研究者
J-GLOBAL ID:200901026828684709   更新日: 2020年06月09日

安元 加奈未

MORI-YASUMOTO Kanami
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 環境、天然医薬資源学
研究キーワード (7件): 構造決定 ,  熱帯感染症 ,  薬用植物 ,  アルツハイマー ,  リーシュマニア ,  生薬学 ,  天然物化学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 リーシュマニア症の新たな治療薬「熱帯紫雲膏」開発にむけた基礎的研究
  • 2018 - 2020 生体内におけるポリアミンが寄与する新たなCO2輸送機構の解明
  • 2015 - 2019 ミャンマー産薬用植物由来のリーシュマニア原虫に特異的なアポトーシス誘導物質の探索
  • 2013 - 2016 ミャンマー少数民族の生活環境および未利用生物資源の調査-チン州北部-
  • 2013 - 2016 熱帯植物由来新規 NTD 治療候補薬の探索
全件表示
論文 (13件):
もっと見る
MISC (9件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (50件):
  • 抗リーシュマニア活性を有する薬用植物の探索(その29)ミャンマー産植物Piper chabaの成分研究
    (日本生薬学会年会講演要旨集 2018)
  • 異なるCO<sub>2</sub>濃度条件下でのポリアミンによるCO<sub>2</sub>取り込みとCaCO<sub>3</sub>形成反応
    (マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集 2018)
  • NMRを用いたポリアミンの大気CO<sub>2</sub>の捕捉能力の検証
    (日本水産学会大会講演要旨集 2018)
  • NMRを用いたポリアミンの大気CO<sub>2</sub>の捕捉能力の検証とポリアミンに捕捉されたCO<sub>2</sub>のRubisco基質としての機能
    (日本ポリアミン学会年会プログラム及び抄録集 2018)
  • 抗リーシュマニア活性を有する薬用植物の探索(その28)-ミャンマー産植物 Sayo Piper chaba Hunter の成分について-
    (第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (徳島大学大学院)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 東京理科大学 講師
  • 2010/04 - 2020/03 徳島文理大学 香川薬学部 薬学科 助教
  • 2009/04 - 2010/03 徳島文理大学 香川薬学部 創薬学科 助教
  • 2005/04 - 2009/03 徳島文理大学 香川薬学部 創薬学科 助手
受賞 (2件):
  • 2011/10 - 日本薬学会 生薬天然物部会 奨励研究 熱帯植物からの抗リーシュマニア物質の探索
  • 2008/04 - 日本生薬学会 小城海外派遣
所属学会 (3件):
日本生薬学会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る