novel engineer education program for a source of regional innovation. 15th International CDIO Conference Aarhus University,Denmark. 2019
  • Keisuke Otani, Shigehiro Toyama, Kenji Kamimura, Fujio Ikeda. Smart Maneuvering Assist System by Galvanic Vestibular Stimulation. ACM CHI Conference on Human Factors in Computing Systems 2019, Glasgow UK. 2019. No.14
  • Rio Ito, Shigehiro Toyama, Keisuke Takebe, Fujio Ikeda. Influence of Individual Difference for Mapping to Represent Human Motion with Humanoid Robot. ACM CHI Conference on Human Factors in Computing Systems 2019, Glasgow UK. 2019. No.15
  • Kenta Yoshihara, Takahiro Kurahashi, Yuki Murakami, Shigehiro Toyama, Fujio Ikeda, Tetsuro Iyama, Ikuo Ihara. The random tunneling algorithm for identification of cavity position in a concrete using surface displacement in hammering inspection. The World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization. 2019. WCSMO13
  • Yuki Nakamura, Keisuke Ohtani, Shigehiro Toyama, Kenji Kamimura, Fujio Ikeda. Haptics Interface for Smart Assist Maneuvering System. The 6th International Conference on Smart Systems Engineering. 2018. PO-35
もっと見る
特許 (3件):
  • コンクリート構造物の狭小部における非破壊検査方法及び衝撃弾性波装置
  • 開口筋訓練装置
  • 内形状測定装置
講演・口頭発表等 (99件):
  • 打撃時の表面加速度測定値を用いたコンクリート構造内部における空洞位置の同定解析
    (日本機械学会 北陸信越支部 第56期総会・講演会 2019)
  • 加速度センサとインパルスハンマを用いた打撃試験によるコンクリート構造物内部の欠陥領域評価の効率化
    (土木学会第74回年次学術講演会講演概要集 2018)
  • 打音点検装置を用いた道路橋遊間部の打撃試験に基づく欠陥領域評価
    (土木学会第73回年次学術講演会講演概要集 2018)
  • 橋梁遊間部胸壁を対象とする新たな打音点検装置の開発
    (土木学会第73回年次学術講演会講演概要集 2018)
  • ロボカップサッカーロボットの開発の変遷とコミュニケーション教育
    (ロボティクス・メカトロニクス講演会2021 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2002 東京都立大学 工学研究科 機械工学
  • - 1994 新潟大学 工学部 機械システム工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京都立大学)
経歴 (5件):
  • 2018 - 現在 長岡工業高等専門学校 教授
  • 2010 - 2018 長岡工業高等専門学校 准教授
  • 2008 - 2010 長岡工業高等専門学校 助教
  • 2006 - 2008 高知工業高等専門学校 助教
  • 2002 - 2006 高知工業高等専門学校 助手
受賞 (1件):
  • 2015/06 - International Conference on Advanced Robotics and Intelligent Systems Best Paper Award A Proposal of Right and Left Turning Mechanism for Quasi-Passive Walking Robot
所属学会 (5件):
土木学会 ,  自動車技術会 ,  日本ロボット学会 ,  計測自動制御学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る