研究者
J-GLOBAL ID:200901026693585799   更新日: 2020年01月17日

松田 達志

SATOSHI MATSUDA
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www3.kmu.ac.jp/bioinfo/
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2017 - 現在 老化に伴う免疫病態の分子基盤解明と治療戦略
  • 2009 - 2010 免疫系におけるJNK・p38 MAPK経路の生理機能の解明
  • 2009 - 2010 mTOR経路を標的とした新規樹状細胞機能制御法の開発
  • 2008 - 2009 PI3Kファミリーを介した免疫制御機構の解明
  • 2007 - 2009 PI3K-p38 MAPK経路による樹状細胞機能の制御機構
全件表示
論文 (21件):
  • Matsuda S, Mikami Y, Ohtani M, Fujiwara M, Hirata Y, Minowa A, Terauchi Y, Kadowaki T, Koyasu S. Critical role of class IA PI3K for c-Rel expression in B lymphocytes. Blood. 2009. 113. 5. 1037-1044
  • Ohtani M, Nagai S, Kondo S, Mizuno S, Nakamura K, Tanabe M, Takeuchi T, Matsuda S, Koyasu S. Mammalian target of rapamycin and glycogen synthase kinase 3 differentially regulate lipopolysaccharide-induced interleukin-12 production in dendritic cells. Blood. 2008. 112. 3. 635-643
  • Fujii Y, Matsuda S, Takayama G, Koyasu S. ERK5 is involved in TCR-induced apoptosis through the modification of Nur77. Genes to Cells. 2008. 13. 5. 411-419
  • Fumiko Shiroki, Satoshi Matsuda, Tomomitsu Doi, Mari Fujiwara, Yoshito Mochizuki, Takashi Kadowaki, Harumi Suzuki, Shigeo Koyasu. The p85α regulatory subunit of class IA phosphoinositide 3-kinase regulates β-selection in thymocyte development. The Journal of Immunology. 2007. 178. 3. 1349-1356
  • Murayama T, Tanabe M, Matsuda S, Shimazu M, Kamei S, Wakabayashi G, Kawachi S, Matsumoto K, Yamazaki K, Matsumoto K, Koyasu S, Kitajima M. JNK (c-Jun NH2 terminal kinase) and p38 during ischemia reperfusion injury in the small intestine. Transplantation. 2006. 81. 9. 1325-1330
もっと見る
MISC (1件):
  • 大谷真志, 松田達志, 小安重夫. 肝臓領域の樹状細胞研究を極めるために 樹状細胞の基礎を網羅する 樹状細胞のシグナル伝達. 肝・胆・膵. 2009. 58. 2. 185-192
書籍 (21件):
  • MAP kinase「炎症・再生医学事典」
    朝倉書店 2009
  • フローサイトメトリーの原理、技術革新「臨床検査」
    医学書院 2007
  • TLR刺激樹状細胞からのIL-12生産におけるシグナル伝達「臨床免疫・アレルギー科」
    科学評論社 2007
  • 機能を維持したままのサイトカイン産生細胞測定と分離法「メディカル・サイエンス・ダイジェスト」
    ニューサイエンス社 2006
  • 免疫担当細胞の分化とネットワーク「medicina」
    医学書院 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • LL-Z1640-2, an inhibitor for the JNK/p38 MAPK pathway, functions as a potent immunosuppressant.
    (第39回日本免疫学会総会・学術集会 2009)
  • Analysis of the molecular mechanism underlying mTOR-mediated IL-10 expression in dendritic cells.
    (第32回日本分子生物学会年会 2009)
  • クラスIA PI3キナーゼはB細胞におけるNF-κBシグナルの活性化に必須である
    (第5回血液学若手研究者勉強会 2009)
  • mTOR and GSK3 differentially regulate LPS-induced IL-12 production in dendritic cells
    (第10回国際樹状細胞シンポジウム 2008)
  • T細胞におけるIL-2発現に関わるPI3Kγの役割
    (第18回Kyoto T cell Conference 2008)
もっと見る
受賞 (1件):
  • 2009/05 - 関西医科大学同窓会 第2回 丹家雛子賞
所属学会 (4件):
日本免疫学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本細胞生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る