研究者
J-GLOBAL ID:200901026058926385   更新日: 2015年03月26日

野中 資博

ノナカ ツグヒロ | Nonaka Tsuguhiho
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://zoukou.life.shimane-u.ac.jp/ruraleng/shisetsuken/nonaka/index.html
研究分野 (2件): 地域環境工学、農村計画学 ,  土木材料、施工、建設マネジメント
研究キーワード (2件): コンクリート工学 ,  水利施設工学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2013 - 2015 宍道湖における水草、ヨシ等の有効な活用及び処理方法に関する研究
  • 2010 - 2012 管路更生工法の性能規定化における照査技術の開発
  • 2007 - 2011 水環境修復と地域未利用資源活用を包括した機能性材料の開発
  • 2004 - 2006 農業水利施設の性能設計・性能施工に関する研究
  • 2002 - 2004 「高度水処理材料の複合化と循環利用に関する研究開発」
MISC (30件):
書籍 (4件):
  • コンクリート工学ハンドブック
    朝倉書店(東京) 2009 ISBN:9784254260137
  • 機能保全における性能設計入門「1.性能設計の現状」
    農業農村工学会(東京) 2008
  • 2.防食被覆の性能設計 「上下水道施設のコンクリート防食実務」所収
    森北出版株式会社 2005 ISBN:4627495919
  • 1.コンクリート構造物の特徴 「上下水道施設のコンクリート防食実務」所収
    森北出版株式会社 2005 ISBN:4627495919
講演・口頭発表等 (84件):
  • 産業副産物を複合利用した機能性覆砂材の安全性評価とLCC評価
    (平成21年度第6回土木学会中国支部島根会研究・事例発表会 2010)
  • 地域未利用資源を用いたポーラスコンクリート型濾材のリン除去能力に関する基礎的研究
    (平成21年度第6回土木学会中国支部島根会研究・事例発表会 2010)
  • 機能性覆砂材の配合と基本的性能に関する検討
    (平成21年度第6回土木学会中国支部島根会研究・事例発表会 2010)
  • Verification of applicability of design manners to SPR method for systemized design procedure
    (13th International Congress on Polymers in Concrete 2010)
  • 廃瓦機能性覆砂材の開発とその特性に関する基礎的研究
    (第64回農業農村工学会中国四国支部講演会 2009)
もっと見る
学位 (1件):
  • 農学博士 (京都大学)
委員歴 (4件):
  • 2013 - 2014 地域活性学会 理事・副会長
  • 2010 - 2014 日本雨水資源化システム学会 理事
  • 2004 - 2013 評議員2004年~2013年副学部長(地域連携担当)2012年~2013年学長特別補佐(大学改革担当)2012年~地域課題学習支援センター長 2013年~
  • 2011 - 2012 日本コンクリート工学会・コンクリート年次大会委員会 生コンセミナー部会委員
所属学会 (3件):
日本雨水資源化システム学会 ,  日本コンクリート工学会・コンクリート年次大会委員会 ,  地域活性学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る