研究者
J-GLOBAL ID:200901024022322936   更新日: 2020年12月04日

潘 健民

ハン ケンミン | PAN Chien-min Kevin
研究分野 (1件): 会計学
研究キーワード (8件): コーポレート・ファイナンス ,  財務会計 ,  管理会計 ,  会計情報 ,  Fi ,  Corporate Governanceerial Accounting ,  Managnancial Accouting ,  Accounting Information
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • -
  • -
MISC (48件):
  • Masao Tsujiとの共同論文. Classification Shifting and Reporting Behaviors of Japanese Firms on Extraordinary Items. ワーキング・ペーパー. 2011
  • Classification Shifting and Reporting Behaviors of Japanese Firms on Extraordinary Items. coauthored with Masao Tsuji. 2011
  • 日本企業の実質活動による報告利益管理. 日本管理会計学会学会誌,「管理会計学」(2009年度日本管理会計学会学会賞<奨励賞>受賞論文). 2009. 17. 3 - 23
  • Essays on Earnings Management and Extraordinary Items(特別損益を巡る報告利益管理の研究). 早稲田大学大学院商学研究科,博士学位請求論文. 2009. 1 - 448
  • Japanese Firms’ Real Activities Earnings Management to Avoid Losses. Journal of Management Accounting, Japan(Best Research Paper by Young Scholar at Japanese Association of Management Accounting). 2009. 17. 3-23
もっと見る
書籍 (10件):
  • 2005年度版PCネットワーク利用ガイド
    早稲田大学メディアネットワークセンター 2005
  • User's Guide for PC and Network 2005 English Edition
    早稲田大学メディアネットワークセンター 2005
  • User's Guide for PC Network 2005 English Edition
    Media Network Center 2005
  • User's Guide for PC Network 2005 Edition (2005 nedo ban PC Network riyou gaido, in Japanese)
    Media Network Center 2005
  • 2004年度版PCネットワーク利用ガイド
    早稲田大学メディアネットワークセンター 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • Classification Shifting and Reporting Behaviors of Japanese Firms on Extraordinary Items
    (第34回欧州会計学会年次大会(The 34th Annual Congress of the European Accounting Association),ローマ,イタリア,2011年4月20-22日(2011年2月8日付受理) 2011)
  • Classification Shifting and Reporting Behaviors of Japanese Firms on Extraordinary Items
    (The 34th Annual Congress of the European Accounting Association, Rome, Italy, 20-22 April 2011(accepted by EAA on February 8, 2011). 2011)
  • Can Audit Committees Improve Earnings Quality?
    (第33回欧州会計学会年次大会(The 33rd Annual Congress of the European Accounting Association),イスタンブール,トルコ,2010年5月19-21日(2010年2月16日付受理) 2010)
  • Can Audit Committees Improve Earnings Quality?
    (The 33rd Annual Congress of the European Accounting Association, Istanbul, Turkey, 19-21 May 2010 (Accepted by EAA on February 16, 2010). 2010)
  • 臨時損益を用いた報告利益管理-日本企業にみられる利益数値と特別損益項目認識の関連性-
    (日本管理会計学会、2008年度全国大会(甲南大学) 2008)
もっと見る
学歴 (12件):
  • - 2009 早稲田大学 会計
  • - 2009 早稲田大学
  • - 2003 シカゴ大学 交換留学
  • - 2003 University of Chicago Exchange Ph.D. Candidate
  • - 2002 早稲田大学 ファイナンス
全件表示
経歴 (2件):
  • 2002 - 2005 Research Associate, Media Network Center, Waseda University, 2002-2005
  • 2002 - - 早稲田大学メディアネットワークセンター 助手
委員歴 (4件):
  • 2011 - 第34回欧州会計学会年次大会セッション・チェア(Chair, Financial Analysis Research Forum)
  • 2011 - Session Chair for the 34th Annual Congress of the European Accounting Association (Financial Analysis Research Forum), 2011
  • 2008/09 - Japanese Association for Management Accounting Ad hoc Referee
  • 2008/09 - 日本管理会計学会 学会誌査読者
受賞 (2件):
  • 2009 - 日本管理会計学会学会賞<奨励賞>
  • 2009 - Japanese Association of Management Accounting Research Paper Prize for Young Scholar
所属学会 (18件):
European Accounting Association ,  ディスクロージャー研究学会 ,  The International Association for Accounting Education and Research ,  アジア・国際経営戦略学会 ,  日本会計研究学会 ,  国際会計研究学会 ,  情報社会学会 ,  情報ネットワーク法学会 ,  日本管理会計学会 ,  European Accounting Association ,  Japanese Association for Research in Disclosure ,  The International Association for Accounting Education and Research ,  Asian and International Business Strategy Association ,  Japan Accounting Association ,  Japanese Association for International Accounting Studies ,  The Infosocionomics Society ,  The Information Network Law Association ,  Japanese Management Accounting Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る