研究者
J-GLOBAL ID:200901025435256075   更新日: 2020年05月27日

佐渡 敬

サド タカシ | Sado Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/epigeneticskindai/home
研究分野 (1件): 遺伝学
研究キーワード (4件): クロマチン ,  ノンコーディングRNA ,  エピジェネティクス ,  X染色体不活性化
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2017 - 2019 ヘテロクロマチン形成におけるXist RNA作動エレメントの役割
  • 2016 - 2017 ヘテロクロマチン形成とクロマチン環境
  • 2014 - 2015 染色体活性制御と偽ヘテロクロマチン化の相関
  • 2014 - 2015 長鎖ノンコーディングRNAのクロマチンターゲティング
  • 2013 - 2015 エピゲノムの維持と破綻のメカニズム
全件表示
論文 (17件):
  • Hosoi, Y, Soma M, Shiura, H, Sado, T, Hasuwa, H, Abe, K, Kohda, K, Ishino, F, Kobayashi, S. Female mice lacking Ftx lncRNA exhibit impaired X-chromosome inactivation and a microphthalmia-like phenotype. Nat. Commun. 9: 3829. 2018
  • Sakakibara Y, Nagao K, Blewitt M, Sasaki H, Obuse C, Sado T. Role of SmcHD1 in establishment of epigenetic states required for the maintenance of the X-inactivated state in mice. Development (Cambridge, England) 145: dev166462 doi: 10.1242/dev.166462. 2018
  • Fukuda A, Mitani A, Miyashita T, Sado T, Umezawa A, Akutsu H. Maintenance of Xist Imprinting Depends on Chromatin Condensation State and Rnf12 Dosage in Mice. PLoS genetics. 2016. 12. 10. e1006375
  • †Amakawa, Y, Sakata, Y, Hoki, Y, Arata, S, Shioda, S, Fukagawa, T, Sasaki, H, Sado, T. A new Xist allele driven by a constitutively active promoter is dominated by Xist locus environment and exhibits the parent-of-origin effects. Development. 2015. 142. 24. 4299-4308
  • Sarkar, M, Gayen, S, Kumar, S, Maclary, E, Buttigieg, E, Hinten, M, Kumari, A, Harris, C, Sado, T, Kalantry, S. An Xist Activating Antisense RNA Required for X-chromosome Inactivation. Nature comm. 2015. 6. 8564-ST008028
もっと見る
書籍 (4件):
  • X-Chromosome Inactivation
    Human Press (Springer Nature) 2018 ISBN:9781493987658
  • Encyclopedia of Reproduction 2nd Edition
    Academic Press (Elsevier) 2018 ISBN:9780128118993
  • エピジェネティクス実験スタンダード
    羊土社 2017 ISBN:9784758101998
  • 遺伝子発現制御機構 クロマチン,転写制御,エピジェネティクス
    東京化学同人 2017 ISBN:9784807909179
学歴 (3件):
  • 1989 - 1995 北海道大学大学院理学研究科動物学専攻
  • 1985 - 1989 北海道大学 理学部 生物学科(動物)
  • 北海道大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (北海道大学)
経歴 (4件):
  • 2014/04 - 現在 近畿大学 教授
  • 2000/04 - 2014/04 総合研究大学院大学助手(併任)
  • 1999/05 - 2014/04 国立遺伝学研究所助手
  • 2009/05 - 2014/03 九州大学 生体防御医学研究所 准教授
委員歴 (2件):
  • 2018/05 - 現在 日本エピジェネティクス研究会 幹事
  • 2015 - 現在 日本遺伝学会 評議員
受賞 (1件):
  • 2006/09 - 日本遺伝学会 奨励賞
所属学会 (4件):
日本エピジェネティクス研究会 ,  日本RNA学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本遺伝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る