研究者
J-GLOBAL ID:200901023989002170   更新日: 2019年12月12日

上ノ山 周

KAMINOYAMA Meguru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.kaminoyamalab.ynu.ac.jp/
研究分野 (3件): 流体工学 ,  熱工学 ,  化工物性・移動操作・単位操作
研究キーワード (3件): 化学工学 ,  流体工学 ,  熱工学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • トモグラフィー計測による懸濁重合反応の制御
  • 蒸発晶析槽における結晶成長過程に及ぼす撹拌操作の影響
  • 撹拌槽における異粘性系スラリーの混合特性
  • 撹拌槽における流動・分散状態のトモグラフィー計測
  • 連続アニュラー型媒体撹拌ミルの微粉砕性能
全件表示
論文 (107件):
  • Meguru Kaminoyama. Review of Visualization of Flow and Dispersion States of Slurry System Fluids. Journal of Chemical Engineering of Japan. 2014. 47. 2. 109-114
  • Kazuhiko Nishi, Shun Watanabe, Yukiya Kudo,Yuma Bando, Ryuta Misumi, Meguru Kaminoyama. Starting Torque of Several Impellers. 16th European Conference on Mixing -Mixing 16. 2018. 117
  • Ryuta Misumi, Tokio Hakamada, Hitoshi Tanabe, Meguru Kaminoyama. PIV Measurements of Fluid Velocity Distribution in a Turning Radius of Impeller Blades in Transition Regime. 16th European Conference on Mixing - Mixing 16. 2018. 118
  • Meguru Kaminoyama, Ryuta Misumi, Koji Sugiyama. Quantification of the Concentration Distribution of a Highly Concentrated Dispersion Phase in a Liquid-Liquid Stirred Vessel using Image Analysis. 16th European Conference on Mixing-Mixing16. 2018. 162
  • 三角 隆太, 國井 佳奈子, 轟 慧, 仁志 和彦, 上ノ山 周, 佐野 雄一, 坂本 淳志, 竹内 正行. 回転円筒型液液抽出装置における流動状態におよぼす操作条件の影響. 化学工学論文集. 2018. 44. 3. 135-141
もっと見る
MISC (16件):
  • 上ノ山周,仁志和彦,三角隆太. 異相系撹拌槽内における流動・混合・分散状態のCFD計算ならびにERT計測. 分離技術. 2011. 41. 1. 45-50
  • 上ノ山周、仁志和彦、三角隆太. 特集 電気抵抗方式トモグラフィー計測の異相系撹拌槽への応用. 混相流. 2009. 23. 2. 182-189
  • 上ノ山 周. 化学を工学する-徳を以て福を招く 技を以て幸を齊す-. 化学工学 会報誌巻頭言. 2019. 83. 1
  • 化学工学の基礎(2)-塩を作る-. 化学と教育. 2018. 66. 2. 92-93
  • 三角隆太,上ノ山周. 撹拌槽の中の流動・混合の計測方法. 分離技術. 2017. 47. 1. 14-18
もっと見る
特許 (1件):
  • 重合状態判定装置
書籍 (10件):
  • 撹拌・混合におけるトラブル発生要因と防止対策(共著)
    技術情報協会 1996
  • 流動の数値シミュレーション
    改訂六版 化学工学便覧 第5章5節 (分担)丸善株式会社 1999
  • 化学工学の進歩34ミキシング技術 第4章 撹拌槽における流動・伝熱・反応のシミュレーション
    化学工学会編 槇書店 2000
  • 応用化学シリーズ 4.化学工学の基礎 第2章 流体と流動
    朝倉書店 2000
  • 異相系攪拌槽における流動・分散状態に関するトラブルとその解決に向けて
    高粘度流体を中心とした攪拌トラブル対策と最新用途展開 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (73件):
  • "Optimal seeding condition of a high suspension concentration of NaCI evaporative crystallization in draft-tube stirred vessel"
    (17th International Symposium on Industrial Crystallization (ISIC) 2008)
  • "Development of Non-Intrusive Measurement Method of Primary Nucleation Phenomena in a Stirred Vessel Based on Laser Light Scattering", "Improvement of Gas-Liquid Mass Transfer in a Large Stirred Tank", "Modeling of Redox Reaction in Glass Melt and its Eff
    (2nd Asian Conference on Mixing (ACOM 2008) 2008)
  • "A Tomography System with 32 Tribo-Electric Sensors: Its Performance and Improvement", "Measurements of the Phase Inversion Phenomenon in a Suspension Polymerization Reactor with an Electrical Resistance Tomography System"
    (International Workshop on Process Intensification 2008 (IWPI 2008) 2008)
  • "A Representative Viscosity of Casson Fluids in a Stirred Vessel", "Lagrangian Numerical Simulation of Particle Collision and Suspension in a Stirred Vessel"
    (8th World Congress of Chemical Engineering (WCCE8) 2009)
  • "Mixing Process and Power Consumption of Eccentric Mixing", "Effects of Aeration on the Flow and Mixing States of Fluids Possessing Yield Stress in a Stirred Vessel when a Cavern Region Occurs", "Mass Transfer in Aerated Stirred Tank with Highly Shear Thi
    (3rd Asian Conference of Mixing (ACOM2010) 2010)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1980 京都大学 工学部 石油化学
  • - 1982 京都大学 工学研究科 石油化学
  • - 1989 横浜国立大学 工学研究科 物質工学
学位 (2件):
  • 工学博士 (横浜国立大学)
  • 工学修士 (京都大学)
経歴 (6件):
  • 1982/04 - 1991/03 日揮株式会社
  • 1991/04 - 1995/03 横浜国立大学工学部物質工学科 講師
  • 1995/04 - 2000/04 横浜国立大学工学部物質工学科 助教授
  • 2000/05 - 2001/03 横浜国立大学工学部物質工学科 教授
  • 2001/04 - 2004/03 横浜国立大学大学院工学研究院 教授
全件表示
委員歴 (16件):
  • 2019/06 - 現在 日本海水学会 会長
  • 2019/03 - 化学工学会東日本地区学生発表会 実行委員長
  • 2018/06 - 現在 公益財団法人塩事業センター 理事
  • 2018/06 - 現在 YUVEC 副理事長
  • 2018/03 - 化学工学会東日本地区学生発表会 実行委員長
全件表示
受賞 (8件):
  • 2019/03/13 - 公益社団法人 化学工学会 フェロー表彰
  • 2014/12/29 - インド化学工学会 APPB Dr. R A Mashelker Medal and CHEMCON 2014 Distinguished Speaker Award
  • 2012/03/14 - (公社)化学工学会創立75周年記念表彰
  • 2011/06 - 日本海水学会 第62年会 学術研究ポスターセッション ポスター大賞
  • 2008/03 - Outstanding Paper Award of 2007 Journal of Chemical Engineering of Japan
全件表示
所属学会 (4件):
日本混相流学会 ,  米国化学工学会 ,  日本海水学会 ,  化学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る