研究者
J-GLOBAL ID:200901024717858438   更新日: 2020年05月25日

高山 廣光

タカヤマ ヒロミツ | Takayama Hiromitsu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.p.chiba-u.jp/lab/skb/index.htmlhttp://www.p.chiba-u.jp/lab/skb/index_e.html
研究分野 (3件): 薬系化学、創薬科学 ,  環境、天然医薬資源学 ,  薬系化学、創薬科学
研究キーワード (7件): Alkaloid ,  Medicinal Chemistry ,  Organic Chemistry ,  Natural Product Chemistry ,  医薬化学 ,  有機化学 ,  天然物化学
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2017 - 2020 アルカロイド由来の新規有機不斉触媒と特定配列オリゴヌクレオチド認識分子の創製
  • 2016 - 2019 植物アルカロイドの探索と合成研究を基盤とした、疼痛および脳機能改善薬の創成
  • 2014 - 2017 天然オピオイド類の体内動態解明を目的としたSPECT用プローブの創製
  • 2013 - 2016 薬用資源植物を素材とした記憶と痛みを制御する天然分子の探索と創薬研究への展開
  • 2013 - 2015 ピロリジジンアルカロイド類分析用標準試薬の作製と分析法の検討
全件表示
論文 (330件):
  • Kitajima, M, Yamaguchi, Y, Yanagisawa,T, Kogure, N, Ogata, J, Kikura-Hanajiri, R, Takayama, H. Biphenyl quinolizidine lactone alkaloids from "sinicuichi" (Heimia salicifolia). Tetrahedron. 2019. 75. 27. 3733-3739
  • Sato, K, Kogure, N, Kitajima, M, Takayama, H. Total Syntheses of Pleiocarpamine, Normavacurine, and C-Mavacurine. Org. Lett. 2019. 21. 9. 3342-3345
  • Kaneko, H, Takahashi, S, Kogure, N, Kitajima, M, Takayama, H. Asymmetric Total Synthesis of Fawcettimine-Type Lycopodium Alkaloid, Lycopoclavamine-A. J. Org. Chem. 2019. 84. 9. 5645-5654
  • Kitajima, M, Okabe, K, Yoshida, M, Nakabayashi,R. Saito,K, Kogure, N, Takayama, H. New Otonecine-type Pyrrolizidine Alkaloid from Petasites japonicus. J. Nat. Med. 2019. 73. 3. 602-607
  • Wada, K, Kogure, N, Kitajima, M, Takayama, H. Concise Asymmetric Total Synthesis of Lycopodine and Flabelliformine via Cascade Cyclization Reaction. Tetrahedron Lett. 2019. 60. 2. 187-190
もっと見る
MISC (10件):
  • 中林 亮, 榊原 圭子, 松田 史生, 峠 隆之, 北島 満里子, 高山 廣光, 山崎 真巳, 斉藤 和季. シロイヌナズナにおける二つのMYB遺伝子同時過剰発現による遺伝子発現及びフラボノイド蓄積の効果. 日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集. 2010. 2010. 0. 868-868
  • 浅野 孝, 須藤 浩, 北島 満里子, 高山 廣光, 相見 則郎, 山崎 真巳, 斉藤 和季. リュウキュウイナモリ毛状根のエリシター等によるインドールアルカロイド生産制御. 日本生薬学会年会講演要旨集. 2004. 51回. 40-40
  • 松本 欣三, Taihyun Kang, 村上 孝寿, 東田 道久, 渡邉 裕司, 高山 廣光, 北島 満里子, 相見 則郎. I-074(30) 釣藤鈎アルカロイド成分リンコフィリン及びイソリンコフィリンの in vitro 海馬虚血モデルにおける神経保護作用とその機序. 和漢医薬学雑誌. 2003. 20. 0
  • 浅野 孝, 山崎 泰代, 浦野 晶子, 須藤 浩, 北島 満里子, 高山 廣光, 山崎 真巳, 相見 則郎, 斉藤 和季. サツマイナモリ属植物及びその組織培養物におけるアルカロイドプロファイリング. 日本生薬学会年会講演要旨集. 2003. 50回. 214-214
  • 北島 満里子, 丹羽 美苗, 柳沢 知恵子, 高山 廣光, 斉藤 和季, 山崎 真巳, 須藤 浩, 相見 則郎. アカネ科Ophiorrhiza pumila毛状根培養液中の成分探索. 日本薬学会年会要旨集. 2002. 122年会. 2. 130-130
もっと見る
特許 (18件):
  • オピオイド鎮痛剤
  • Indole alkaloid derivatives having opioid receptor agonistic effect, and therapeutic compositions and methods relating to same
  • Compound having activity of blocking NMDA receptor channel, and pharmaceutical agent using the same.
  • Compound having activity of blocking NMDA receptor channel, and pharmaceutical agent using the same.
  • Indole alkaloid derivatives having opioid receptor agonistic effect, and therapeutic compositions and methods relating to same
もっと見る
書籍 (26件):
  • 天然物の化学II
    東京化学同人 2018
  • トキシコロジー 第3版
    朝倉書店 2018
  • アルカロイドの科学
    化学同人 2017
  • スタンダード薬学シリーズII 3 化学系薬学 III. 自然が生み出す薬物
    東京化学同人 2016
  • パートナー天然物化学 改訂第3版
    南江堂 2016
もっと見る
Works (8件):
  • 熱帯産薬用資源植物の化学的研究
    1996 - 2006
  • 抗ウイルス剤の開発研究
    1995 - 1999
  • アルカロイドの不斉全合成
    高山 廣光
  • 天然物由来の抗腫瘍剤の開発研究
  • 違法ドラッグの乱用防止策に関する研究
もっと見る
学位 (1件):
  • 薬学博士 (千葉大学)
経歴 (5件):
  • 2004/04 - 2020/03 千葉大学 教授
  • 1994/10 - 2004/03 Chiba University Associate Professor
  • 1986/07 - 1994/09 Chiba University Assistant Professor
  • 1984/04 - 1986/06 Toyama Medical and Pharmaceutical University Assistant Professor
  • 1982/04 - 1984/03 Hannover University Posdoc. (Alexander von Humboldt Foundation)
委員歴 (5件):
  • 2019/04 - 2021/03 日本薬学会 副会頭
  • 2018/04 - 2019/03 日本薬学会 監事
  • 2017/04 - 2019/03 日本薬学会 医薬化学部会長
  • 2014/04 - 2016/03 日本薬学会 理事
  • 2014/04 - 2016/03 千葉大学大学院 薬学研究院長、薬学部長
受賞 (12件):
  • 2018/03 - The Pharmaceutical Society of Japan The Pharmaceutical Society of Japan Award
  • 2018/03 - 日本薬学会 学会賞
  • 2015/09 - The Japanese Society of Pharmacognosy The Japanese Society of Pharmacognosy Award
  • 2015/09 - 日本生薬学会賞
  • 2014/11 - 日本薬学会医薬化学部会 メディシナルケミストリーシンポジウム優秀賞
全件表示
所属学会 (9件):
German Chemical Society ,  American Chemical Society ,  日本化学会 ,  国際複素環学会 ,  日本生薬学会 ,  ドイツ化学会 ,  アメリカ化学会 (American chemical Society) ,  有機合成化学協会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る