研究者
J-GLOBAL ID:200901024720336400   更新日: 2020年10月28日

首藤 佐智子

シュドウ サチコ | Shudo Sachiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.f.waseda.jp/shudo/http://www.f.waseda.jp/shudo/
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (1件): 語用論、社会言語学、法と言語
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2018 - 2021 発話行為の誠実性条件を伝達する音声特性の解明: 謝罪発話の音声分析
  • 2015 - 2018 取調過程の言語使用の実証的・学際的分析により言語研究の社会的寄与を目指す研究
  • 2014 - 2018 場の言語学の構築: 場と意味の創発
  • 2014 - 2018 司法コンテクストにおける言語使用の言語学的分析
  • 2014 - 2017 場の言語学の構築: 場と意味の創発
全件表示
論文 (41件):
もっと見る
MISC (1件):
  • 首藤佐智子. 書評:堀田秀吾「法コンテキストの言語理論」. 法と心理. 2011. 10:1
書籍 (4件):
  • 『法と言語-法言語学へのいざない』橋内武・堀田秀吾 (編) 第10章
    くろしお出版 2012
  • 『法と言語-法言語学へのいざない』橋内武・堀田秀吾 (編) 第9章
    くろしお出版 2012
  • Trademark Distinctiveness in a Global Context
    Intellectual Property Rights: A Global Vision. S.K. Verma & R. Mittal. (eds.) 2003
  • The Presupposition and Discourse Functions of the Japanese Particle Mo
    Routledge 2002
講演・口頭発表等 (23件):
  • Politeness Paradox: A Highly Intersubjective Presupposition Is Hard to Manipulate
    (The English Linguistic Society of Japan 3rd International Spring Forum 2010 2010)
  • 言語形式を通して伝達される「場」に依存する情報
    (待遇コミュニケーション学会第12回春季大会 2010)
  • 評議における力関係構築の語用論的考察
    (日本語用論学会第12回大会 2009)
  • Even: expectation and beyond
    (日本語用論学会第12回大会 2009)
  • 言語使用のメタ認知的内省の情報資源としてのインターネット: 前提条件再構築の検討を例として
    (日本認知科学会第26回大会 2009)
もっと見る
Works (2件):
  • 日本経済新聞2004年6月23日経済教室「利益相反の『管理』目指せ:ガイドライン必要」
    2004 -
  • 科学技術振興調整費成果報告書「技術移転の進化モデルの開発と法制度整備」
    2004 -
学歴 (5件):
  • 1990 - 1998 ジョージタウン大学
  • 1988 - 1989 デラウエア大学 English Language Studies
  • 1986 - 1987 デラウエア大学
  • 1979 - 1983 上智大学 社会学科
  • 1979 - 1983 上智大学 社会学科
学位 (1件):
  • 言語学博士 (米国ジョージタウン大学)
経歴 (1件):
  • 1999 - 2005 東京大学先端科学技術研究センター客員研究員
委員歴 (2件):
  • 2015/04 - 現在 日本語用論学会 運営委員
  • 2009 - 法と言語学会 理事
受賞 (1件):
  • 2002 - Routledge Outstanding Linguistics Dissertation (2002)
所属学会 (6件):
法と言語学会 ,  日本語用論学会 ,  社会言語科学会 ,  日本言語学会 ,  国際法言語学会 ,  国際語用論学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る