研究者
J-GLOBAL ID:200901025446648528   更新日: 2020年08月30日

竹中 基

タケナカ モトイ | Takenaka Motoi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 皮膚科学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • -
  • -
論文 (4件):
  • 江原大輔, 宿輪哲生, 原 肇秀, 竹中 基, 室田浩之. 病理組織学的に皮膚T細胞性リンパ腫との鑑別を必要とした疥癬. 皮膚病診療. 2018. 40. 11. 1123-1126
  • 本多 舞, 富村沙織, 竹中 基. 繰り返す外陰部潰瘍を呈し、診断に苦慮した固定薬疹の1例. 皮膚科の臨床. 2018. 60. 10. 1623-1626
  • 村山直也, 小池雄太, 田崎典子, 鍬塚 大, 富村沙織, 竹中 基, 宇谷厚志. 下肢にdissuse large B-cell ymphomaを生じ、Epstain-Barr virus再活性化の関与が疑われたメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例. 西日本皮膚科. 2018. 80. 3. 214-218
  • 本多 舞, 竹中 基. 調理師、魚屋の職業性魚介アレルギー. Derma. 2018. 277. 47-52
MISC (61件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 皮膚科外来グリーンノート
    中外医学社 2018
  • What's New in 皮膚科学 2018-2019
    メディカルレビュー社 2018
講演・口頭発表等 (29件):
  • 爪白癬の診療経験
    (第70回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2018)
  • 長崎市内一中高一貫校柔道部における頭部白癬検診
    (第85回九州真菌懇話会 2018)
  • Epidemiological survey of Microsporum canis infection diagnosed at Nagasaki University Hospital for 20 years (1996-2015)
    (Congress of the International Society for Human and Animal Mycology 2018)
  • 爪白癬の診療経験~クレナフィンの使用経験を含めて~
    (第117回日本皮膚科学会総会 2018)
  • 長崎大学で同定したMicrosprum canis (M.canis)感染症の検討
    (日本皮膚科学会第100回栃木地方会 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • アトピー性皮膚炎の痒みの発生機序の解明と新規治療法の開発
    2009 - 2012
学歴 (4件):
  • - 1995 長崎大学 皮膚科学
  • - 1995 長崎大学
  • - 1989 長崎大学
  • - 1989 長崎大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (長崎大学)
経歴 (6件):
  • 1999 - 2003 長崎大学医学部附属病院 助手
  • 1999 - 2003 Research Associate,University Hospital Attached to the School of Medicine ,Nagasaki University
  • 2003 - 長崎大学医学部附属病院 講師
  • 2003 - Lecturer,University Hospital Attached to the School of Medicine ,Nagasaki University
  • 1995 - 1998 長崎大学医学部附属病院 助手
全件表示
所属学会 (5件):
日本皮膚科学会 ,  日本皮膚免疫アレルギー学会 ,  日本研究皮膚科学会 ,  日本医真菌学会 ,  日本アレルギー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る