研究者
J-GLOBAL ID:200901026187257651   更新日: 2020年08月27日

小林 悌二

コバヤシ テイジ | Kobayasi Teiji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 数理物理、物性基礎 ,  半導体、光物性、原子物理 ,  数理物理、物性基礎 ,  半導体、光物性、原子物理
研究キーワード (2件): 固体物性I(光物性・半導体・誘電体) ,  物性一般(含基礎論)
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 半導体電子物性論とその応用
  • 半導体中の陽電子消滅におけるガンマ線角相関の理論
  • 化合物半導体の運動量空間における電子分布
  • 半導体電子構造の擬ポテンシャル理論
MISC (63件):
書籍 (5件):
  • Coupling of Positron Annihilation and Compton Scattering : A Theoretical Possibility to Analyze Positron Distribution Through Atom-like Local Patterns Appearing in Positron Annihilation A(r)-and Compton Scattering B(r)-Function
    Positron Annihilation (edt.W.Triftshauser,G.Koegel and P.Sperr, Trans Tech Publ.) 2001
  • "Compton Microscope Effect"? : Image of Intra-Unit-Cell Atom Theoretically observed in Compton B(r)-Function
    Electron, Spin and Momentum Densities and Chemical Reactivity(Kluwer Academic Publishers) 2000
  • Improvement of Theoretical ACAR of Semiconductors Including High Momentum Region
    Improvement of Theoretical ACAR of Semiconductors Including High Momentum Region Positron Annihilation : Part2 (Trans Tech Publications) 1995
  • Coexistence of Metallic and Covalent Bonding Characters in Pressure-Induced NaCl-Type InSb
    Solid State Physics under Pressure - Pecent Advance with Anvil Devices - (D.Reidel Publishing Company) 1985
  • Angle-Resolved Photoemission Spectra of Copper and Nickel
    Inner-Shell and X-Ray Physics of Atoms and Solids, Plenum Press 1981
Works (3件):
  • コンプトン散乱法による半導体価電子結合性の解析
    1998 -
  • 運動量分布による半導体電子構造の理論的・実験的研究
    1993 - 1996
  • 半導体における陽電子消滅の擬ポテンシャル理論
    1989 -
学歴 (2件):
  • - 1969 東北大学 理学研究科 物理学
  • - 1964 東北大学 理学部 物理学
学位 (2件):
  • 理学博士 (東北大学)
  • 理学修士 (東北大学)
委員歴 (1件):
  • 1983 - 日本エム・イー学会 日本エム・イー学会東北支部評議員
受賞 (1件):
  • 1973 - 金属研究奨励賞・奨励金(財団法人金属研究助成会,第60号)
所属学会 (4件):
大学教育学会 ,  日本エム・イー学会 ,  情報処理学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る