研究者
J-GLOBAL ID:200901024141945828   更新日: 2021年06月01日

三浦 麻子

ミウラ アサコ | MIURA Asako
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 大阪大学  感染症総合教育研究拠点   科学情報・公共政策部門 副部門長・人間科学ユニット ユニット長
ホームページURL (1件): https://team1mile.com/asarinlab
研究分野 (5件): 計算科学 ,  政治学 ,  統計科学 ,  ヒューマンインタフェース、インタラクション ,  社会心理学
研究キーワード (14件): ビッグデータ ,  社会心理学 ,  政治行動 ,  再生可能性 ,  再現性 ,  努力の最小限化 ,  インターネット ,  情報検索 ,  多様性 ,  創発性 ,  CMC ,  類似性 ,  集団創造性 ,  集団過程
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2021 「要求特性」再訪:社会心理学データの生成過程の探究
  • 2015 - 2018 社会心理学研究の再現可能性検証のための日本拠点構築
  • 2013 - 2016 ソーシャルメディアによる情報伝播過程と社会的影響:大規模データに基づく実証的研究
  • 2011 - 2012 「莫高窟」を発掘する-オンラインコミュニティで「社会知」は醸成されたか
  • 2007 - 2010 インターネット上の知識共有コミュニティに関する実証的研究
全件表示
論文 (93件):
  • 三浦麻子. 新型コロナ時代のリスクコミュ ニケーション. 産業ストレス研究. 2021. 28. 3
  • 山縣芽生, 寺口司, 三浦麻子. COVID-19禍の日本社会と心理--2020年3月下旬実施調査に基づく検討--. 心理学研究. 2021
  • Aya Murayama, Asako Miura. Religiosity and Immanent Justice Reasoning: A Replication Study in Japan and the U.S. Japanese Psychological Research. 2021
  • Tetsuro Kobayashi, Asako Miura, Dani Madrid-Morales, Hiroshi Shimizu. Why are politically active people avoided in countries with collectivistic culture? A cross-cultural experiment. Journal of Cross-Cultural Psychology. 2021. 52. 4. 388-405
  • 金内さよ, 三浦麻子, 唐沢穣. 利己的行動・利他的行動は連鎖するか--独裁者ゲームを用いた実験的検討--. 心理学研究. 2021. 92. 1
もっと見る
MISC (80件):
  • 清水裕士, 三浦麻子, 小林哲郎. 潜在的自尊心の統計モデリング:diffusion IATを用いた推定. 日本行動計量学会第47回大会発表論文集. 2019
  • Opinion statement from Japanese psychologists. PsyArXiv. 2018
  • 三浦 麻子, 鳥海 不二夫, 小森 政嗣, 松村 真宏, 平石 界. ソーシャルメディアにおける災害情報の伝播と感情. JSAI大会論文集. 2018. 2014. 0. 1H3NFC02b2-1H3NFC02b2
  • 松村 真宏, 三浦 麻子, 小森 政嗣, 平石 界. 東日本大震災関連ツイートにおけるメディアと感情表現の関連. JSAI大会論文集. 2018. 2015. 0. 2B4NFC02b1-2B4NFC02b1
  • 三浦麻子, 小林哲郎. オンライン調査における努力の最小限化(Satisfice)傾向の比較: IMC違反率を指標として. メディア・情報・コミュニケーション研究. 2016. 1. 27-42
もっと見る
特許 (1件):
  • プロファイリングシステム,プロファイリング方法およびプログラム
書籍 (41件):
  • 越える・超える(シリーズ人間科学6)
    大阪大学出版会 2021
  • 異なる景色--新型コロナウイルス感染禍に際する感染経験者・医療受持者へのインタビュー記録
    2021
  • 計算社会科学入門
    丸善出版 2021 ISBN:9784621305966
  • AMOS, EQS, CALISによるグラフィカル多変量解析 : 目で見る共分散構造分析
    現代数学社 2020 ISBN:9784768705407
  • 心理学研究法 (公認心理師スタンダードテキストシリーズ 4)
    ミネルヴァ書房 2020 ISBN:4623086143
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1995 大阪大学 行動学専攻
  • 1992 - 1994 大阪大学 行動学専攻
  • 1988 - 1992 大阪大学 行動学専修
学位 (1件):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
経歴 (10件):
  • 2021/04 - 現在 大阪大学 感染症総合教育研究拠点 兼任教員(科学情報・公共政策部門 副部門長・人間科学ユニット ユニット長)
  • 2019/04 - 現在 放送大学 客員教授
  • 2019/04 - 現在 大阪大学 大学院人間科学研究科 教授
  • 2018/04 - 2019/03 大阪大学 大学院基礎工学研究科 特任教授(常勤)
  • 2009/04 - 2019/03 関西学院大学 文学部 総合心理科学科 教授
全件表示
委員歴 (27件):
  • 2021/04 - 現在 株式会社 原子力安全システム研究所 社会システム研究所 研究企画会議 委員
  • 2021/04 - 現在 日本グループ・ダイナミックス学会 理事
  • 2021/04 - 現在 日本社会心理学会 常任理事(広報担当)
  • 2019/08 - 現在 兵庫県赤穂市 市政特別アドバイザー
  • 2017/06 - 現在 日本心理学会 代議員・広報委員長
全件表示
受賞 (6件):
  • 2017/09 - 日本社会心理学会 第19回学会賞(奨励論文賞)
  • 2016/09 - 日本社会心理学会 第18回学会賞(奨励論文賞)
  • 2014/09 - 日本グループ・ダイナミックス学会 2013年度優秀論文賞
  • 2014/05 - 人工知能学会 全国大会(第28回)近未来チャレンジ「異種協調型災害情報支援システム実現に向けた基盤技術の構築」優秀論文
  • 2013/09 - 日本心理学会 第77回大会・学術大会優秀発表賞
全件表示
所属学会 (6件):
Association for Psychological Science ,  Society for Personality and Social Psychology ,  日本選挙学会 ,  日本グループ・ダイナミックス学会 ,  日本心理学会 ,  日本社会心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る