研究者
J-GLOBAL ID:200901026687056806   更新日: 2021年10月27日

田野井 慶太朗

タノイ ケイタロウ | Tanoi Keitaro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • アイソトープ農学教育研究施設
ホームページURL (1件): https://webpark1571.sakura.ne.jp/radioplantphys/
研究分野 (4件): 原子力工学 ,  放射線影響 ,  植物栄養学、土壌学 ,  農業環境工学、農業情報工学
研究キーワード (27件): イネ ,  Mg-28 ,  MRS2 ,  マグネシウム ,  高等植物 ,  加速器 ,  ポジトロン核種 ,  アルミニウム ,  クローニング ,  リアルタイムイメージング ,  マグネシウム28 ,  アイソトープイメージング ,  水分保持 ,  イメージング装置開発 ,  植物 ,  ダイズ ,  水の定量 ,  養分元素 ,  物質動態 ,  カドミウム109 ,  β線放出核種 ,  γ線放出核種 ,  アイソトープ ,  水動態 ,  元素動態 ,  放射線植物生理学 ,  Plant Nutrition
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2024 植物体内イオン動態QTLの探索を実現する放射性トレーサー計測のハイスループット化
  • 2019 - 2024 ラジオアイソトープ、微少電極、蛍光プローブを相補的に用いた植物根のイオン輸送解析
  • 2020 - 2023 酢酸溶液施用によるスギ苗の乾燥耐性機構の解明とコンテナ苗育苗技術への応用
  • 2018 - 2022 現場調査と研究室実験を組み合わせた原木シイタケのセシウム移行要因解析
  • 2017 - 2019 放射性同位体/電気生理/オミクス解析を組合せた根表層でのミネラル獲得機序の解明
全件表示
論文 (142件):
もっと見る
MISC (210件):
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (4件):
  • Agricultural Implications of the Fukushima Nuclear Accident (III) After 7 Years
    Springer 2019
  • Agricultural implications of the Fukushima nuclear accident : the first three years
    Springer Open 2016 ISBN:9784431558262
  • 水圏の放射能汚染 : 福島の水産業復興をめざして
    恒星社厚生閣 2015 ISBN:9784769914846
  • Agricultural implications of the Fukushima nuclear accident
    Springer 2013 ISBN:9784431543275
学歴 (4件):
  • - 2001 東京大学 応用生命化学
  • - 2001 東京大学
  • - 1999 東京大学 生物生産化学
  • - 1999 東京大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
受賞 (1件):
  • 2001 - RADIOISOTOPES誌論文奨励賞
所属学会 (4件):
日本農芸化学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本土壌肥料学会 ,  日本アイソトープ協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る