研究者
J-GLOBAL ID:200901026406862302   更新日: 2020年10月09日

Philip フィリップ

フィリップ ステファンビーチ | BEECH Philip Stephen
所属機関・部署:
職名: 教助
研究分野 (2件): ヒューマンインタフェース、インタラクション ,  データベース
研究キーワード (6件): 日本史 ,  CALL研究とスマホ・アプリの英語学 ,  CALL研究 ,  アジア地域研究 ,  携帯電話 ,  コンピュータ
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2003 - 日本史
  • 1985 - コンピューターアシステッドランゲージラーニング
  • 1985 - Computer Assisted Language Learning (CALL)
  • コンピュタアシステッドランゲージラーニング
  • Call
MISC (10件):
  • 日本-喪失と再起の物語 (書評). 名城アジア研究. 2020. 10. 1. 65-66
  • サムライレボリューション (書評). 名城アジア研究. 2019. 9. 1. 61-62
  • ハリー・パークス 英国大使 1865-83 (書評). 名城アジア研究. 2018. 8. 1. 93-94
  • 「失われた場を探して-ロストジェネレーションの社会学」(書評). 2016. 7. 1. 70-71
  • 日本の消費者:現代日本の代替経済史 (書評). 2015. 6. 1. 79-79
もっと見る
書籍 (3件):
  • As The World Turns
    SANSHUSHA 2003
  • はじめてのイマーション
    三修社 2003
  • As The World Turns
    SANSHUSHA 2003
講演・口頭発表等 (1件):
  • The effectiveness of incentivization on encouraging classroom participation in Japanese university English courses
    (CamTESOL Conference 2015)
学歴 (1件):
  • 1995 - 1996 東洋アフリカ研究学院
経歴 (2件):
  • 1985 - 2003 CALLについて研究に従事
  • 1985 - 2003 CALL研究
受賞 (2件):
  • 1990 - ブリティッシュ・カウンシル・奨学金
  • 1990 - British Council Bursary
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る