研究者
J-GLOBAL ID:200901026693585799   更新日: 2024年02月08日

松田 達志

マツダ サトシ | MATSUDA Satoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www3.kmu.ac.jp/bioinfo/
研究分野 (3件): 免疫学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (27件):
  • 2020 - 2023 酸素ホメオスターシス制御を切り口とした麻酔に伴う免疫応答変容の分子基盤解明
  • 2020 - 2023 小胞輸送制御因子Arfを介した免疫調節機構の解明
  • 2017 - 2019 老化に伴う免疫病態の分子基盤解明と治療戦略
  • 2015 - 2018 マウス高度非侵襲イメージングシステムの開発と応用
  • 2015 - 2017 mTORC1シグナルを介した胸腺環境維持機構の解明
全件表示
論文 (59件):
  • Mai Ito, Nobuhiro Tanuma, Yui Kotani, Kokoro Murai, Ayumi Kondo, Mami Sumiyoshi, Hiroshi Shima, Satoshi Matsuda, Toshio Watanabe. Oncogenic K-RasG12V cannot overcome proliferation failure caused by loss of Ppp6c in mouse embryonic fibroblasts. FEBS Open Bio. 2024
  • Linh Tran Nguyen Truc, Satoshi Matsuda, Akiko Takenouchi, Quynh Tran Thuy Huong, Yui Kotani, Tatsuhiko Miyazaki, Hiroaki Kanda, Katsuhiko Yoshizawa, Hiroyasu Tsukaguchi. Mechanism of cystogenesis by Cd79a-driven, conditional mTOR activation in developing mouse nephrons. Scientific Reports. 2023. 13. 1
  • Yui Kotani, Mami Sumiyoshi, Megumi Sasada, Toshio Watanabe, Satoshi Matsuda. Arf1 facilitates mast cell proliferation via the mTORC1 pathway. Scientific Reports. 2022. 12. 1
  • Narumi Nakada-Honda, Dan Cui, Satoshi Matsuda, Eiji Ikeda. Intravenous injection of cyclophilin A realizes the transient and reversible opening of barrier of neural vasculature through basigin in endothelial cells. Scientific Reports. 2021. 11. 1. 19391-19391
  • Masato Maruyama, Yousuke Nakano, Takuya Nishimura, Ryoichi Iwata, Satoshi Matsuda, Mikio Hayashi, Yuki Nakai, Masahiro Nonaka, Tetsuo Sugimoto. PC3-secreted microprotein is expressed in glioblastoma stem-like cells and human glioma tissues. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2021. 44. 910-919
もっと見る
MISC (26件):
  • 林美樹夫, 海堀昌樹, 松田達志, 丸山正人, 齊藤朋人, 石田光明, 岩田亮一, 大江総一, 中野洋輔. イオン輸送体を分子標的としたがん幹細胞の新規治療法の開発. 関西医科大学雑誌(Web). 2020. 71
  • Shigenori Nagai, Nadya Niken Adiba, Hiroyuki Tezuka, Toshiaki Ohteki, Satoshi Matsuda, Miyuki Azuma. PI3K-Akt pathway enhances Tr1 differentiation induced by IL-27. CYTOKINE. 2017. 100. 173-173
  • 松田 達志. mTORによる免疫制御 (特集 ターゲット・オブ・mTOR : 明らかになるmTORの標的分子と生理機能). 細胞工学. 2012. 31. 12. 1341-1346
  • 大谷真志, 松田達志, 小安重夫. 肝臓領域の樹状細胞研究を極めるために 樹状細胞の基礎を網羅する 樹状細胞のシグナル伝達. 肝・胆・膵. 2009. 58. 2. 185-192
  • T. Yokoyama, S. Matsuda, Y. Takae, M. Amagai, S. Koyasu. CD4(+)CD25(+) regulatory T cells suppressing anti-Dsg3 antibody production in pemphigus vulgaris develop in the absence of Dsg3. JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY. 2008. 128. S160-S160
もっと見る
特許 (1件):
  • 液性免疫応答の制御剤、B細胞の胚中心B細胞への分化制御剤、IgG1+B細胞の細胞死の制御剤、液性免疫応答の制御組成物、B細胞の胚中心B細胞への分化制御組成物、IgG1+B細胞の細胞死の制御組成物、液性免疫応答の制御候補物質のスクリーニング方法、B細胞の胚中心B細胞への分化の制御候補物質のスクリーニング方法、およびIgG1+B細胞の細胞死の制御候補物質のスクリーニング方法
書籍 (21件):
  • MAP kinase「炎症・再生医学事典」
    朝倉書店 2009
  • フローサイトメトリーの原理、技術革新「臨床検査」
    医学書院 2007
  • TLR刺激樹状細胞からのIL-12生産におけるシグナル伝達「臨床免疫・アレルギー科」
    科学評論社 2007
  • 機能を維持したままのサイトカイン産生細胞測定と分離法「メディカル・サイエンス・ダイジェスト」
    ニューサイエンス社 2006
  • 免疫担当細胞の分化とネットワーク「medicina」
    医学書院 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (55件):
  • Arf1 regulates germinal center B cell differentiation in draining lymph nodes
    (第51回日本免疫学会学術集会 2024)
  • The Arf pathway maintains T cell survival during activation by modulating the level of mTORC1 signal
    (第51回日本免疫学会学術集会 2024)
  • Arf-mTORC1軸の破綻に伴うアポトーシス亢進機構の解明
    (第32回Kyoto T Cell Conference 2023)
  • Arf pathway plays a critical role in metabolic reprogramming during T cell activation
    (第51回日本免疫学会学術集会 2022)
  • Arf1-BKO マウスでは Germinal Center B 細胞が消失する
    (第45回日本分子生物学会年会 2022)
もっと見る
受賞 (1件):
  • 2009/05 - 関西医科大学同窓会 第2回 丹家雛子賞
所属学会 (4件):
日本免疫学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本細胞生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る