研究者
J-GLOBAL ID:200901024641256778   更新日: 2018年04月23日

小林 盾

コバヤシ ジュン | KOBAYASHI Jun
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (6件): 社会学 ,  社会心理学 ,  社会階層 ,  家族 ,  社会調査法 ,  数理・計量社会学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2018 - 2021 ウェル・ビーイングのメカニズム解明への分析社会学アプローチ:データ分析と理論構築の有機的統合をとおして
  • 2017 - 2020 混合研究法による社会学方法論の新スタンダードの構築:データと理論の統合への挑戦
  • 2015 - 2019 少子化社会におけるライフコース変動の実証的解明:混合研究法アプローチ
  • 2014 - 2017 ライフコースの国際比較研究:多様性と不平等への社会学的アプローチ
  • 2014 - 2016 格差社会における幸福のメカニズムの調査研究:日独比較を中心として
全件表示
MISC (10件):
  • 小林盾. 社会規範の数理社会学に向けて. 理論と方法. 2002. 17. 2. 183-94
  • Jun Kobayashi. Unanimous Opinions in Social Influence Networks. Journal of Mathematical Sociology. 2001. 25. 3. 287-297
  • 小林盾. 3人以上でのゲームにおける進化的に安定な戦略. 理論と方法. 2000. 15. 1. 209-216
  • 小林盾. 合意形成における評価戦略の進化. 理論と方法. 2000. 15. 1. 181-196
  • 小林盾. 多様な評価原理からの全員一致:繰り返し評価形成モデル. 理論と方法. 1999. 14. 1. 125-140
もっと見る
書籍 (14件):
  • 集合的選択と社会的厚生
    勁草書房 2000 ISBN:978-4326501861
  • 社会学の古典理論:数理で蘇る巨匠たち
    勁草書房 2004 ISBN:978-4326601677
  • 社会をモデルでみる:数理社会学への招待
    勁草書房 2004 ISBN:978-4326601653
  • 社会調査の応用:量的調査編 社会調査士E・G科目対応
    2012
  • ソーシャル・メディアでつながる大学教育:ネットワーク時代の授業支援
    2013
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1988 - 1993 東京大学 文学部 社会学専修課程
  • 1993 - 1999 東京大学 人文社会系研究科
  • 1999 - 現在 シカゴ大学 社会学部博士課程
学位 (2件):
  • 博士候補(社会学) (シカゴ大学)
  • 修士(社会学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 1996/04 - 2002/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2001/08 - 2002/07 ユトレヒト大学研究員(オランダ政府奨学生)
  • 2005/04 - 2009/03 成蹊大学 専任講師
  • 2008/04 - 2010/03 大阪商業大学 嘱託研究員
  • 2013/12 - 2014/01 スタンフォード大学 客員教授
全件表示
委員歴 (20件):
  • 2015/09 - 現在 社会調査協会 広報委員会 副委員長
  • 2015/02 - 現在 国際社会学会 Rational Choice部会 理事
  • 2012/11 - 現在 日本社会学会 International Journal of Japanese Sociology 編集委員
  • 2010/07 - 現在 国際社会学会 Rational Choice部会 ニューズレター編集委員
  • 2015/04 - 2017/03 数理社会学会 編集理事,『理論と方法』編集委員長
全件表示
受賞 (2件):
  • 2015/03 - 日本NPO学会 優秀賞
  • 2002 - 数理社会学会賞
所属学会 (4件):
American Sociological Association ,  International Sociological Association ,  数理社会学会 ,  日本社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る