研究者
J-GLOBAL ID:200901026721678676   更新日: 2020年10月04日

越野 亮

Koshino Makoto
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 知能情報学
研究キーワード (3件): インタラクション ,  機械学習 ,  Artificial Intelligence
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2020 - 2023 社会課題を解決できるAI/IoT技術者育成のための実践的演習教材の開発
  • 2020 - 2021 防災教育 ゲーム『 防災すごろく 』へのVR 技術による 災害表現の適用
  • 2018 - 2021 筋肉疲労に対して安全な電気刺激による遠隔リハビリテーションシステムの開発
  • 2019 - 2020 360度VR映像による金沢の歴史的景観資源の可視化と回遊性・魅力向上への試み
  • 2019 - 2020 Virtual Realityを活用した地域文学・文化教育の創造-倶利伽羅篇
全件表示
論文 (47件):
  • 吉本 弥生, 越野 亮, 新保 泰輝, 熊澤 栄二. 倶利伽羅の地域を題材とした 分野横断型協働授業. 日本高専学会誌. 2020
  • Keiko Dochi, Makoto Koshino. Study on improvement of excursion and attraction in Kanazawa by visualizing historical landscape resources with 360-degree videos. Journal of Global Tourism Research. 2020. 5. 1. 83-88
  • T. Hasegawa, M. Koshino. Representation learning by convolutional neural network in activity recognition on smartphone sensing. The 2nd International Conference on Computational Intelligence and Intelligent Systems (CIIS 2019). 2019
  • Y.Kawai, K.Honda, M.Koshino. Bilateral Tele-Rehabilitation System with Electrical Stimulation through Cloud Server. 2019 IEEE International Conference on Consumer Electronics-Taiwan (ICCE-TW). 2019
  • 長谷川 達人, 比江島 欣愼, 葭田 護, 越野 亮. スマホ依存改善支援アプリに おけるゲーミフィケーション応用と定量的評価. 情報処理学会論文誌教育とコンピュ ータ(TCE). 2019. 5. 1. 31-38
もっと見る
MISC (99件):
  • 長谷川 達人, 越野 亮. スマホ依存の予防・回復支援アプリに関する研究動向. 公衆衛生. 2020. 84. 9. 608-612
  • 新保 泰輝, 永島 桃子, 寺山 一輝, 越野 亮. 防災教育 ゲーム『 防災すごろく 』へのVR 技術による 災害表現の適用. 2020
  • 沖野浩太朗, 越野亮, 新保泰輝, 寺山一輝. 防災教育すごろくゲームのためのシステム開発. 2020年度電気・情報関係学会北陸支部連合大会. 2020
  • 村田 安理, 道地 慶子, 越野 亮. 360度VR映像による金沢の歴史的景観資源の可視化と回遊性・魅力向上への試み. 日本建築学会北陸支部研究報告集. 2020. 63
  • 白岩 佑介, 越野 亮. AI/IoTの実践的演習教材の開発. 日本経営工学会北陸支部 2019年度 学生研究発表会. 2020
もっと見る
書籍 (7件):
  • 繊維のスマート化技術大系-生活・産業・社会のイノベーションへ向けて
    エヌ・ティー・エス 2017
  • ラズパイマガジン2016年春号
    日経Linux 2016
  • ラズパイマガジン2015年秋号
    日経BP社・日経Linux 2015
  • 電子工作超入門
    日経BP 2014
  • 楽しくAndroidアプリを作れる本
    日経BP 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (38件):
  • Introducing Sensor-Based Human Activity Recognition Using Machine Learning
    (2nd IEEE International Conference on Artificial Intelligence in Engineering and Technology (IICAIET 2020) 2020)
  • 石川の伝統・文化・歴史をモチーフとしたデジタルコンテンツの制作
    (WIDE June Meeting 2020 (Online) 2020)
  • 倶利伽羅の地域を題材とした分野横断型教育への試み
    (The 19th Japan-China Workshop on Industrial Engineering and ICT (J-C Workshop 2020) 2020)
  • 画像情報技術の応用 ~デジタルアートへの適用, CNNやGANなどのAI技術の活用~
    (電子情報通信学会北陸支部 学生講演会 2020)
  • 学生による金沢の魅力発信事業におけるデジタルアート作品制作
    (2019年度第1回 かが・のと観光情報学研究会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2004 金沢大学 数理情報科学専攻 博士(工学)
  • 2000 - 2002 金沢大学 電子情報システム専攻 修士(工学)
  • 1998 - 2000 金沢大学 電気・情報工学科 学士(工学)
学位 (1件):
  • 博士(工学) (金沢大学)
経歴 (4件):
  • 2010/04 - 現在 石川工業高等専門学校 准教授
  • 2006/04 - 2010/03 石川工業高等専門学校 講師
  • 2003/04 - 2006/03 石川工業高等専門学校 助手
  • 2002/04 - 2003/03 富士通株式会社
委員歴 (21件):
  • 2019/08 - 現在 テレコムサービス協会北陸支部AI部会・特別メンバ
  • 2019/06 - 現在 Web x IoT メイカーズチャレンジ 石川運営委員会委員
  • 2012/04 - 現在 日本経営工学会・北陸支部 運営委員
  • 2014/12 - 2020/03 北陸先端科学技術大学院大学 教育連携客員准教授
  • 2019/04 - 2019/09 電気・情報関係学会北陸支部連合大会 実行委員会委員
全件表示
受賞 (11件):
  • 2019/08 - 日本知能情報ファジィ学会 貢献賞 SCIS&ISIS2018の運営
  • 2019/06 - 石川工業高等専門学校 特別業績賞
  • 2017/10 - Recognition Award, The 18th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS2017)
  • 2015/03 - 日本知能情報ファジィ学会/第3回人間共生システムデザインコンテスト クリエイティブ賞 感圧導電性衣服を用いた感情認識
  • 2014/08 - 平成26年度全国高専教育フォーラム・教育研究活動発表会(個人研究部門・教育研究分野)優秀発表賞
全件表示
所属学会 (7件):
日本バーチャルリアリティ学会 ,  日本経営工学会 ,  日本知能情報ファジィ学会 ,  日本工学教育協会 ,  人工知能学会 ,  情報処理学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る