研究者
J-GLOBAL ID:200901024717858438   更新日: 2024年07月15日

高山 廣光

タカヤマ ヒロミツ | Takayama Hiromitsu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.p.chiba-u.jp/lab/skb/index.htmlhttp://www.p.chiba-u.jp/lab/skb/index_e.html
研究分野 (3件): 薬系化学、創薬科学 ,  環境、天然医薬資源学 ,  薬系化学、創薬科学
研究キーワード (7件): Alkaloid ,  Medicinal Chemistry ,  Organic Chemistry ,  Natural Product Chemistry ,  医薬化学 ,  有機化学 ,  天然物化学
競争的資金等の研究課題 (35件):
  • 2017 - 2021 生合成を模倣するモノテルペノイドインドールアルカロイド類の集団的全合成研究
  • 2017 - 2020 アルカロイド由来の新規有機不斉触媒と特定配列オリゴヌクレオチド認識分子の創製
  • 2016 - 2019 植物アルカロイドの探索と合成研究を基盤とした、疼痛および脳機能改善薬の創成
  • 2013 - 2017 水中バイオインスパイアード反応を駆使した生物活性アルカロイドの化学的研究
  • 2014 - 2017 天然オピオイド類の体内動態解明を目的としたSPECT用プローブの創製
全件表示
論文 (400件):
  • Ryu Mochizuki, Akane Kobayashi, Hiromitsu Takayama, Toshihiko Toida, Yasumitsu Ogra. Simultaneous determination of intracellular reduced and oxidized glutathiones by the König reaction. Analytical Methods. 2023. 15. 28. 3426-3431
  • Jichen Wang, Hideyuki Suzuki, Nanako Nakashima, Mariko Kitajima, Hiromitsu Takayama, Kazuki Saito, Mami Yamazaki, Naoko Yoshimoto. Identification of a regiospecific <i>S</i>-oxygenase for the production of marasmin in traditional medicinal plant <i>Tulbaghia violacea</i>. Plant Biotechnology. 2022. 39. 3. 281-289
  • Shinya Shiomi, Kaewsri Wilailak, Wataru Soutome, Hiromitsu Takayama, Mariko Kitajima, Hayato Ishikawa. Asymmetric Total Synthesis and Structure Elucidation of Huperzine H. The Journal of Organic Chemistry. 2022. 87. 5. 3730-3735
  • A. Saito, C. Fujita, N. Kogure, N. T. Vung, L. A. Hao, H. Takayama, M. Kitajima. New monoterpenoid indole alkaloids from Gelsemium elegans seeds. Tetrahedron. 2022. 104. 2. 132572-132572
  • T. Onozawa, N. Kogure, H. Takayama, M. Kitajima. Elucidation of Absolute Configuration of Ophiorrhiside A by Comparison of ECD Spectra with That of Model Chiral Compound Having a 1,2,3,4-Tetrahydro-β-carbolin-3-on Skeleton. Heterocycles. 2021. 102. 1. 35-43
もっと見る
MISC (56件):
もっと見る
特許 (19件):
  • オピオイド鎮痛剤
  • Indole alkaloid derivatives having opioid receptor agonistic effect, and therapeutic compositions and methods relating to same
  • Compound having activity of blocking NMDA receptor channel, and pharmaceutical agent using the same.
  • Compound having activity of blocking NMDA receptor channel, and pharmaceutical agent using the same.
  • Indole alkaloid derivatives having opioid receptor agonistic effect, and therapeutic compositions and methods relating to same
もっと見る
書籍 (31件):
  • New Tide of Natural Product Chemistry
    Springer 2023 ISBN:9789819917136
  • 創薬化学のすゝめ
    日本薬学会 2023
  • 漢方薬・生薬薬剤師講座テキスト 第5版
    日本薬剤師研修センター 2021
  • The Alkaloids: Chemistry and Biology Vol.82
    Academic Press 2019
  • 天然物の化学II
    東京化学同人 2018
もっと見る
Works (8件):
  • 熱帯産薬用資源植物の化学的研究
    1996 - 2006
  • 抗ウイルス剤の開発研究
    1995 - 1999
  • アルカロイドの不斉全合成
    高山 廣光
  • 天然物由来の抗腫瘍剤の開発研究
  • 違法ドラッグの乱用防止策に関する研究
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1982 千葉大学 薬学研究科 後期博士課程
  • - 1977 千葉大学 薬学部 製薬化学科
学位 (1件):
  • 薬学博士 (千葉大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 千葉大学
  • 2004/04 - 2020/03 千葉大学 大学院薬学研究院 教授
  • 1994/10 - 2004/03 千葉大学 薬学部 助教授
  • 1986/07 - 1994/09 千葉大学薬学部 助手
  • 1982/04 - 1984/03 Hannover University Institute of Organic Chemistry Posdoc. (Alexander von Humboldt Foundation)
委員歴 (16件):
  • 2020/04 - 現在 富山大学和漢医薬学総合研究所 運営協議会委員
  • 2019/04 - 2021/03 日本薬学会 副会頭
  • 2018/04 - 2019/03 The Pharmaceutical Society of Japan Controller
  • 2018/04 - 2019/03 日本薬学会 監事
  • 2017/04 - 2019/03 日本薬学会 医薬化学部会長
全件表示
受賞 (13件):
  • 2024/03 - 日本薬学会 日本薬学会名誉会員
  • 2018/03 - The Pharmaceutical Society of Japan The Pharmaceutical Society of Japan Award
  • 2018/03 - 日本薬学会 学会賞
  • 2015/09 - The Japanese Society of Pharmacognosy The Japanese Society of Pharmacognosy Award
  • 2015/09 - 日本生薬学会賞
全件表示
所属学会 (9件):
German Chemical Society ,  American Chemical Society ,  日本化学会 ,  国際複素環学会 ,  日本生薬学会 ,  ドイツ化学会 ,  アメリカ化学会 (American chemical Society) ,  有機合成化学協会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る