研究者
J-GLOBAL ID:200901025043916280   更新日: 2020年01月17日

稲垣 怜史

INAGAKI Satoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.kubota.ynu.ac.jp/
研究分野 (3件): 触媒・資源化学プロセス ,  デバイス関連化学 ,  反応工学・プロセスシステム
研究キーワード (4件): 触媒調製化学 ,  触媒機能解析 ,  反応速度 ,  反応機構
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2015 - 2016 コバルトの触媒作用を活かした規則性メソポーラスカーボン電極の調製法の開発
  • 2014 - 2015 ゼオライト触媒と金属酸化物のメカノケミカル複合化
  • 2014 - 2015 触媒化学を駆使したエネルギーストレージカーボンの創製
  • 2013 - 2014 グラファイトナノドメインを内包する規則性メソポーラスカーボンの調製法の開発
  • 2013 - 2014 金属触媒作用を利用した規則性メソポーラスカーボンのグラファイト化による電気二重層キャパシタの高容量化
全件表示
論文 (63件):
  • Yoko Hirano ,Yoshiki Iba ,Naoto Kuroda ,Yoshihiro Kubota , Satoshi Inagaki. Catalytic Carbonization of Acenaphthene for the Preparation of Ordered Mesoporous Carbon CMK-1 toward Application as Electrochemical Double-layer Capacitor Electrode with Ionic Liquid Electrolyte. CSJ Journals. 2019. Vol.48. No.6. 521-524
  • Naoto Nakazawa,Yuka Yoshida,Satoshi Inagaki,Yoshihiro Kubota. Synthesis of novel aluminosilicate YNU-5 and enhancement of theframework thermal stability by post-synthesis treatment. Microporous and Mesoporous Materials. 2019. 280. 66-74
  • Yoko Hirano, Yoshiki Iba, Naoto Kuroda, Yoshihiro Kubota, Satoshi Inagaki. Catalytic carbonization of acenaphthene for the preparation of ordered mesoporous carbon CMK-1 toward application as electrochemical double-layer capacitor electrode with ionic liquid electrolyte. Chemistry Letters. 2019
  • 稲垣怜史,朴成植,山崎弘史,野村淳子,窪田好浩. Investigation of the acidic nature of MCM-68 zeolite based on the adsorption of CO and bulky probe molecules. Microporous and Mesoporous Materials. 2018. 272. 16-23
  • Hikaru Saito, Satoshi Inagaki, Kiria Kojima, Qiao Han, Tomohiro Yabe, Shuhei Ogo, Yoshihiro Kubota, Yasushi Sekine. Preferential dealumination of Zn/H-ZSM-5 and its high and stable activity for ethane dehydroaromatization. Applied Catalysis A: General. 2018. 249. 76-81
もっと見る
MISC (13件):
  • 稲垣怜史. シェールガス・石炭の化学品原料への変換に関わる学術研究の最先端. 化学と教育. 2018. 66. 2. 64-67
  • 稲垣怜史,近藤 裕毅, 平野 燿子, 中尾 太一, 窪田 好浩. 昇温脱離法を用いた金属触媒を含む規則性メソポーラスカーボンの炭素化過程の観察. 炭素. 2017. 2017. 280. 211-214
  • 稲垣 怜史. 金属触媒作用による規則性メソポーラスカーボン電極の炭素化・グラファイト化. 触媒. 2016. 58. 4. 210-213
  • 稲垣 怜史. ゼオライト微細構造の変換による触媒の高機能化. 触媒. 2016. 58. 4. 189-192
  • 稲垣怜史,窪田好浩. ZSM-5ゼオライトの脱アルミニウム挙動-パラフィンのクラッキングとの相関-. 触媒. 2015. 57. 2. 113-119
もっと見る
特許 (3件):
  • 電気二重層キャパシタ用炭素系電極の製造方法
  • 微細ゼオライトの製法
  • パラフィンの接触分解法
書籍 (2件):
  • CSJカレントレビュー3 革新的な多孔質材料 -空間をもつ機能性物質の創成-
    化学同人 2010 ISBN:4759813632
  • ナノ空間材料ハンドブック
    (株)エヌ・ティー・エス 2016 ISBN:9784860434335
学位 (1件):
  • 博士(工学) (早稲田大学)
経歴 (5件):
  • 2003/04 - 2005/03 早稲田大学 助手
  • 2005/04 - 2006/12 科学技術振興機構(JST) 博士研究員
  • 2007/01 - 2007/03 東京工業大学 助手
  • 2007/04 - 2007/12 東京工業大学 助教(呼称変更)
  • 2008/01 - 2012/03 横浜国立大学 特任教員(助教)
受賞 (2件):
  • 2016/03/21 - (一社)触媒学会 平成27年度 触媒学会奨励賞 ゼオライト微細構造の変換による触媒の高機能化
  • 2012/05/24 - (社)石油学会 平成23年度 石油学会奨励賞(コスモ石油賞) MCM-22およびベータゼオライト触媒の合成・高性能化に関する研究
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る