研究者
J-GLOBAL ID:200901024311626706   更新日: 2020年06月02日

久村 裕憲

クムラ ヒロノリ | KUMURA Hironori
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 数理解析学
研究キーワード (3件): 部分多様体 ,  スペクトル・散乱 ,  ラプラス作用素
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2014 - 部分多様体とラプラス作用素の幾何学
  • 2013 - 部分多様体とラプラス作用素の幾何学
  • 2012 - 部分多様体とラプラス作用素の幾何学
  • 2011 - 無限遠の幾何とラプラシアンのスペクトル・散乱・逆問題
  • 2010 - 無限遠の幾何とラプラシアンのスペクトル・散乱・逆問題
全件表示
論文 (15件):
  • 久村 裕憲. The behavior of the curvatures of ends and the spectral structure of the Laplace-Beltrami operator. Sugaku Expositions. 2013. 26. 2. 247-272
  • Hironori Kumura. Limiting absorption principle on manifolds having ends with various measure growth rate limits. Proceedings of the London Mathematical Society,. 2013. 107. (num). 517-548
  • Hironori Kumura. Perturbation of a warped product metric of an end and the growth property of solutions to eigenvalue problem. Kyoto Journal of Mathematics. 2012. 52. 249-276
  • Hironori Kumura. The radial curvature of an end that makes eigenvalues vanish in the essential spectrum II. BULLETIN OF THE LONDON MATHEMATICAL SOCIETY. 2011. 43. 5. 985-1003
  • Hironori Kumura. The radial curvature of an end that makes eigenvalues vanish in the essential spectrum I. MATHEMATISCHE ANNALEN. 2010. 346. 4. 795-828
もっと見る
MISC (12件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • ノンコンパクト多様体上のシュレーディンガー作用素
    (東北大学数学教室幾何セミナー 2010)
  • Ricci 曲率と離散スペクトルの無限性・有限性
    (日本数学会春季総合分科会 2010)
  • Absence of eigenvalues and convergence of radial curvatures to zero
    (日本数学会春季総合分科会 2010)
  • On the discrete spectrum of Schrodinger operator on noncompact Riemannian manifolds
    (日本数学会春季総合分科会 2009)
  • 異なる幾何を持つエンド達とラプラシアンのスペクトル構造 1回目 及び 2回目
    (双曲多様体上の微分方程式に関する超局所解析と幾何解析 2008)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る