研究者
J-GLOBAL ID:200901024982789570   更新日: 2019年12月10日

井上 克巳

イノウエ カツミ | Katsumi Inoue
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (2件): http://research.nii.ac.jp/il/http://research.nii.ac.jp/il/
研究分野 (4件): 計算科学 ,  数理情報学 ,  知能情報学 ,  生命・健康・医療情報学
研究キーワード (14件): 知識表現 ,  推論 ,  結論発見 ,  アブダクション ,  論理プログラミング ,  解集合プログラミング ,  帰納論理プログラミング ,  知識発見 ,  機械学習 ,  人工知能 ,  マルチエージェントシステム ,  レジリエンス ,  システム生物学 ,  ブーリアン・ネットワーク
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2018 - 2022 テンソル空間における巨大知識グラフのための高次推論技術の開発
  • 2017 - 2021 状態遷移列からの関係ダイナミクス学習
  • 2017 - 2021 動的環境におけるロバストなチーム編成に関する研究
  • 2016 - 2019 SATを基盤とした新しい制約プログラミングシステムの研究開発
  • 2014 - 2020 ダイナミック環境下における意図認識に関する研究
全件表示
論文 (400件):
  • Yin Jun Phua, Katsumi Inoue. Learning Logic Programs from Noisy State Transition Data. In: Dimitar Kazakov (ed.), Inductive Logic Programming: Proceedings of the 29th International Conference (ILP 2019; Plovdiv, Bulgaria, September 3-5, 2019), Lecture Notes in Artificial Intelligence,. 2019. to appear
  • Gauvain Bourgne, Yutaro Totsuka, Nicolas Schwind, Katsumi Inoue. Identifying Belief Sequences in a Network of Communicating Agents. In: Principles and Practice of Multi-Agent Systems: Proceedings of the 22nd International Conference (PRIMA 2019; Turin, Italy, October 28-31, 2019), Lecture Notes in Artificial Intelligence,. 2019. 11873. 370-386
  • Chiaki Sakama, Katsumi Inoue. Ordering Argumentation Frameworks. In: Gabriele Kern-Isberner, Zoran Ognjanović (eds), Symbolic and Quantitative Approaches to Reasoning with Uncertainty: Proceedings of the 15th European Conference (ECSQARU 2019; Belgrade, Serbia, Sep 18-20, 2019), Lecture Notes in Artificial Intelligence. 2019. 11726. 87-98
  • Chiaki Sakama, Katsumi Inoue, Tony Ribeiro. Learning Inference Rules from Data. Künstliche Intelligenz. 2019. 33. 3. 267-278
  • Nicolas Schwind, Katsumi Inoue, Sébastien Konieczny, Jean-Marie Lagniez, Pierre Marquis. What Has Been Said? Identifying the Change Formula in a Belief Revision Scenario. In: Proceedings of the 28th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI-19). 2019. 1865-1871
もっと見る
MISC (114件):
  • 井上 克巳, 坂間 千秋, 佐藤 泰介. 推論とAI プログラミング. 人工知能学会誌. 2019. 34. 5. 703-713
  • Ali A. Atiia, Corbin Hopper, Katsumi Inoue, Silvia Vidal, Jérôme Waldispüh. Computational Intractability Law Molds the Topology of Biological Networks. bioRxiv. 2019. 510495
  • Tobias Kaminski, Thomas Eiter, Katsumi Inoue. Exploiting Answer Set Programming with External Sources for Meta-Interpretive Learning. arXiv:1805.00068. 2018
  • Katsumi Inoue. Learning Programs from Observations. In: Ute Schmid, Stephen H. Muggleton and Rishabh Singh (eds.), Approaches and Applications of Inductive Programming (Dagstuhl Seminar 17382), Dagstuhl Reports. 2018. 7. 9
  • 番原 睦則, 井上 克巳, ベンジャミン カウフマン, トルステン シャウブ, 宋 剛秀, 田村 直之, フィリップ ワンコ. 解集合プログラミングによるカリキュラムベース・コース時間割編成. 第29回RAMPシンポジウム論文集. 2017. 73-88
もっと見る
書籍 (18件):
  • Studies on Abductive and Nonmonotonic Reasoning. Doctoral Dissertation, Kyoto University, Kyoto
    1992
  • Javaによる分散協調制約解消システム
    IPA未踏ソフトウェア創造事業 成果報告書 2004
  • Javaによる分散協調制約解消システム. IPA未踏ソフトウェア創造事業 成果報告書
    2004
  • 結論発見プログラムに基づく知識発見に関する研究.平成14年度〜平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書 (17300051)
    2005
  • 結論発見プログラムに基づく知識発見に関する研究
    平成14年度~平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書 (17300051)) 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (121件):
  • 制約充足問題のSAT符号を用いたパッキング配列の構成
    (人工知能学会第26回全国大会(JSAI 2012))
  • Incorporating Lemmas into Consequence-finding Procedure SOL
    (Dagstuhl-Seminar 01101 ``Deduction'' 2001)
  • Speculative Computation by Consequence Finding
    (Dagstuhl-Seminar 02481 ``Programming Multi Agent Systems based on Logic'' 2002)
  • Towards a Heterogeneous Constraint Solving System on the Grid
    (The 1st Franco-Japanese Workshop on Constraint Programming (FJCP 2004) 2004)
  • A Competitive and Cooperative Approach to SAT
    (Symposium on Discrete Algorithms and Optimization 2004)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1978 - 1982 京都大学 工学部 数理工学科
  • 1982 - 1984 京都大学 大学院工学研究科 数理工学専攻
  • - 1993 京都大学 大学院工学研究科 博士(工学)
学位 (1件):
  • 博士(工学)
経歴 (9件):
  • 1984/04 - 1993/03 松下電器産業
  • 1986/10 - 1993/03 新世代コンピュータ技術開発機構
  • 1993/04 - 1997/03 豊橋技術科学大学 工学部
  • 1997/04 - 2004/03 神戸大学 工学部
  • 2008/04 - 2012/03 東京工業大学大学院 客員教授
全件表示
委員歴 (69件):
  • 2019/12 - 現在 The 18th International Conference on Computational Methods in Systems Biology (CMSB 2020) Member of Program Committee
  • 2019/09 - 現在 The 29th International Joint Conference on Artificial Intelligence and the 17th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (IJCAI-PRICAI 2020) Senior Program Committee member
  • 2018/06 - 現在 NII Shonan Meeting 157: “Formal Methods for the Synthesis of Biomolecular Circuits” Co-Organizer
  • 2017/09 - 現在 Atlanstic 2020, France Member of Scientific Committee
  • 2017/04 - 現在 (一社)人工知能学会 代議員
全件表示
受賞 (27件):
  • 2019/11 - ILP 2019: 29th International Conference on Inductive Logic Programming, Best Student Paper Award Learning Logic Programs from Noisy State Transition Data
  • 2018/09 - 情報処理学会 情報処理学会論文誌・特選論文 "SAT技術を用いたペトリネットのデッドロック検出手法の提案"
  • 2018/07 - The 34th International Conference on Logic Programming (ICLP 2018) Best Paper Award "Exploiting Answer Set Programming with External Sources for Meta-Interpretive Learning"
  • 2017/08 - KSEM 2017: The 10th International Conference on Knowledge Science, Engineering and Management Best Paper Award "Linear Algebraic Characterization of Logic Programs"
  • 2016/09 - 日本ソフトウェア科学会 第20回研究論文賞(2015年度) "パッキング配列問題の制約モデリングとSAT符号化"
全件表示
所属学会 (4件):
人工知能学会 ,  日本ソフトウェア科学会 ,  情報処理学会 ,  AAAI
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る