研究者
J-GLOBAL ID:200901026517141051   更新日: 2022年05月07日

坂本 二郎

サカモト ジロウ | SAKAMOTO JIRO
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 金沢大学  先端科学・社会共創推進機構   教授
  • 金沢大学  大学院 新学術創成研究科   教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/view/bio-innovative/
研究分野 (6件): 加工学、生産工学 ,  機械要素、トライボロジー ,  設計工学 ,  生体材料学 ,  生体医工学 ,  材料力学、機械材料
研究キーワード (12件): 設計工学 ,  生産工学 ,  融合科学 ,  工作機械 ,  文化資源学 ,  整形外科学 ,  看護理工学 ,  コンピュータシミュレーション ,  バイオミメティクス ,  バイオメカニクス ,  最適設計 ,  計算力学
競争的資金等の研究課題 (37件):
  • 2020 - 2023 外骨格生物の形態に基づくバイオニックデザイン手法の開発とその応用
  • 2016 - 2019 機械構造のバイオニックデザインのための生物形態データベース構築とその応用
  • 2015 - 2018 柔軟多指ハンドを持つ高性能アッパーリム式ピッチングマシンの開発
  • 2014 - 2017 有限要素法と個別要素法のハイブリッド法による骨折解析プログラムの開発とその応用
  • 2014 - 2017 バイオイノベーティブデザインの研究開発
全件表示
論文 (72件):
  • Kazuhiro Hasegawa, Tamon Kabata, Yoshitomo Kajino, Daisuke Inoue, Jiro Sakamoto, Hiroyuki Tsuchiya. The influence of pelvic tilt on stress distribution in the acetabulum: finite element analysis. BMC Musculoskeletal Disorders. 2021. 22. 1
  • 茅原 崇徳, 関根 康平, 田中 貴大, 坂本 二郎, 川野 健二, 川越 隆. 座面角度の変化が立座り姿勢の筋負担に与える影響の実験とシミュレーションによる評価. 日本機械学会論文集. 2021. 87. 899. 21-00094
  • 伊藤 誠, 遠藤 馨, 坂本 二郎. 折線部分をトラス要素で表現した有限要素解析モデルによる曲線折紙構造の形状再現手法の提案. 日本機械学会論文集. 2021. 87. 896. p. 20-00417
  • Takanori Chihara, Jiro Sakamoto. Exerted force estimation using a wearable sensor during manual material handling. Human Factors and Ergonomics in Manufacturing & Service Industries. 2020. 31. 3. 239-248
  • Takanori Chihara, Fumihiro Kobayashi, Jiro Sakamoto. Evaluation of mental workload during automobile driving using one-class support vector machine with eye movement data. Applied Ergonomics. 2020. 89. 103201-103201
もっと見る
MISC (84件):
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (10件):
  • 建築形態と力学的感性
    日本建築学会 , 丸善出版 2014 ISBN:9784818906204
  • Human Biomechanics and Injury Prevention
    Springer Science & Business Media 2013 ISBN:9784431669678
  • Clinical Biomechanics and Related Research
    Springer Science & Business Media, 2012 ISBN:9784431668596
  • 3次元CAD・CAE・CAMを活用した創造的な機械設計-SolidWorksを活用した設計・製作-
    日刊工業新聞社 2009 ISBN:9784526063190
  • ファイバー スーパーバイオミメティックス〜近未来の新技術創成〜
    エヌ・ティー・エス 2006 ISBN:9784860431327
もっと見る
講演・口頭発表等 (93件):
  • A study on the shape of crab scissors and consideration of its mechanical adaptability
    (The 11th Asian-Pacific Conference on Biomechanics 2021)
  • A Study on the mechanical effect of ligaments not over joints in the giraffe cervical vertebrae
    (The 11th Asian-Pacific Conference on Biomechanics 2021)
  • 大腿骨近位部骨折用骨接合デバイスのスクリュー固定位置の力学的評価
    (第48回日本臨床バイオメカニクス学会 2021)
  • 成長適応型トポロジー最適化の特徴を活かした最適設計手法の検討
    (日本設計工学会 2021年度秋季大会 研究発表講演会 2021)
  • カニのハサミの形状とその力学的適応性に関する研究
    (日本機械学会第33回バイオエンジニアリング講演会 2021)
もっと見る
Works (4件):
  • バイオイノベーティブデザイン技術による「しなやかな杖」の試作
    坂本二郎, 喜成年泰, 北山哲士 2016 - 2016
  • 皮下組織内部応力評価のための人体ダミーモデルの開発
    坂本二郎 2013 - 2016
  • 自動散布植物果実の高速破裂運動の動画
    坂本二郎 2013 -
  • 自動車事故における歩行者骨折解析のための腰部力学モデルの開発
    坂本二郎 2004 - 2005
学歴 (3件):
  • 1998 - 現在 金沢大学 A Study of Mechanical Bone Adaptation for Development of the Advanced Theoretical Models
  • 1986 - 1988 金沢大学 機械工学専攻
  • 1981 - 1986 金沢大学 機械工学科
学位 (2件):
  • 工学修士 (金沢大学)
  • 博士(学術) (金沢大学)
経歴 (12件):
  • 2022/04 - 現在 金沢大学 大学院 新学術創成研究科 研究科長
  • 2020/04 - 現在 金沢大学 先端科学・社会共創推進機構 副機構長
  • 2019/06 - 現在 金沢大学 設計製造技術研究所 教授
  • 2014/04 - 現在 金沢大学 学長補佐(併任)
  • 2019/06 - 2021/03 金沢大学 新学術創成研究機構 教授(併任)
全件表示
委員歴 (42件):
  • 2021/04 - 現在 日本機械学会 代表会員
  • 2020/04 - 現在 日本機械学会 バイオエンジニアリング部門アドバイザリーボード
  • 2019/04/01 - 現在 日本機械学会 フェロー
  • 2018/04/01 - 現在 日本設計工学会 北陸支部会計幹事
  • 2013/10/01 - 現在 看護理工学会 評議員
全件表示
受賞 (14件):
  • 2020/06 - 日本機械学会バイオエンジニアリング部門 日本機械学会バイオエンジニアリング部門 2019年度 業績賞
  • 2018/06 - International Symposium on Flexible Automation ISFA 2018 Best Paper Awards (Application) Bio-innovative design technology and manufacturing system for CFRP preform by braiding structure
  • 2017/11 - 日本機械学会 日本機械学会120周年記念功労者表彰
  • 2017/10 - 独立行政法人日本学術振興会 平成29年度科研費審査委員表彰
  • 2016/11/30 - 大阪科学技術センター 第5回ネイチャーインダストリーアワード特別賞 設計生産システムとしてのバイオイノベーティブデザイン〜生物形態に学ぶしなやかな杖の試作〜
全件表示
所属学会 (8件):
日本機械学会 ,  日本設計工学会 ,  看護理工学会 ,  日本臨床バイオメカニクス学会 ,  日本生体医工学会 ,  日本運動器学会 ,  International Society of Biomechanics ,  アジア太平洋バイオメカニクス学会連合
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る