研究者
J-GLOBAL ID:200901024496239657   更新日: 2020年05月21日

村上 佳津美

ムラカミ カツミ | Murakami Katsumi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 胎児医学、小児成育学 ,  腎臓内科学
研究キーワード (1件): 小児心身医学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 不登校児の治療について
  • 小児期の摂食障害患者について
論文 (6件):
もっと見る
MISC (6件):
  • 宮田 曠, 板橋 有香, 村上 佳津美, 井上 智弘, 井庭 慶典, 森口 直彦. 本年度流行のアデノウイルス(咽頭炎)感染症の臨床的特徴. 大阪感染症流行予測調査報告. 2004. 39. 14-19
  • 宮田 曠, 村上 佳津美, 岩佐 泰秀, 桑島 宏彰, 板橋 有香, 杉本 圭相. 乳児呼吸器感染症に伴う二次性乳糖不耐症. 大阪感染症流行予測調査報告. 2003. 38. 18-21
  • 宮田 曠, 村上 佳津美, 岩佐 泰秀, 永田 多恵子. 乳児自己免疫性好中球減少症の感染症. 大阪感染症流行予測調. 2002. 37. 45-49
  • 宮田 曠, 村上 佳津美, 岩佐 泰秀, 金崎 光治. 麻疹重症化要因の検討. 大阪府流行予測調査報告. 2001. 36. 61-63
  • 堺市における集団食中毒ののちに給食恐怖のために不登校に陥った1例. 第38回日本心身医学会総会で発表. 1997
もっと見る
書籍 (6件):
  • 今日の治療指針 TODAYS THERAPY, 不登校
    医学書院 2008
  • 今日の小児の治療指針, 不登校
    医学書院 2006
  • 子どもの心身症ガイドブック, 消化器系
    中央法規 2004
  • 小児外来診療のコツと落とし穴, アトピー性皮膚炎患児の母親に対する対応
    中山書店 2004
  • 小児外来診療のコツと落とし穴 メンタルヘルスケア, 心因性嘔吐の鑑別
    中山書店 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (39件):
  • 頸部膿瘍により診断がついた自己免疫性好中球減少症の1例
    (南大阪小児疾患研究会 2013)
  • 周期的に発熱を認める8歳男児例
    (堺小児症例検討会 2012)
  • Are “rhonchi “ just a low pitch wheezes denoting bronchial narrowing or rumbling sounds denoting retained bronchial secretion ?
    (35th Annual Meeting of International Lung Sound Association 2010)
  • Effect of procaterol inhalation on lung sounds and pulmonary function inwheezing aasthmatic patients
    (14th Congress of the APSR 2009)
  • 肺音と肺機能
    (第46回日本臨床生理学会総会 2009)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1986 近畿大学 医学部
学位 (1件):
  • 医学博士 (近畿大学)
委員歴 (2件):
  • 2002 - 日本心身医学会 代議員
  • 2002 - 小児心身医学会 理事
所属学会 (2件):
日本心身医学会 ,  小児心身医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る